崖っぷちのピンチを救う《入札戦略》。僕らの《品質スコア》が急上昇。


1.アイ・ラヴ・リスティング広告

─とあるマンションの一室─
ナガサワ「おはよう。」
リョウコ「おはよう。よく寝れた?」
ナガサワ「おっ、いい香り。いつものコーヒーと違うね。」
リョウコ「ブルーマウンテンの《フリークエンシー》が高かったから。今日はサントスよ。」
ナガサワ「いいね。サントス好きなんだよ。いつのまに僕の《ペルソナ》を分析したんだい?」
リョウコ「ふふふ。今日は早く帰れそう?」
ナガサワ「ウチの法律事務所はリスティング広告が集客のメインだからな。特に最近人も増えて集客に躍起になっているんだ。」
リョウコ「ウチもよ。それにしてもお互い法律事務所に勤めて、リスティング広告の運用担当だなんて。あたし達って結構変わったカップルかもね。」
ナガサワ「それも、エリアが重なるライバル事務所ときている。」
リョウコ「でも、だからこそ惹かれ合ったのかもね。」



─新宿、法律事務所─
ナガサワ「おはよう。」
同僚A「おはよう。どうした?なんだか楽しそうだな。」
ナガサワ「そうか?」
同僚A「なんだよ。言ってみろよ。」
ナガサワ「へへ。実は今日は彼女の誕生日なんだ。」
同僚A「彼女って、あのリスティング広告マニアの?まだ付き合ってたのか?」
ナガサワ「今年でちょうど5年だよ。」
同僚A「それで?今日は誕生日パーティーでもするのかい?」
ナガサワ「実は、それだけじゃないんだ。」
同僚A「というと?」
ナガサワ「今日、プロポーズしようと思っているんだ。」
同僚A「ほんとうに?すごい。じゃあ今日は早く帰らないと。」
部長「あー、ナガサワくん、ちょっといいかね。」
ナガサワ「は、はい。部長、なんでしょう。」
部長「知っての通り、ウチは人員も増えて、さらなる集客が必要だ。」
ナガサワ「はい。」
部長「ただ、最近ライバルの法律事務所が特に出稿量を増やしている。ウチも負けるわけにはいかない。予算達成が掛かっているんだ。分かっているね?」
ナガサワ「もちろんです。今月はさらに獲得ボリュームを増やせるよう、施策を検討している最中です。」
部長「うむ。君だけが頼りだ。しっかり頼んだよ。」



2.君にコンバージョン

プロポーズ

─その日の夜─
リョウコ「お帰りなさい。食事の用意はできているわよ。」
ナガサワ「誕生日、おめでとう。」
リョウコ「まぁ、きれいな花。ありがとう。覚えてくれていたのね。じゃあ早速乾杯しましょう。」
ナガサワ「すごい豪華な料理だ。」
リョウコ「今日は、松阪牛が安かったから思わず《コンバージョン》しちゃった。」
ナガサワ「やっぱり《価格訴求》は効くんだね。あ、うまい!このワインもうまいじゃないか。いったいいくらしたんだい?」
リョウコ「とてもお値打ちなの。アルゼンチン産で、なんと1,000円台よ。」
ナガサワ「めちゃくちゃ《CPA》がいいじゃないか。」
リョウコ「《広告文》もとても良かったの。《口に含んだ瞬間に、花の香りに包まれる》だったかしら・・・。」
ナガサワ「素敵だね・・・。」
リョウコ「今日は、いい夜ね・・・。」
ナガサワ「実は、渡したいものがあるんだ。」
リョウコ「何?渡したいものって?」
ナガサワ「これだよ。」
─指輪を見せるナガサワ─
リョウコ「これって・・・。」
ナガサワ「リョウコ。君に出会ったときから、僕の心の《インプレッションシェア》は、君で100%だ。君の人生の《アカウント》を僕に運用させてほしい。・・・結婚してくれ。」
リョウコ「・・・ありがとう。」

ナガサワ「じゃあ・・・」

リョウコ「待って。ひとつだけ条件があるの。」

ナガサワ「なんだい?」
リョウコ「私は決めていることがあるの。それは《リスティング》で私に勝てる男性と結婚する、ということ。パパの遺言でもあるわ。」
ナガサワ「!」
リョウコ「あなたは私の事務所のよきライバルよ。でも今のところ、私の方が成果を出しているわ。」
ナガサワ「それは・・・。」
リョウコ「あなたは素敵な人よ。でもだからこそ、曲げるわけにはいかないの。私に勝てたら結婚してあげる。でももし、私に負けるようならば、残念だけどあなたは《除外キーワード》になるわ。」



