競合を出し抜く《キーワード》を手間なく発見。そして僕らはさらなる高みを目指す。


1.ベストパートナー

─新宿、とある大手量販店の会議室─ イトウ「と言うわけで、コンバージョンについては前月比124%、昨対比で168%、売上げについては前月比110%、昨対比で181%となっています。」 コスギ「特に、新しく投入したエアコン関連のキャンペーンの成績がかなりよく、全体の数値を押し上げています。」

順調な成長

部長「うむ。投入した新商品も高単価、高機能商品を中心に順調な滑り出しを見せているよ。現場の方からもうれしい悲鳴が出ている。」 イトウ「今月についても、引き続き各キャンペーンの最適化を行っていきます。」 部長「9月は上期の締めだ。この調子でいけば予算達成は固いが、何が起こるかわからん。引き続きよろしく頼むよ。」 イトウ「任せてください。私と、コスギがいればウチのリスティング広告は盤石です。なぁ、コスギ。」 コスギ「ああ。俺たちは最高のチームだ。」



─その日の夜、BARにて─ イトウ「お疲れさん。乾杯。」 コスギ「乾杯。」 イトウ「もう8年か。あっという間だな。」 コスギ「そうだな。あの時はネットでの販売なんか絶対に上手くいかないと思っていたよ。」 イトウ「俺も、結果が見えていたわけじゃないさ。ただ、おまえと一緒に夢中になって仕事をしていたら、いつのまにか売上げが上がるようになっていた。」 コスギ「ほんとうだな。」 イトウ「まぁ、まだ先は長い。なんせ、目標は1,000億円だからな。頑張ろう。」 コスギ「ああ。」



─帰り道、ひとりで家路につくコスギ─ コスギ「ふぅ、飲み過ぎちゃったなぁ。」 ナゾの男「すみません、コスギさんですか?」 コスギ「えっ、あ、はい。そうですが。あなたは・・・?」 ナゾの男「驚かせてしまってすみません。私、こういう者です。」 コスギ「人材ラボ?」 ナゾの男「はい。人材ラボのマエダと申します。」



2.ライバル

競争

─コスギの家─ コスギ「すみませんね、ちらかってて。」 マエダ「いえいえ。お構いなく。」 コスギ「で、その私に興味がある会社というのは・・・。」 マエダ「おそらくほとんどの方がご存じの、某外資系ECサービスです。」 コスギ「でも、私なんか、ただのリスティング広告の一担当ですし・・・。」 マエダ「はい。存じ上げています。自社ECサイトの立ち上げから参画。ECの売上げを8年間で650億円まで伸ばした立役者。」 コスギ「いや、しかし私はチームの一員で、責任者は他に・・・。」 マエダ「クライアントは今の年収の1.5倍を提示しています。悪い話ではないと思いますが。」 コスギ「し、しかし・・・。」 マエダ「コスギさん、あなた結構な額の借金をお持ちですね。何の借金かまでは言いませんが。」 コスギ「そ、そこまで・・・。」 マエダ「先方の担当と一度話してみませんか?私の方からまた連絡させていただきますので、考えておいてください。」



─新宿、大手量販店のオフィス─ イトウ「あれ?コスギは今日は休みか?めずらしいな。」 女性「風邪らしいですよ。」 イトウ「そうか。じゃあ、今日のリスティング広告の運用は俺がやるか。」



イトウ「うん・・・?妙だな、急にコンバージョン数が減っている。いったいどうしたんだ・・・。」

CVの下降

イトウ「これは、マズいぞ。」



─新宿、某所。キュウウウン・・・。空間がゆがみ、近未来のバイクのような乗り物が姿を現す。─ リョウ「よし。到着。ええっと。時間座標を確認するか。2015年9月14日14時00分、まちがいないな。タイムスリップ成功だ。」 キョウジュ「聞こえるか?リョウ。」 リョウ「あぁ。良好だ。今、到着したところだ。そっちはどうだ。」 キョウジュ「《ブラックメン》の攻撃が激しくなっている。マザーコンピューターも徹底抗戦しているが、ついさっきセキュリティレベル1を突破された。優秀なハッカーが一人いるらしい。そいつが今回のターゲットだ。」 リョウ「OK。早速ターゲットの情報を送ってくれ。」

 

ターゲット:ブラックメン・イトウ
大手量販店のEC担当。優秀なエンジニアでもある。立ち上げから加わり、チームメンバーであるコスギと共に大きく成長に貢献する。売上げ1,000億円という目標にこれから、というところで信頼していたコスギに裏切られ、ECの運用に失敗。そこから人生の歯車が狂いだし、《ブラックメン》のメンバーとなる。

 

