《キーワード最適化》×《高速・PDCA》でCV数+40%。僕が目指したあのシゴト。


1.マネージャーの資質

─新宿、とある中古車販売会社の会議室─
部長「今月もリスティング広告の成果は順調だな。とくにコバヤシが担当しているグループは達成率120%だ。」
コバヤシ「まぁ当然ですよ。この中でスキルも経験も一番豊富なのは俺ですんでね。」
部長「それにくらべてミヤモト、おまえはどうだ。今回も達成率70%だ。獲得ボリュームの一番多いコバヤシが達成してくれているから、なんとか全体で目標達成できたものの、また来月も同じように上手くいくとは限らないぞ。」
ミヤモト「は、はい。申し訳ありません。」
コバヤシ「勘弁してくれよ。ミヤモト。おまえのおかげでみんなのモチベーションまで下がっちまうよ。なぁみんな。ハハハ。」



─翌日─
コバヤシ「部長、何ですか話って。」
部長「うむ。知っての通り我が社の売上げの中でリスティング広告経由の売上げはかなり大きい。これからしっかりと基盤を固めていかねばならん。」
コバヤシ「はい。俺もそう思います。」
部長「そこでだ、君には現在のリスティングチームのマネージャーをやってもらいたいと思っているんだ。」
コバヤシ「えっ!俺がですか!?」
部長「うむ。それ相応の待遇を用意しようと思っている。現場からはある程度離れてもらって、マネジメントやチームメンバーの育成に注力してもらいたい。」
コバヤシ「お、俺がマネージャー・・・。」
部長「受けてもらえるかね。」
コバヤシ「よ、喜んで!頑張らせていただきます。」



コバヤシ「ハハハ。ついに俺もマネージャーだ。みんな、しっかり頼むぞ。何せおまえたちの仕事に掛かっているんだからな。俺に恥をかかせないでくれよ!おい、ミヤモト!特におまえだ。おまえはただでさえ足を引っ張っているんだからな。死にものぐるいでやれよ。」
ミヤモト「は、はい・・・。」



─1週間後─
コバヤシ「バカヤロウ!てめぇ何考えてるんだ!こんなクソみたいな広告文考えやがって。やる気あるのか!」
チームメンバーA「も、申し訳ありません。あの・・・、どのあたりを見直せばいいんでしょうか?」
コバヤシ「知るか、そんなもん!自分で考えろ。いいか!おまえらも良く聞け。とにかく結果がすべてなんだ。やり方がわからないやつは寝る間も惜しんで考えろ。もっと必死にやれ!ミヤモト!なんだこのCVは!ぜんぜん伸びていないじゃないか!今すぐ改善策を出せ!このグズが!」
ミヤモト「申し訳ありません!すぐに提出します!」
コバヤシ「はぁっ、はぁっ。ダメだ。どいつもこいつも。クソみたいな仕事をしやがって。おかげでCVも右肩下がりだ。くそっ!どうしたらいいんだ。」

CVの下降

2.崩壊の危機

離れる気持ち

─新宿、某所。キュウウウン・・・。空間がゆがみ、近未来のバイクのような乗り物が姿を現す。─
リョウ「ふぅ。見られてないよな?過去の時間座標を設定すると、自動的にシステムがヒトのいない場所を選んでくれるとは言っても、誰かに発見されやしないかといつもハラハラするんだよな。」
キョウジュ「リョウ、着いたか。」
リョウ「ああ。通信回線も良好だな。そっちはどうだ。」
キョウジュ「相変わらず、ブラックメン達がマザーコンピュータを攻撃している。まだ、セキュリティレベル1だが、破られるのも時間の問題だ。急いでくれ。」
リョウ「了解。早速、ターゲットの情報を送ってくれ。」
キョウジュ「今、送る。」

 

ターゲット:ブラックメン・コバヤシ
中古車販売会社のマーケ担当。リスティング広告のスキルが高く、売上げ貢献もかなり大きいが、自己中心的で協調性がなく、他のメンバーからは嫌われている。リスティング広告のスキルを買われ、チームのマネージャーに昇格するが、メンバーのモチベーションを下げてしまい、マネジメントに失敗。そこから一気に人生の階段を踏み外し、ブラックメンのメンバーとなる。

 

リョウ「なるほどね。とりあえず、このコバヤシってヒトの未来を変えればいいわけだね。うーん。でもどうやればいいんだろう?」
イーグル「リョウ、いいか。」
リョウ「イーグルのおじさん!」
イーグル「過去のブラックメンを救済すれば、そのブラックメンは未来において存在しなかったことになる。そして、ブラックメンを救済する、ということは彼らの闇の部分を照らし出してやることだ。そうすれば必ず道は開ける。」
リョウ「闇を照らす?いまいちわかりにくいなぁ。まぁいいや。とりあえず行ってみるよ。」



