自社の強みを生かして《CPA》を《3分の1》に。チームで勝ち取った勝利。


1.打てど響かず

─2015年新宿、とある人材サービス企業─ 部長「えー、本日から我が社のマーケティング担当になる、イシイくんだ。みんな、いろいろと教えてやってくれ。」 イシイ「本日入社いたしました、イシイです。前職はリスティング広告の運用をメインに行っていました。まずは、サービスのことをしっかり理解して、一日でも早く皆さんの戦力になれるようがんばります。」 部長「うんうん。それじゃあ、後は現場の方でいろいろ教えてもらってくれ。おい、タキザワくん。」 タキザワ「お、俺ですか?」 部長「営業担当のタキザワくんだ。彼にいろいろ聞くといい。それじゃあよろしく頼むよ。」



イシイ「タキザワさん、よろしくお願いします。早速ですが、こちらの人材育成サービスについて、詳しく教えていただきたいのですが・・・。」 タキザワ「・・・とりあえずこのパンフレットでも読んでな。」 イシイ「パンフレット、ですか・・・。わかりました。」 タキザワ「・・・」 イシイ「あの、タキザワさん、僕も目標を立てて、施策を検討していきたいと思うんですが、今月の営業部の目標を共有いただいていいですか?」 タキザワ「目標?いちおう新規顧客獲得20件だよ。」 イシイ「なるほど。ではそこから逆算すると必要な新規リード件数は何件になりますか?」 タキザワ「・・・おまえなぁ。最初からそんなにしっかりやらなくてもいいんだよ。適当にやっててもちらほら問い合わせは来るだろう?」 イシイ「で、でもさっき売り上げ数字を見たら先月も、先々月も未達になっていましたよ?リードが足りていないんじゃ・・・。」 タキザワ「いいんだよ。ウチみたいな小さい会社、どうせ誰も相手にしないんだから。なぁ、ワダちゃん。」 ワダ「そうですねぇ。ウチのWEBサイトは僕が作っているんですけど、正直アクセスもそれほどないし・・・。」 イシイ「な・・・。」



─翌日─ イシイ「ワダさん、ちょっといいですか?」 ワダ「はい、何でしょう?」 イシイ「昨日、WEBサイトのアクセス解析をしていたら、フォームの離脱率が90%とかなり高くなっていました。ここを改善するだけでCVRがずいぶんよくなると思うんですが・・・。」 ワダ「・・・はぁ。」 イシイ「あの、フォームの改善をしたいというお願いなんですが・・・。」 ワダ「そんなことやって意味があるんですか?」 イシイ「えっ?」 ワダ「どうせそんなことをしても、たいして問い合わせは増えやしないですよ。やるだけ無駄です。」 イシイ(・・・な、何なんだこの会社は・・・。)



2.希望のひかり

希望のひかり

─数日後─ イシイ「あの、ちょっとよろしいですか?(営業担当やWEB担当の協力はすぐには得られそうにないから、まずは他の部署からだ。)」 サポート担当A「はい、何でしょうか?」 イシイ「こちらの人材育成サービスについて、お客様に評価されている点を教えてもらいたいんですが。」 サポート担当A「えっ?評価されている点?うーん・・・。」 イシイ「(ダメか・・・)ど、どんなことでもいいんですけど。」 サポート担当A「そうだねぇ。割と他社に比べて低価格なのと、対応が早いってところかな。」 サポート担当A「新しく入ったマーケの人かい?時間があるのなら、顧客に直接聞きに行ってみたらどうだい?」 イシイ「あ、ありがとうございます!そうか・・・低価格と対応の早さか。広告文で訴求できるな。」



タキザワ「おい、あの新人のイシイってやつ。あいつ何なんだ?サポートとかにもヒアリングをしているみたいじゃないか。」 ワダ「なんか、休日出勤までしてリスティング広告の入札調整とかしてるみたいだよ」 タキザワ「無駄だってのにな。」