リョウ「なるほどね。コスギの裏切りを防げばいい、って感じかな。よし、任せてくれ。」 キョウジュ「頼んだぞ。」



3.時は動き出す

新宿の夕焼け

─新宿、大手量販店のオフィス─ イトウ「ダメだ!何をやってもパフォーマンスが改善されない!」 女性「あの・・・イトウさんにお客様なんですが・・・。」 イトウ「ええい!後にしてもらってくれ。」 女性「そ、それが、ウチのリスティングアカウントを見て、至急お話しがしたいと。」 イトウ「何だって!?よし、会おう。」



リョウ「はじめまして。ジャストシステムのリュウザキと言います。」 イトウ「ジャストシステムってあのATOKの?ウチにいったい何のご用ですか?」 リョウ「はい。今日はリスティング オートフライトについてお話しがあってきました。」 イトウ「リスティング オートフライト?」

 

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

 

リョウ「御社のアカウントを拝見させていただきました。かなり競合の運用レベルも高く、影響を受けている可能性があるのでは、と思い伺わせていただきました。」 イトウ「・・・。ここ数日、CPAが悪化しているんだ。品質スコアも下がっている。何か具体的な対策はありますか?」 リョウ「やはり・・・。例えば、《品質スコア》ですが・・・。」

 

《品質スコアとは》
広告がどれだけ優れているかを10段階で表示していて、クリック率や関連性など様々な要素で算出されている。この数値が高ければ高いほど、低CPCで高順位に表示できる。
《品質スコアの誤解》
品質スコアは広告の状態を客観的に示すバロメーターになるが、impやクリック数のような実数ではないし、原因となる本質は別にある。品質が下がるということは、広告の一部に「以前より問題がある」と知らせてくれているという程度のものと認識しておくべき。
《品質悪化時の対策》
突然のCPA悪化やCPCの高騰などがみられ、同時に品質が下がっていることがある。 これは品質が下がったから悪影響が出たのでは無く、悪影響の元となる何かが品質低下という形で表層化しているということ。

 

品質の判断要素はブラックボックスだが、以下の3要素が特に重要とされているので、問題は発生していないか優先的に確認していく

 

《クリック率》

概要評価の60%をしめるといわれているほどで、もっとも影響の大きい指標。
改善方法ABテスト

《広告の関連性》

概要広告とキーワードの結びつきを判断する指標
改善方法広告文にキーワードを入れ込む
除外設定やマッチタイプで無駄な表示を減らす
広告グループをより細分化する

《リンク先ページの利便性》

概要リンク先ページの内容が、ユーザーにどれくらい役立つか判断する指標
改善方法検索クエリにより関わりのあるリンク先にかえる

 

イトウ「そんなことは知っている。具体的にどう改善すればいいんだ」 リョウ「焦らないでください。では・・・」

 

《キーワードについて》
CPAの悪化や品質の下落が見られた場合、競合の動き(急な順位変動やABテストの注力)があることがある。こういった場合は競合の動きが収まるまでパフォーマンスが元に戻りづらいので、同時進行で別施策を進めると良い。
《クエリから新規キーワードを追加する》
上述の対策で除外設定やマッチタイプの精査があるが、この段階で一緒に新規キーワードを追加すると効率がいい。

 

1. 出稿しているキーワードの検索クエリを確認する
競合は自社の出稿キーワードにあてをつけることはできるが、実際に検索されているクエリまでは予想することができないので、集まっている検索クエリのデータは強みになる。
2. 一定の基準をもとにキーワードを追加する
クエリを確認し、impやCTRが一定数出ているものをキーワードに追加する。拡張性のないキーワードであれば、完全一致で出稿するといい。同時にimpだけ発生してパフォーマンスが見込めないものを除外すると一石二鳥。
3. 繰り返す
検索結果の3割は新しいクエリが循環している。そのためキーワードの追加も終わりはなく、繰り返し行うことが大事。

 

イトウ「なるほど・・・。新しいキーワードか・・・。よし、ありがとう。早速クエリの分析だ。」 リョウ「ちょ、ちょっと待ってください!今日はコスギさんはいらっしゃいますか?」 イトウ「コスギ?コスギは昨日から休んでいるが、それが何か?」 リョウ「大至急、コスギさんに会った方がいいです。彼は今日、大手外資系ECサイトの役員と面談の予定が入っています。彼らはコスギさんを迎え入れるつもりです。これは、その場所と時間です。」 イトウ「な、馬鹿な!?コスギが・・・?信じられない。それに君がどうしてそんなことを知っているんだ。」 リョウ「信じる、信じないじゃない。コスギさんを失ってもいいんですか?」 イトウ「し、しかし。リスティング広告をこのまま放っておくわけには・・・。」 リョウ「それなら、お任せください。リスティング オートフライトが運用を自動で行います。」 イトウ「なっ・・・!?」 リョウ「任せて頂けますか?」 イトウ「わ、分かった。申し訳ないが頼む。」



