《CTR》が1ヶ月で《2倍》。大量キーワードでも行き届いた運用ができました


1.僕はリスティング広告をやりたいんです。

面接官「それでは、弊社を志望した理由について、お聞かせください。」
ハシモト「私は学生インターンとして、御社でリスティング広告運用のアシスタントをしていました。自分が提案した施策が、実際に数値として反映されることにとても魅力を感じました。これからも御社でリスティング広告の運用をしっかりと学び、事業に貢献したいと考え、志望いたしました。」
面接官「ありがとうございます。君は、リスティング広告が好きなんだね?」
ハシモト「はい。大好きです。」



─新宿、大手不動産会社─
部長「ヤマギシくん、ちょっといいかな。」
ヤマギシ「はい。何でしょう?」
部長「今年入社の新人2名の様子はどうだね?」
ヤマギシ「とても優秀で、またリスティング広告への情熱で溢れています。彼らは期待できます。」
部長「そうか。しっかり育ててくれたまえ。」
ヤマギシ「はい。」
部長「とはいえ、我が社の置かれている現状は厳しい。競合がかなり大々的に広告予算を投下していて、実績面でも差が広がっている。なんとか成果を伸ばしてくれ。頼んだぞ。」
ヤマギシ「かしこまりました。」



ヤマギシ「うーん。CTRが下がっているなぁ。」
ハシモト「ABテストもくり返し行っているんですが、いまいち大きな変化を起こせていません。」
ヤマギシ「やっぱり広告グループをもっと細分化した方がいいかな?」

CTRの悪化

ワタナベ「でも、ウチはマネージャを除くと我々3人だけのチームです。今でも500個以上の広告グループに分けて運用していて、かなり負荷が高くなっていると思います。」
ヤマギシ「しかし、抜本的に解決するにはそこを改善するしかない。」



2.やっぱりリスティング広告は難しいですね。

新宿の夜

─1ヶ月後、新宿歌舞伎町のとある居酒屋─
ハシモト「ササキさん、退職するらしいよ。」
ワタナベ「らしいね。これでチームも3人から2人。さらに厳しくなるな。」
ハシモト「よりによってこんな時に・・・。何で辞めたんだろう?」
ワタナベ「そりゃそうだろう?月の残業時間が200時間だよ?奥さんも子供さんもいて、正直続けるのは厳しいよ。」
ハシモト「確かに、そうだな。」
ワタナベ「俺も、学生バイトのころはまだアシスタントだから良かったけど、実際に入社して実務を担当してみると、結構ギャップを感じるなぁ。」
ハシモト「数値目標を背負うと大変だし、しかも以外とやることは地味だしね。」
ワタナベ「リスティング広告って、思ったよりも楽しくないかもね。」
ハシモト「俺たちも考えた方がいいかな?」
ワタナベ「そうだな・・・。」



─新宿、某所。キュウウウン・・・。空間がゆがみ、近未来のバイクのような乗り物が姿を現す。─
リョウ「よし、到着。ええっと時間座標は・・・2015年9月24日16時、間違いないな。タイムワープ成功だ。」
キョウジュ「聞こえるか、リョウ。」
リョウ「ああ、聞こえるよ。キョウジュ。通信回線は良好だ。」
キョウジュ「《光学迷彩》は役に立ったかい?」
リョウ「おかげで、奴の《レール・ガン》から逃れることができたよ。」
キョウジュ「良かった。相変わらず俺たちの未来では《ブラックメン》たちがマーケティングの中枢を制御しているAI=人工知能である《マザーコンピューター》を攻撃している。俺たちは奴らの陰謀を阻止しなければならない。」
リョウ「ああ。分かっている。今回のターゲットを送ってくれ。」
キョウジュ「こいつだ。」

 

ターゲット:ブラックメン・ヤマギシ
大手不動産会社のマーケティング・マネージャー。リスティング広告の運用をメインに仕事をしている。新卒採用にも携わっており、自分自身が面接をして採用した2名の新人はかなり優秀だった。しかし、業務の負荷が高まるにつれ、その新人をはじめ、チームメンバーが次々と離脱していく。リスティング広告のパフォーマンスは悪化し、その責任をとるカタチで別の部署へ異動。いつしか、心の奥底に深い闇を抱え、《ブラックメン》へと変貌していく。

 

 

キョウジュ「ヤマギシはハッキングの実行部隊を組織している。お前のミッションはヤツに接触し、チームのマネジメントを成功させること。そうすることで、未来でヤツが《ブラックメン》になることを防ぐ。」
リョウ「OK。なるほどな。典型的な《リソース不足》ってやつか。早速いくよ。」
キョウジュ「任せたぞ。」



─翌日、大手不動産会社オフィス─
ハシモト「すみません、マネージャー。俺、退職しようと思います。」
ヤマギシ「何だって!?君もか。さっきワタナベくんにも言われたよ。いったい何故だ?あんなにリスティング広告の運用をしたいと言っていたじゃないか。」
ハシモト「・・・確かにはじめはそうでした。でも、実際にやってみると現実は違いました。今はリスティング広告をやりたいとはとても思えません。」
ヤマギシ「待て、ちょっと待ってくれ。一度じっくり話そう。そ、そうだ。今日の夜、ちょっと時間をくれるかな?」
ハシモト「・・・。」
リョウ「こんにちは!ジャストシステムのリュウザキと言います。ヤマギシさんはいらっしゃいますか?」
ヤマギシ「!」



