効果的な《ABテスト》を高速・手間なしで。あの日の約束を果たすため。


1.約束

─遠い過去─ 「わぁ、ピアノだ!」 父親「5歳の誕生日、おめでとう。パパとママからのプレゼントだよ。」 「ありがとう!パパはピアノ弾けるの?」 母親「パパはとっても上手なのよ。」 「すごい!パパ、ピアノ教えて。」 父親「ようし!じゃあパパがじっくり教えてやろう。目指すは日本一だ!」



─2015年新宿、とある人材派遣会社─ マネージャー「えーっと、では、マーケチームの方から報告をお願いします。」 サイトウ「はい。リスティング広告のCVは進捗率83%、月末の着地で95.3%を見込んでいます。他にFacebook広告の進捗は74%、こちらは着地で94.5%、その他オーガニック経由のCVと合わせて、今月の全体での着地見込みが達成率91.8%となっています。」 マネージャー「うーん。もう少しじゃないか。なんとか達成できないのかね。」 サイトウ「もちろん、達成を目指します。リスティング広告については広告文のABテストを継続的に続けています。Facebookはバナークリティブをテストすることで改善を行っています。」 マネージャー「確か、先月も同じ事を言っていなかったかな?先月も達成率は結局8割を切っているね。」 サイトウ「申し訳ありません。」 マネージャー「君もわかっていると思うが、今月は上期の締めにあたる。ここでしっかりと数字を作って、借金を返済しておかないと、通期の達成が厳しくなるんだよ。」 サイトウ「わかりました。ABテストの精度向上を行いながら、対象範囲の拡張も検討していきます。」 マネージャー「しっかり頼むよ。君一人に任せっぱなしなのは申し訳ないが、ウチはただでさえ人材が少ないんだ。なんとかするしかない。」 サイトウ「はい。承知しております。」



─その日の深夜─ サイトウ「ただいま・・・。」 ─静まりかえった室内。テーブルの上には食事が用意されている。 《温めて食べてください》─書き置きが一枚。 サイトウ「ふう。ここ数年、ほとんど家族と会話していないなあ。平日は仕事で忙しく、休日は上司とゴルフ。気がついたら娘のメイも、もう高校生だ。このままでいいんだろうか・・・。」 ─壁に掛かった昔の写真を見つめる─ サイトウ「でも、俺が頑張らなくちゃ。しっかり稼ぐことが父親の仕事なんだ。」



─翌朝─ サイトウ「行ってきます。・・・今日も見送りナシ、か。」 アキコ「あなた・・・。」 サイトウ「アキコ、めずらしいな。見送ってくれるのかい。」 アキコ「来週、大丈夫なの?」 サイトウ「来週?何かあったか?」 アキコ「忘れてしまったの?来週はメイのピアノの発表会よ。あの子にとってはもう最後になるわ。」 サイトウ「あ、そうか。そうだったな・・・。」 アキコ「忙しいと思うけど、見に来てあげて。お願い。」 サイトウ「ああ。行けたら行くよ。」 アキコ「お願いね。あの子ほんとうはあなたに一番見てほしいの。」 サイトウ「・・・行ってくるよ。」 アキコ「行ってらっしゃい・・・。」



2.大切なもの

ピアノ

─新宿、某所。キュウウウン・・・。空間がゆがみ、近未来のバイクのような乗り物が姿を現す。─ リョウ「よし、到着。ええっと時間座標は・・・2015年9月17日15時、間違いないな。タイムワープ成功だ。」 キョウジュ「聞こえるか、リョウ。」 リョウ「聞こえるよ、キョウジュ。通信回線は良好だ。そっちの様子はどうだ。」 キョウジュ「《ブラックメン》たちが《マザーコンピューター》に攻撃を開始して36時間が経った。《ニュータイプ》の最高議会《コア》はセキュリティレベルを上げて、奴らの攻撃に対抗している。」 リョウ「どれくらい持ちそうなんだ?」 キョウジュ「わからない・・・。でも、万が一《マザーコンピューター》が破壊されたり、乗っ取られたりした場合、世界中のマーケティング活動が停止を余儀なくされるだろう。」 リョウ「AI=人工知能によるオペレーション機能の中枢である《マザーコンピューター》を破壊されるワケにはいかない。」 キョウジュ「ああ。《ブラックメン》をなんとしてでも阻止しないと。」 リョウ「OK。それで、今回の《ターゲット》は?」 キョウジュ「こいつだ。」

 