─大手外資系EC会社、オフィス前─ コスギ「本当にこれでいいんだろうか・・・。」 イトウ「コスギ!」 コスギ「イトウ!ど、どうしてお前がここに・・・!」 イトウ「コスギ。まさかと思ったが・・・。俺たち、これで終わりなのか?」 コスギ「イトウ・・・。」 イトウ「コスギ。俺たちは夢を誓い合ったはずだ。そして、それはまだ道半ばだ。でも全く先が見えていないわけじゃない。今は、しっかりと目標を捉えているはずだ。」 コスギ「・・・」 イトウ「お前は、目先の金に目がくらむような奴じゃないはすだ。」 コスギ「イトウ、俺はお前が思っているようないい人間じゃ無いんだ。俺はもう変わってしまったんだ。」 イトウ「コスギ・・・。」 コスギ「すまん、イトウ。」 イトウ「これを見ろ、コスギ。」 ─イトウがコスギに自分のケイタイを見せる─ コスギ「こ、これは・・・」

 

イトウへ
目標達成おめでとう。とは言ってもたかだか100万だが(笑)だけど、俺はこの100万は大きな一歩だと思う。何せゼロから生み出した100万だからな。俺たちの血と汗の結晶だ。イトウ。俺はこのECサイトを日本一にしたいと思っている。お前とならきっとやれる。そう確信している。苦しいこともあるかもしれないが、必ず乗り越えられる。今はまだ先が見えないが、一歩ずつ、前に向かっていこう。じゃあ、また明日な。

 

イトウ「8年前、はじめて予算達成したときにお前が俺に送ってくれたメールだ。」 コスギ「まだ、残していたのか・・・。」 イトウ「あのとき、プレッシャーに負けそうになっていた俺を、このメールが勇気づけてくれた。今度は俺の番だ。俺たちはまだまだ高みに行ける。こんなものじゃない。」 コスギ「イトウ・・・。」 イトウ「お前にどう思われようと、俺はお前と一緒に仕事がしたい。俺と一緒に会社に戻ってくれ。」 コスギ「・・・。負けたよ。それに、どうせもう面接に間に合わないよ。」 イトウ「コスギ・・・。」



4.追跡者

つきつけられた銃口

リョウ「おっ、《ブラックメン》のシグナルがひとつ消えた。イトウさん、上手くコスギさんを説得できたみたいだな。これで未来も少し変わるといいが・・・。」 キョウジュ「リョウ、聞こえるか?」 リョウ「キョウジュか、どうした?早速、《ブラックメン》の動きに変化があったか?」 キョウジュ「ああ。いいニュースと、そして悪いニュースだ。」 キョウジュ「お前が、イトウと接触してくれたおかげで、《ブラックメン》の攻撃が一時止まった。イトウは《ブラックメン》の中でも中心的なハッカーだったからな。」 リョウ「イトウさんは《ブラックメン》にならなかったってことだな。で、悪いニュースってのは?」 キョウジュ「俺たちが時間移動をしていることを、奴らに感づかれた。」 リョウ「何だって?」 キョウジュ「俺が得た情報だと、《ブラックメン》はひとりの暗殺者を放ったらしい。」 リョウ「あ、暗殺・・・!?」 キョウジュ「ああ。ただ、心配するな。膨大な時間軸の中からお前がいる地点を特定するのは困難なハズだ。」 ─その時、閃光が走った。ボンッ─ リョウ「うわっ!」 キョウジュ「どうした、リョウ!」 リョウ「どうやら、お出ましらしいぜ。」 ナゾの男「ターゲット、発見。」 ─銃らしきものを構える男─ リョウ「コンクリートのカベが貫通している。普通の銃じゃないな?」 キョウジュ「リョウ!逃げるんだ!そいつはおそらく《レール・ガン》だ。」 リョウ「《レール・ガン》?あんな小型化に成功していたのか?」 キョウジュ「カベや障害物はラクに貫通してくる。ただ、連射はできないハズだ。早く次の時間座標へ向かえ!」 ナゾの男「エネルギー充填、90%」 リョウ「くそっ!」 ナゾの男「エネルギー充填、100%。発射。」 ─キュウゥゥゥゥゥン。突如、空間がゆがみ、リョウの姿が忽然と消えた。─ ナゾの男「ターゲット、消失。追跡する。」



5.どんなキーワードが生成されてどれだけCVが増えるのか?

リョウ「新しいキーワードを追加することって重要なんだね。」 イーグル「そうだな。検索クエリはどんどん新しいものが生まれているからね。」 リョウ「この、リスティング オートフライトはキーワードも自動生成してくれるんだよね?」 イーグル「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、多様なキーワードが人手を介すことなく生成され効率良く運用を行うことが可能なんだ。」 リョウ「なるほど!でもいったいどんなキーワードが生成されて、どれくらいCVが増加するんだい?」 イーグル「いい質問だな。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用したキーワード、広告文生成と流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今のCVからどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?