─新宿、某所。キュウウウン・・・。空間がゆがみ、近未来のバイクのような乗り物が姿を現す。─
リョウ「よし、到着。ええっと今は・・・2015年9月18日15時00分、間違いないな。タイムスリップ成功だ。」
キョウジュ「聞こえるか?リョウ。」
リョウ「ああ。良好だ。今回の《ターゲット》の情報を教えてくれ。」

 

ターゲット:ブラックメン・ナガサワ
法律事務所のリスティング広告担当。ライバル事務所のリスティング広告担当を恋人に持つ。恋人の誕生日にプロポーズをするも、リスティング勝負で勝てたら、という条件を付けられる。そして、リスティング勝負に負け、恋人に捨てられてしまう。リスティング広告を憎むようになり《ブラックメン》の一員として密かに活動をし始める。

 

 

リョウ「なるほどね。今回はそのリスティング勝負とやらに勝たせればいいわけだな。」
キョウジュ「《ブラックメン》は我々の未来世界で、《マザーコンピューター》を攻撃し続けている。《ブラックメン》の存在そのものを時間軸から消滅させるのが俺たちのミッションだ。頼んだぞ。」
リョウ「ああ。わかっている。任せてくれ。」



─新宿、法律事務所─
同僚A「よっ!どうだったプロポーズの結果は?」
ナガサワ「そ、それが・・・。」
同僚A「な、何だって!?リスティング勝負?」
ナガサワ「ああ、まずいよ。非常にまずい。」
同僚A「確かに、手強いな・・・。」
ナガサワ「スキルも、運用歴も、圧倒的に向こうの方が上なんだ。しかも、既に大差を付けられている。あぁ・・・いったいどうすればいいんだ・・・。」
リョウ「こんにちは!ジャストシステムのリュウザキと申します。ナガサワ様はいらっしゃいますでしょうか?」



3.俺は最強のリスティングプレイヤー

ナイト

リョウ「なるほど、お話しは大体わかりました。一度、アカウントを見せてもらっていいですか?」
ナガサワ「はい・・・。こちらになります。」
リョウ「ふむふむ。そして、こちらがライバルの法律事務所ですね。そうか、エリアも重なっているんですね。」
ナガサワ「な、何とかならないでしょうか?」
リョウ「わかりました。まず、《入札調整》を見直す必要があります・・・」

 

《入札調整とは》

リスティングでは、検索結果画面に広告を表示する際、以下のような式で順位が決定する。
入札価格×品質スコア=広告ランク
この広告ランクの値が高い順に上位に掲載されるが、費用対効果を求める上では入札調整が非常に大きなウェイトを持つ。競合の動きやプロジェクトの進捗、予算に応じて臨機応変な調整が必要になる。

 

《入札単価に関する注意点》

・入札単価を上げても品質は上がらない
品質をあげるためにはクリック率を上げることが近道なのは確かだが、品質の判断基準であるクリック率は順位も加味されるため、入札単価を上げたことで上昇するクリック率は品質に影響しない。
・トレンドを確認する
リスティングを運用する上で、運用商材がどういうトレンドを持つものかはしっかり把握しておきたい。繁忙期があるならその時期は競合の入札調整が激しいと予測できる。運用歴がある程度あるのなら、アカウント履歴のimp推移などを確認し、新しいアカウントであればビッグワードをGoogleトレンドなどで検索数の推移を確認しておくと把握しやすい。
・競合の動きを確認する
重要度(impやCV数)の高いキーワードで毎日の競合の順位変動を確認しておくとキーワードに対する順位変動の全容を把握しやすい。たとえば、月末だけ予算を消化しようとして順位があがる競合がいたとすると、こちらは月初に広告を寄せることで広告機会が増えたりする。

 

《入札単価調整の影響》

入札単価を調整することでの影響は以下の傾向がある

入札単価CPACV数
上げる高くなる増える
下げる安くなる減る

プロジェクトの方向性や競合・市場の状況に応じて適切な調整を行えば、投資対効果(ROI)の改善やCV数の底上げが見込める。
たとえば、検索数やクリック数もあり、ある程度CV数も発生しているがCPAが若干合いにくいキーワードでは入札単価を下げてみたり、プロジェクト上、決算前などでCPAよりもCV数に重きを置く場合はインプレッションシェアの低いキーワードで入札単価を上げるなどの判断がある。

 

《CPCの高騰について》

基本的には検索数が多く、CVRが高く見込めるキーワードほどCPCが高騰しがちだが、入札単価の調整に加えて、以下のような設定をしておくとより関連性があがったり、無駄なクリックを省くことができる。