ターゲット:ブラックメン・サイトウ
人材派遣会社のマーケ担当。たった一人で複数の業務をこなし、多忙な日々を送っている。妻と一人娘がいるが仕事が忙しく帰宅時間も遅いため、ほとんど会話がなく、疎遠になっていた。娘の最後のピアノの発表会に参加できず、それが原因で家族との関係がさらに悪化。翌年離婚する。離婚を契機に、仕事も失敗が続き会社を退職。悲嘆に暮れた彼は、やがて《ブラックメン》のトビラを叩く。

 

リョウ「・・・なるほど。サイトウの仕事を成功させ、ピアノの発表会に行かせるってことか。」 キョウジュ「そうだ。」 リョウ「OK、早速作戦を開始するよ。」



─新宿、人材派遣会社のオフィス─ サイトウ「ううむ・・・。ABテストがうまくいかない。広告文が問題なんだろうか・・・。」 マネージャー「サイトウくん、ABテストの様子はどうだね?」 サイトウ「あっ、はい。それが、先日行ったABテストはあまり有意な結果を得られませんでした。再度、広告文の練り直しを行います。」 マネージャー「しっかり頼むよ。この期末は勝負なんだからな。」 サイトウ「はい・・・。明日は行けそうもないな・・・。」



─ピアノの発表会、当日─ サイトウ「だめだ・・・。広告文同士の差が上手く出ない。また広告文の練り直しだ・・・。」 リョウ「こんにちは!ジャストシステムのリュウザキです。サイトウさんはいらっしゃいますか?」 サイトウ「は、はい。サイトウは私ですが・・・。」 リョウ「以前、エキスポで名刺交換させていただきました。リュウザキです。」 サイトウ「あ、そうですか・・・。(リュウザキ?そんなやついたかな。)」 リョウ「今日は弊社のリスティング オートフライトについて、ご紹介にうかがいました。」

 

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

 

サイトウ「リスティング オートフライト・・・。」 リョウ「はい。アルゴリズムで広告文を自動生成するので、ABテストも効率的に運用できるんです。」 サイトウ「ABテストも・・・?実は今そのABテストで苦しんでいるんだ。」 リョウ「そうなんですか?良ければ、一度アカウントを見せてもらえませんか?」 サイトウ「あ、ああ。じゃあ、見てもらおうかな・・・。」 リョウ「なるほど、分かりました。それでは・・・」

 

《ABテストの鉄則》

・広告グループごとに違う広告文を設定する
せっかく広告グループを分けているのだから、それぞれにふさわしい広告文を個別に作成すべき。ABテストを重ねていくと、同じ広告文を別グループに流用しがちだが、ボリュームの多い広告グループを優先してふさわしい広告を見つけたい。
・広告文作成のセオリーをまもる
重要なのはCTRを上げることで、ABテストを回すことではない。あくまでCTRが上がりやすい広告文の作成を重ねること。キーワードを広告文に含めることや、具体的な数字を使うこと、他社に訴求負けしないことなど重要な要素は忘れてはいけない。
・常に回し続ける
登録キーワードが増え、広告グループが多くなると、どうしてもABテストが止まりがちになる。ABテストは止まれば止まるほど機会損失となるので、常時2つ以上の広告を回し、検証し続けること。

 

《実例》

ABテストはどの要素がCTRに影響しているのか判別するために、1カ所だけ要素を変えてテストをするのが望ましい。例えば《キーワード》が《転職》の場合は下記のようになる。ここでは《広告文の一行目》だけを変えた広告文を3つ用意する。

1. 実績訴求

タイトルあなたのための転職サイト
説明文年間3,000件の転職実績はここだけ!
《無料》でカンタンTEL相談会実施中

2. 年収訴求

タイトルあなたのための転職サイト
説明文年収1,000万円超え求人が続々内定
《無料》でカンタンTEL相談会実施中

3. 特典訴求

タイトルあなたのための転職サイト
説明文9月限定、内定祝い5万円プレゼント!
《無料》でカンタンTEL相談会実施中

 

《結果》

CTRCVR
1. 実績訴求1.48%0.93%
2. 年収訴求1.13%0.74%
3. 特典訴求1.70%0.81%
この結果を見ると3のCTRが良い。そこで、3の訴求をもとに次のABテストを行う。今度は《広告文の2行目》の要素を変えてテストする。

3-1. TEL相談

タイトルあなたのための転職サイト
説明文9月限定、内定祝い5万円プレゼント!
《無料》でカンタンTEL相談会実施中

3-2. 実績訴求

タイトルあなたのための転職サイト
説明文9月限定、内定祝い5万円プレゼント!
年間3,000件の転職実績はここだけ!