─新宿、某所。キュウウウン・・・。空間がゆがみ、近未来のバイクのような乗り物が姿を現す。─ リョウ「よし、到着だ。ええっと、今は・・・2015年9月24日10時00分。間違いない。タイムスリップ成功だ。」 キョウジュ「聞こえるか?リョウ。」 リョウ「ああ、通信回線は良好だ。早速今回の《ターゲット》の情報を送ってくれ。」

 

ターゲット:ブラックメン・イシイ
人材サービス会社の新人マーケ担当。前職はリスティング広告の運用をメインで行っていた。期待に胸を膨らませて入社したにもかかわらず、モチベーションの低い営業やWEB担当など、まわりの協力をじゅうぶん得られず、まったく成果を上げることができなかった。そのことで自分を責め続け、やがて《ブラックメン》の扉をたたくことになる。

 

 

リョウ「そうか。今回はそのイシイって人に成果を上げてもらうことだな。」 キョウジュ「《ブラックメン》は我々の未来世界で、《マザーコンピューター》を攻撃し続けている。《ブラックメン》の存在そのものを時間軸から消滅させるのが俺たちのミッションだ。イシイがリスティングで成果を出せば、未来も変わるはずだ。頼んだぞ。」 リョウ「ああ、わかっている。」



─人材サービス会社オフィス─ イシイ「ダメだ・・・。少しずつサービスのことは理解し始めたけど、なかなか成果があがらない。何がダメなんだろう?」 リョウ「ごめんください!ジャストシステムのリュウザキと申します。イシイさんはいらっしゃいますか?」 イシイ「は、はい。イシイは僕ですけど・・・あなたは?」 リョウ「以前、展示会で名刺交換させていただきました、ジャストシステムのリュウザキと申します。」 イシイ「はぁ?(展示会?あったけなそんなの。)」 リョウ「今日は、リスティング広告の高効率運用サービス、《リスティング オートフライト》のご紹介で伺いました。」 イシイ「《リスティング オートフライト?》」

 

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

 

 

イシイ「そうなんですか・・・。実は今悩んでいまして・・・。」 リョウ「そうなんですか?一度アカウントや広告文を見せてもらってもいいですか?」 イシイ「はい、こちらです・・・。」

 

《改善前》

タイトル豊富な人材育成プログラム
説明文今必要な研修コースが見つかります!
迅速&低価格対応で強い会社に

 

リョウ「なるほど・・・。広告文は基礎をしっかり押さえることが重要です。たとえば・・・」

 

《広告文のセオリー》

・広告文にキーワードを入れる
広告文にキーワードを入れることで太字になり、広告の関連性もあがる。そのため、不自然でない限りはキーワードを入れ込むことが有効。
・魅力的な訴求を出す
せっかく広告文を作っても、競合と比べて見劣りしているとクリックされない。競合に勝てる訴求や競合が訴求していないものが有効。競合も含めたビジネスを深く理解する必要がある。
・具体的な数字を入れる
「安い」など、抽象的な表現よりも「1,480円」など具体的な数字を入れたほうが読み手はよりイメージを深めることができ、CTRの改善に繋がりやすい。
・リンク先と連動した広告文にする
たとえば広告文で「3割引きキャンペーン」とうたっているのに、リンク先で一切記載が見られない場合、広告とリンク先の内容が異なっているので、離脱率が高まってしまう。また、品質スコアへも悪影響があるので、リンク先と広告文にズレがないのが望ましい。

 

リョウ「試しに、《リスティング オートフライト》で広告文を生成してみましょう。いきますよ。《リスティング オートフライト》音速モード、オン!」 ─キュゥゥゥゥン、リョウのパソコンが甲高い音とともに光り始める─ イシイ「こ、これは・・・!」 リョウ「ふぅ。こちらです。」

 

タイトル会社が変わる企業研修
説明文研修後でも全力サポートが1年続く
1回15万円~の低価格研修で社内改革!