・地域セグメント
たとえば法律事務所などは獲得できる地域が決まっていたり、全国均一のパフォーマンスでない場合が多いので、東京や首都圏、政令指定都市など地域をセグメントした配信であれば無駄なクリックを省いて費用対効果をあげられる場合がある。また、地域ごとの広告を作ることで、より関連性がまし、クリック率や品質に良い影響を与えることもある。
・デバイス調整
商材によっては、スマートフォンやPCでパフォーマンス差が大きい場合がある。どうしてもCPAが合わない場合は悪影響の大きいデバイスの単価を下げることもできる。本来であればデバイスに応じたLPや広告を用意したあとで判断するべき。
・時間帯配信
法人向け法律相談などは会社の営業時間である日中にしかCVが得にくいなど、商材によりパフォーマンスの上がりやすい時間帯が偏る可能性がある。中長期的な数字を確認したうえで、時間帯や曜日で配信を制限することも一定の効果がある。

 

ナガサワ「すごい、でも今からでも挽回可能でしょうか?」
リョウ「リスティング オートフライトなら可能です。」

 

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

 

リョウ「リスティング オートフライトは24時間365日改善を続けます。膨大な機械学習により、ヒトが運用するよりも遙かに早いスピードで最適化が可能です。」
ナガサワ「24時間365日・・・」
リョウ「あなたはこの武器によって、今から最強のリスティング プレイヤーになるんです。」
ナガサワ「俺が・・・。」
リョウ「ただし、このことは恋人にはヒミツにした方がいいかもしれませんね。」



4.あなたにコンバージョン

花嫁

─2週間後、とあるマンションの一室─
リョウコ「まいったわ。私の負けよ。」
ナガサワ「リョウコ・・・。」
リョウコ「あなた、この短期間で別人になったわ。いったい何があったの・・・?」
ナガサワ「そ、それは・・・。」
リョウコ「正直、私の中のあなたの《品質スコア》はよくて《4》か《5》だったわ。でもここ最近のあなたの運用を見て、一気に《10》になったわ。」
ナガサワ「それは・・・。僕の、君に対する強い愛が、二人の《関連性》を最適化したんだよ。」
リョウコ「私が入稿していた《広告文》はこうだったわ。」

 

《リョウコの広告文》

タイトル法律相談は○○
説明文24時間相談OKで忙しくても安心!
弁護士在籍数20人以上の対応力

 

ナガサワ「・・・僕のはこうだ。」

 

《ナガサワの広告文》

タイトル今よりラクになる法律相談
説明文≪0円相談≫ですっきりしませんか?
専任弁護士が解決率98%の強烈サポート

 

リョウコ「ふふ。強烈サポート。素敵な《ディスクリプション》ね。」
ナガサワ「リョウコ・・・。」
リョウコ「私、あなたのプロポーズに《コンバージョン》するわ。」



─二人のマンションから少し離れたところで見守るリョウ─
リョウ「おっ、《ブラックメン》のシグナルがひとつ消えた。ナガサワはプロポーズに成功したってことか。きっとまた未来が少し変わるだろうな。」
ナゾの男「・・・ターゲット、発見。」
リョウ「!」
ナゾの男「ターゲット、抹殺する。」
リョウ「来たな。《チェイサー》」
チェイサー「《レール・ガン》、エネルギー充填、90%。」
リョウ「《光学迷彩》、発動!」
─リョウの姿が周りの景色の溶け込み、見えなくなった。」
チェイサー「・・・ターゲット、消失。」



─さかのぼること30分前─
キョウジュ「リョウ、いいか。調査の結果、おまえを追跡しているナゾの男は、《ブラックメン》が雇った暗殺者で《チェイサー》と呼ばれている。」
リョウ「《チェイサー》?そいつが、俺の後をつけ回して《レール・ガン》をぶっ放している奴か。」
キョウジュ「ああ。残念ながら俺たちに奴らを破壊するための武器は無い。ただ、衝突を回避することは可能だ。」
リョウ「どうすればいい?」
キョウジュ「今から、ひとつのアイテムを送る。《光学迷彩》だ。オンにすることで、光学的におまえを消失させることが可能だ。」
リョウ「OK。早く送ってくれ。すぐに次の時間座標に向かう。」



5.どんな広告文が生成されてどれだけCVが増えるのか?

リョウ「入札のコントロールって重要なんだね。」
イーグル「もちろんだ。一歩間違うと大幅にパフォーマンスが悪化する。」
リョウ「この、リスティング オートフライトは24時間、365日自動で運用してくれるんだよね?」
イーグル「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、入札だけでなく広告文やキーワードもが人手を介すことなく生成され効率良く運用を行うことが可能なんだ。」
リョウ「なるほど!でもいったいどんな広告文が生成されて、どれくらいCVが増加するんだい?」
イーグル「いい質問だな。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用したキーワード、広告文生成と流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今のCVからどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?