3.それでもやっぱりリスティング広告が好きです。

新宿のビル群

─大手不動産会社・応接室─
リョウ「すみません、お忙しいところ突然お邪魔して。」
ヤマギシ「いや、いいんですよ。で、今日は何のご用ですか?」
リョウ「実は、弊社の《リスティング オートフライト》のご案内でうかがいました。」
ヤマギシ「《リスティング オートフライト》?」

 

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

 

 

ヤマギシ「これは・・・。それじゃこれは《グルーピング》なども自動でやってくれるのかな?」
リョウ「もちろん。今、《グルーピング》でお困りですか?良かったらアカウントを少し見せて頂けますか?」
ヤマギシ「あ、ああ。これだ。」
リョウ「なるほど。広告文は・・・ああ、これですね。」

 

タイトル物件探しなら○○
説明文3万円のお祝い金キャンペーン実施中
最寄り駅や周辺施設で探せる簡単検索

 

リョウ「今回、《賃貸》というキーワードでCTRが下がっているんですが、適切な《グルーピング》がされていないために、中途半端な広告文になっています。まず、《グルーピング》についてですが・・・」

 

《グルーピングの効果》

キーワードを最適な広告グループにグルーピングすることで、キーワードによりマッチした訴求を実現することができる。グルーピングの効果には大きくわけて以下の効果がある。

・適切な広告訴求によるクリック率上昇
・数値変動の視認性向上

これらの効果で結果的に品質スコアや広告管理の利便性の向上が期待できる。

 

《グルーピングのポイント》

・影響度の高いキーワードほど細かく分類する
すべてのキーワードを満遍なく最小の広告グループでわけてしまうと、多くの場合手が回らなくなってしまうので、クリック数やCV数など、影響度の参考になる数値で分類の程度を決めるといい
・継続的にグルーピングを見直す
リスティングの最適化には新規キーワードの追加やセグメントなど、様々な変更対応が必要で、広告グループもその変化に応じる必要がある。

 

《グルーピングの実例》

不動産会社の場合、たとえば以下のようなキーワードがあるとする。

サービス名
新宿 賃貸
物件 検索
物件 選び方

これを一つの広告グループで運用すると、「サービス名」を検索したユーザーにも「新宿 賃貸」を検索したユーザーにも同じ訴求しか使えなくなってしまう。

 

キーワード広告グループ訴求内容
サービス名サービス名すぐに内見にいける訴求
新宿 賃貸賃貸新宿の賃貸情報が豊富である訴求
物件 検索物件手軽に物件検索ができる訴求
物件 選び方物件手軽に物件検索ができる訴求

たとえばこのようにグルーピングすると、すでにサービスを熟知しているユーザーには、すぐに内見にいけるという目的までの近さを示し、「新宿 賃貸」という地域が確定しているユーザーにはその地域の情報量の豊富さをピンポイントで伝えることができる。

 

リョウ「試しに、《リスティング オートフライト》で広告文を出力してみます。」

 

タイトル賃貸探しを楽しくお得に
説明文≪期間限定≫ご入居で3万円お祝い金!
プチ情報が楽しい、ワガママ対応検索

 

リョウ「細かく《広告グループ》を設定することでCTRが上がる可能性は高まりますが、すべて人力でやろうとすると無理が生じます。」
ヤマギシ「すばらしい。これなら負荷をほとんど掛けずに、リスティング広告のパフォーマンスを改善できそうだ。よし、早速みんなに提案してみよう。」



─2週間後─
ハシモト「マネージャー、CTRがかなり上がりましたね。」
ヤマギシ「うん。すばらしい。売上げも順調に増加しているよ。」

CTRの改善

ハシモト「マネージャー。俺、会社辞めなくて良かったです。あのまま辞めていたら、リスティング広告の本当のおもしろさを理解できないままでいました。」
ヤマギシ「そうか。そう言ってもらえると俺もうれしいよ。」
ハシモト「リスティング広告は、自分の努力次第でいくらでもパフォーマンスを改善できて、しかもそれが数値でダイレクトに跳ね返ってくる。アクションに対して市場がリアルタイムに反応する。こんなに刺激的でワクワクするシゴト、ちょっと他には考えられません。」
ヤマギシ「その通りだよ。来年新たに2名採用する予定だ。君の後輩だよ。しっかり育ててやってくれ。」
ハシモト「任せてください!」



─新宿、某所─
リョウ「おっ、《ブラックメン》のシグナルがまたひとつ消えた。ヤマギシはブラックメンにならなかったってことか。リスティングのおもしろさ、か。そういえば、この時代に父さんもリスティング広告をやってたんだよな。会ってみたいな・・・。」



4.どんな広告文が生成されて、どれだけCVが増えるのか?

リョウ「広告文も重要だけど、《グルーピング》もしっかり考えてやる必要があるんだね。」
イーグル「そうだな。リスティング広告の成否を分けると言ってもいいかもしれない。」
リョウ「でも、実際に人力でやるには限界があるよね。」
イーグル「そのとおり。そこで、《オートフライト》なサービスが活躍するんだ。リスティング オートフライトによって、
適切な《グルーピング》がなされ、訴求力のある広告文が人手を介すことなく生成され効率良く運用を行うことが可能なんだ。」

リョウ「なるほど!でもいったいどんな広告文が生成されて、どれくらいCVが増加するんだい?」
イーグル「いい質問だな。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した広告文生成と流入シミュレーションを無料で受け付けている。
最適化を行うことで今のCVからどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?