─中古車販売会社・部長室─
チームメンバーB「部長、わたしもう耐えられません。コバヤシさんの元では仕事が続けられません。辞めさせていただきます。」
部長「君もか・・・。いったいどうしたというんだ。チームメンバーのほとんどが辞めるといいだすなんて。」
チームメンバーB「彼は怒鳴り散らすばかりで、私たちに何も具体的な指示をしてくれません。それどころか大声でののしり、私たちのことをグズでノロマだと罵倒します。もう、みんな限界です。」
部長「ううむ・・・。」



リョウ「こんにちは!ジャストシステムのリュウザキと申します!」
コバヤシ「どうも、コバヤシです。」
ミヤモト「・・・はじめまして、ミヤモトと言います。」
リョウ「はじめまして!ジャストシステムのリュウザキです。今日はリスティング広告の高効率運用サービスであるリスティング オートフライトのご紹介でうかがいました。」

 

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

 

コバヤシ「ああ。そうなんですか・・・。申し訳ないがウチはもう終わりですよ。」
リョウ「終わり?」
コバヤシ「チームメンバーの大半が去って行って、まともな広告運用ができる状況じゃないんだ。CVも下がりっぱなしで。」
リョウ「一度、アカウントの状況を拝見させてもらえませんか?」
コバヤシ「いや、だからもう何をやっても・・・。」
ミヤモト「あの、コバヤシさん、話だけでも聞いてみてはどうでしょうか?もしかしたら何か解決方法が浮かぶかも知れません。」
コバヤシ「ミヤモト・・・。」



3.マネージャーのシゴト

キーワード

リョウ「それでは失礼して・・・。なるほど、これは《キーワード運用》に問題がありますね。」

 

《キーワード運用でやりがちなミス》

表記揺れ、打ち間違いを入稿しない
「引っ越し」や「引越」のように表記が違うものはすべて別キーワード扱いになるので出稿漏れの無いようにしたい。また、「line」と「rine」のような打ち間違えも同様
自社サービス名を入稿しない
自社サービス名はどの競合よりも高品質でパフォーマンスの上がりやすいワード。ボリュームは出にくくても押さえておくべき。また、サービス名の検索数推移が把握しやすいというメリットもある。
マッチタイプを精査しない
クエリは常に新しいものが循環している。一時の判断でクエリをとりつくしたと思い込み、完全一致のみでビッグワードを出稿するのは損。その逆も然り
除外キーワードを追加しない
部分一致やフレーズ一致は、常にクエリを確かめ、ムダなクエリを除外していくことで恒常的な改善が可能
新規のキーワードを追加しない
運用が長くなってくると、キーワードは登録しきったと勘違いしがちだが、日々行われる検索の3割はまったく新しいクエリである。これを無視していればいるほど機会損失につながる

 

リョウ「とくに、除外キーワードの設定や新規キーワードの追加など、日々の運用が上手くされていない様に見受けられます。」
コバヤシ「日々の運用・・・。どれもこれも大切なことばかりじゃないか。なぜ・・・?」
部長「それは君がチームメンバーとちゃんと向き合えていなかったからだよ。」
コバヤシ「ぶ、部長・・・!?」
部長「話は聞いたよ。新しいチームで新しいことにチャレンジするんだ。当然、予想通りの結果にならないこともあるだろう。そんなとき、リーダーがすることはメンバーひとりひとりと向き合い、進むべき方向を提示してやることだ。」
コバヤシ「ひとりひとりと向き合う・・・。」
部長「君がしたことは、ただ怒鳴り散らすことだけだ。それではヒトはついてこない。」
コバヤシ「俺が・・・俺のせいだと言うのか・・・。」
ミヤモト「コバヤシさん・・・。」
コバヤシ「じゃあ、いったい俺はこれからどうすれば・・・!?」
部長「去って行った者たちのことはしょうがない。今いる人間でできることを考えなければ。」
コバヤシ「し、しかしたった数人で50,000以上のキーワードをどうやって運用すれば・・・。」
リョウ「そこは任せてください。リスティング オートフライトなら今の体制でも運用可能です。」
コバヤシ「そんな馬鹿な・・・。」
リョウ「それから、先ほどのキーワードの件で、もうひとつポイントがあります。」

 

《コンテンツターゲティングのキーワード選び》
狙ったクエリを検索したユーザーの検索結果に、直接広告を表示させるサーチと違い、そのキーワードに関連したページに広告を出稿させることができる全く種類の違うユーザーとなるので「コンテンツターゲティング」は、サーチのキーワード選びとは違った視点が必要。
《コンテンツターゲティングの特徴》
コンテンツターゲティングは基本的には潜在層ユーザーへのリーチになるが、サーチよりもより膨大な数のユーザーにリーチできる可能性がある。また、自分にとって確度の高いユーザーがいるが、競合の少ない少々間接的なキーワードを見つけることができると驚くほど低単価で多くのCVを得ることもある。