 

イシイ「すごい・・・。一瞬で広告文が生成された。しかも、この文言は・・・。」 リョウ「御社のWEBサイトを解析して、タイトルやディスクリプションに反映しています。」 イシイ「研修後のサポートについては、僕も見落としていました・・・。ありがとうございます!これならきっと今よりも成果が出せます!」



3.心に灯がともる

穏やかな火

─数日後─ イシイ「そうなんですね。ありがとうございます。ところで、どうして弊社に決めていただいたんですか?」 顧客A「そうだねぇ。低コストはもちろんだけど、新入社員向けの研修に特化しているってところかなぁ。メニューも充実していたし。」 イシイ「なるほど!ありがとうございます。もし、改善要望などありましたらそちらもお聞かせいただけますか?今後のサービスの参考にさせていただきますので・・・。」 顧客A「うーん。そうだねぇ・・・。」



イシイ「と、いうことなんですよ。ワダさん。トップページで低コストと新入社員に特化というところをもっと出していきましょう!」 ワダ「わかりました。それにしても、最近ほんとうに問い合わせが増えましたね。」 イシイ「そうなんですよ。《リスティング オートフライト》が24時間365日改善してくれていますからね。CPAも3分の1ぐらいに改善できました。・・・後他に何かコンテンツ側でできないかな・・・。」 ワダ「そういえば・・・。ウチって取引数自体はまだ少ないけど、リピート率がかなり高いって経理のシノダさんが言ってましたよ。」 イシイ「ほんとうですか?じゃあ早速調べてそれもコンテンツに反映させましょう!」



イシイ「タキザワさん、新しい広告文、見てくれました?」

 

タイトル新入社員に強い企業研修
説明文1年続くサポートでリピート率87%
1回15万円~で効果が見える社内改革を

 

タキザワ「あ?ああ。確かに前よりもずっといいよ。」 イシイ「ありがとうございます!タキザワさんの営業活動のおかげで成約件数も増えています!」 タキザワ「う、うん。そうだな。」 イシイ「リードの方もしっかり提供していきますんで、がんばっていきましょう!」 タキザワ「ああ・・・。実は、俺もアポのトークを精査してみようと思うんだ。今まではあんまり考えずにコールしていたんだけど、要素を整理すれば体系化できるはずだ。」 イシイ「いいですね!ぜひやりましょう。」 タキザワ「そ、それとイシイはかなり頻繁に顧客にヒアリングに行ってるんだろう?今度、ロープレに付き合ってくれないかな・・・。」 イシイ「タキザワさん・・・。はい!ぜひやらせてください!」



─新宿、某所─ リョウ「おっ・・・。《ブラックメン》のシグナルがまたひとつ消えた。イシイはうまく成果を出せたみたいだな。」 チェイサー「ターゲット、発見。」 リョウ「!」 チェイサー「エネルギー充填100%。《レール・ガン》発射。」 ─突然、物陰から謎の男が現れた─ 謎の男「あぶない!」 リョウ「うわっ!」 謎の男「こっちだ!走れ!」 リョウ「えっ、えっ?」



謎の男「ふぅ・・・。あぶないところだったね。何なんだいあれは?ただの銃じゃなかったみたいだけど。」 リョウ「さ、さぁ・・・?」 ─謎の男の手に見慣れた指輪が・・・。─ リョウ「その指輪は・・・。と、父さん・・・!」



4.どんな広告文が生成されてどれだけCVが増えるのか?

リョウ「広告文を作るときには、自社サービスをしっかりと理解しないといけないんだね。」 イーグル「もちろんだ。そこをしっかり押さえられていないと、大幅にパフォーマンスが悪化する。」 リョウ「この、リスティング オートフライトはちゃんとサービスの強みとかも押さえてくれるんだよね?」 イーグル「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、訴求力のある広告文が人手を介すことなく生成され効率良く運用を行うことが可能なんだ。」 リョウ「なるほど!でもいったいどんな広告文が生成されて、どれくらいCVが増加するんだい?」 イーグル「いい質問だな。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用したキーワード、広告文生成と流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今のCVからどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?