3-3. 内定率訴求

タイトルあなたのための転職サイト
説明文9月限定、内定祝い5万円プレゼント!
内定率87%の実績であなたらしい転職を

 

《結果》

CTRCVR
3-1. TEL相談1.69%0.85%
3-2. 実績訴求1.50%0.72%
3-3. 内定率訴求2.01%0.87%
《広告文の2行目》を検証してみたところ、3-3のCTRが最も高くなった。今度は3-3の訴求を元にABテストを行う。このように要素を検証しつつABテストを重ねていくが、単語や文節の前後を変えるだけでも小さな改善は重ねることができる。また、リンク先との情報乖離が激しい「釣り」の要素が大きすぎる広告はCVRが大きく下がる可能性があるので、CVRの数字も確認しておくと良い。

 

サイトウ「そうか、これなら行けそうだ。ありがとう、助かったよ。」 リョウ「サイトウさん、リスティング オートフライトはほとんど手間を掛けることなく、リスティング広告を24時間365日最適化します。」 サイトウ「すばらしいサービスだね。」 リョウ「つまり、あなたは他のことに時間を費やせる。娘さんの発表会は何時からですか?」 サイトウ「!」 リョウ「今日は大切な日じゃないんですか?」 サイトウ「き、君はいったい・・・。」



3.ケアが不要な絆など存在しない

家族のシルエット

─駅を飛び出して、会場まで走るサイトウ─ サイトウ「はぁっ、はぁっ。間に合ってくれ・・・!」



─発表会会場─ アキコ「あなた!」 サイトウ「アキコ、メイは?もう演奏は終わったのか?」 アキコ「ちょうど、これからよ。」



─舞台袖─ メイ「パパ・・・。私はパパにピアノを教えてもらった。パパに少しでも褒めてもらいたくて、今まで頑張ってきた。きっと仕事が忙しくて来れないよね・・・。最後にパパに見てほしかった・・・。」 ─ゆっくりと、舞台に上がるメイ。─ サイトウ「メイ!」 メイ「!」 ─ざわざわざわ・・・ざわつく会場─ サイトウ「メイ、頑張れ!」 メイ「パパ・・・。」



─発表会、終了後─ メイ「結局、優勝できなかった。ごめんねパパ。日本一にはなれなかったよ。」 サイトウ「すばらしい演奏だった。パパには充分伝わったよ。」 メイ「ありがとう・・・。パパ、仕事は?大丈夫なの?」 サイトウ「ああ。今日は大丈夫なんだ。どうだ、久しぶりにみんなで一緒に食事でもするか?」 メイ「うん!」 アキコ「いいわね。じゃあ、お寿司でも行く?」



─少し離れた場所から、様子をみるリョウ─ リョウ「ふぅ、なんとか間に合ったみたいだな。おっ、またシグナルがひとつ消えた。サイトウは《ブラックメン》にはならなかったみたいだな。」 キョウジュ「リョウ!聞こえるか?」 リョウ「聞こえるよ。無事任務完了だ。」 キョウジュ「ひとつ、悪いニュースだ。」 リョウ「悪いニュース?」 キョウジュ「どうやら、《ニュータイプ》の中に敵の内通者がいる。」 リョウ「なんだって!?」 キョウジュ「俺たちの動きは奴らにバレている可能性が高い。」 リョウ「しかし、膨大な時間軸の中から、俺たちを見つけ出すことなんかできないだろう?」 キョウジュ「俺たちがターゲットにしている時間座標のリストを入手し、あらかじめそこで罠を仕掛けている可能性がある。気をつけろ。これから先、何が待ち受けているかわからないぞ。」 リョウ「ああ、わかった。」



4.どんな広告文が生成されてどれだけCVが増えるのか?

リョウ「ABテストも、しっかりとポイントを押さえないといけないんだね。」 イーグル「そうだな。リスティング広告の成否を分けると言ってもいいかもしれない。」 リョウ「この、リスティング オートフライトはそのあたりも加味したアルゴリズムで、訴求力のある広告文を生成してくれるんだよね?」 イーグル「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、訴求力のある広告文が人手を介すことなく生成され効率良く運用を行うことが可能なんだ。」 リョウ「なるほど!でもいったいどんな広告文が生成されて、どれくらいCVが増加するんだい?」 イーグル「いい質問だな。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した広告文生成と流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今のCVからどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?