《キーワード例》

ターゲット:自動車の欲しい20代男性

サーチでのキーワード自動車 購入、中古車、プリウス
コンテンツでのキーワードボーナス、ドライブ、釣り、スノーボード

サーチでは購買アクションや車名など、顕在層を掘り下げるキーワードになるが、コンテンツではターゲットの行動や興味を予想して潜在層が存在するキーワードを探す

 

コバヤシ「な、なるほど。」
リョウ「じゃあ、実際にリスティング オートフライトで御社のアカウントを再構築してみます。いきますよ!リスティング オートフライト、オン!」
─キュウウウウン
リョウのパソコンがまぶしく輝く!─

コバヤシ「こ、これは!うわぁぁぁぁぁ!」
リョウ「これでOKです。」

 

《サーチの広告文》

タイトル5分で探せる自動車選び
説明文≪31日まで≫期間限定セールで最大50%引き
高級車から掘り出しモノまで勢揃い!

《コンテンツターゲティングの広告文》

タイトルこんな値段でクルマに乗れるの?
説明文見ているだけで楽しいカンタン自動車比較
今なら年に一度の大セールで最大50%引き

 

コバヤシ「た、確かに以前よりもかなり改善されている。」
リョウ「いかがでしょうか?リスティング オートフライトは自動で24時間365日改善をし続けます。これなら少数精鋭のチームでも充分運営が可能だと思いますが・・・。」
コバヤシ「しかし、俺はみんなにひどいことを言ってしまった。もう俺の居場所なんて・・・。」
ミヤモト「コバヤシさん、一緒にもう一度頑張りましょう。コバヤシさんがいなければ、きっとみんな困るはずです。みんなに進むべき道を指し示してあげてください。」
コバヤシ「ミヤモト・・・、おまえ・・・。」
部長「コバヤシくん。今回の責任を取って、マネージャー職は退いてもらう。ただ、リスティング運用チームの中心メンバーとして、今度は他のメンバーと協力しながら、チームの立て直しをしてくれないか。」
コバヤシ「部長・・・。ミヤモト・・・。すみません。俺が間違っていました。もう一度やり直させてください。」

4.進むべき道

まっすぐな道

─2ヶ月後、中古車販売会社の屋上─
部長「コバヤシくん。ずいぶんリスティング広告の成果があがってきたみたいだね。」
コバヤシ「はい。一時かなり悪くなったのですが、あれからチームメンバー皆の努力のおかげで、前月に比べ140%の結果が出ています。」

CVの回復

部長「うむ。ミヤモトくんはどうだね。」
コバヤシ「正直、ここまでやってこれたのはミヤモトのおかげです。アイツが皆を説得して回って、もう一度チームを立て直すことができました。正直、俺の成果じゃありません。」
部長「そうか。そういえば、皆が君のやりかたに反発し、やる気を失っていた頃、彼だけは違うことを言っていたよ。」
コバヤシ「ミヤモトが・・・?」
部長「僕をリスティング広告の世界へ引っ張ってきてくれたのはコバヤシさんだ、僕はコバヤシさんのおかげでやるべき仕事を見つけたんだ、とな。君自身、気づかなかったかもしれないが、ミヤモトくんが進むべき道を指し示していたんだよ。」
コバヤシ「俺が・・・。」
部長「まぁ、今後もしっかり頑張りたまえ。」
─二人を影から見つめるリョウ─
リョウ「おっ、ブラックメンのシグナルがひとつ消えた。コバヤシはブラックメンにならずにすんだってことか。よし、次の時代へ行くとするか!」
─バイクにまたがるリョウ、目の前の空間がゆがみ、吸い込まれるように姿を消した。
そこへ現れたひとつの影。─

ナゾの男「ついに捉えたぞ。時間移動で未来を変える反逆者め・・・。」



5.どんなキーワードが生成されてどれだけCVが増えるのか?

リョウ「リスティング広告も運用を一歩間違えると、とんでもない結果になるんだね。」
イーグル「そうだな。特にキーワードのきめ細かな運用はリスティング広告の成否を分けると言ってもいいかもしれない。」
リョウ「この、リスティング オートフライトはそのあたりも加味したアルゴリズムで、最適なキーワードや、訴求力のある広告文を生成してくれるんだよね?」
イーグル「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、適切なキーワードや訴求力のある広告文が人手を介すことなく生成され効率良く運用を行うことが可能なんだ。」
リョウ「なるほど!でもいったいどんなキーワードが生成されて、どれくらいCVが増加するんだい?」
イーグルイーグル「いい質問だな。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した広告文生成と流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今のCVからどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?