《新章突入》逆境に打ち勝つ《広告文》。時間をテクノロジーが凌駕する。


1.プロローグ~未来を救え~

1965年にゴードン・ムーアが発表した「ムーアの法則」は集積回路の大きな発展をもたらした。コンピューターは処理のみを行うノイマン型から自ら考えるニューロコンピュータへと進化した。地球上の歴史においてエポックメイキングなイベントが起きる間隔は次第に短くなっていく。
人工知能の権威であるレイ・カーツワイルはテクノロジーの進化が臨界点を突破する「技術的特異点=シンギュラリティ」を2045年と予測した。そして、それは現実のものとなった・・・。
─そう遠くない未来。シンジュクにあるマンションの一室。─
キョウジュ「リョウ!《ブラックメン》達がまた《マザーコンピューター》に攻撃を開始しはじめたみたいだ。」
リョウ「またか!前回の攻撃から復旧して、まだ1週間もたっていないのに・・・。」
─この時代、テクノロジーは進化し、ニューロコンピューターが人々の生活をささえていた。デジタルマーケティングのすべての工程はAI=人工知能が行い、それらはすべてマザーコンピューターである「TK2050」によって制御されていた。─
リョウ「マザーコンピューターがやられるとまた世界中のマーケティング活動が停止する。どうにかやつらを止められないのか?キョウジュ。」
キョウジュ「うーん。ずっと彼らのことを追っていて、ようやく彼らが出す特別なシグナルを発見できたところだんだけど・・・。あれ?なんだこのメッセージ。」
─ホログラムメッセージが開封される─
ナゾの声「我々は《ニュータイプ》の最高議会である《コア》だ。このメールはマザーコンピューターの演算によって選ばれた人間に自動的に送信されている。君はこの時代の未来を担う選ばれし人間だ。」
キョウジュ「な、なんだこれ?」
コア「君も知っての通り、現在、マザーコンピューターは《オールドタイプ》である《ブラックメン》のサイバー攻撃によって脅威にさらされている。彼らの目的はマザーコンピューターそのものの破壊だ。」
リョウ「最高議会が俺たちにメッセージを送ってきたのか!?」
コア「今日これから、君たちのところにひとりの男が行く。その男がこの事態を収束させるための武器を、君に授けるだろう。君の使命はそれを使用して、未来を救うことだ。」
キョウジュ「未来を救う?俺たちが?」
コア「健闘を祈る。もはやこれしか我々に残された方法はない。」
─その時、背後に気配が─
リョウ「誰だ!?」
ナゾの男「君がリョウか。」
リョウ「・・・あんたは?」
ナゾの男「俺の名前はイーグル。」
リョウ「もしかして、あんたが《コア》からの使者か?」
イーグル「そうだ。」
リョウ「どんないかつい男かと思えば、ただの小汚いじいさんじゃないか!」
イーグル「威勢がいいな。《コア》からのメッセージを聞いただろう。君たちが《ブラックメン》のことを独自に調査していることも我々は知っている。この世界の行く末は君たちに掛かっているんだ。君たちもマザーコンピューターの破壊を阻止したいんだろう?」
リョウ「・・・《コア》は武器をくれるって言ってたけど、武器っていったいなんなんだ?」
イーグル「ふふ。さすがに好奇心は父親ゆずりだな。」
リョウ「なに!?」
イーグル「まぁいい。ついてこい。」



─とあるビル─
リョウ「なんだここは?カレー屋?」
イーグル「カレー屋は今はやっていない。地下だ。」
─地下におりると大きな空間が口を開け、薄暗い闇の中で無数の機器が鈍い光を発していた─
リョウ「こ、これは?」
キョウジュ「こんな研究施設があったなんて・・・。それにこのバイクみたいな乗り物は?」
イーグル「これこそが、《コア》が秘密裏に開発した、タイムマネジメントデバイス《TK-X》だ。」
リョウ「TK-X?」
イーグル「メインモニタに時間座標を入力することで、過去の時間に飛ぶことができる。ただし、同じ時間座標に行けるのは1度のみだ。」
キョウジュ「か、過去の時間?つまりタイムスリップってこと?」
イーグル「そのとおり。」
リョウ「つ、つまり・・・。」
イーグル「そうだ。この装置を使って過去へ行き、《ブラックメン》と接触。もちろん彼らが《ブラックメン》として活動する前だ。そして彼らの未来を変え、《ブラックメン》の誕生そのものを時間軸から抹消することが君たちの使命だ。」



2.しあわせの落とし穴

新宿の街

─2015年新宿、大手水回り対策会社─
アンドウ「ヤマネもいよいよ結婚か。それにしてもうらやましいな、あんな綺麗な嫁さんを見つけて。」
ヤマネ「よせよ。アンドウ。お前だって彼女がいるじゃないか。」
アンドウ「まぁ、いるにはいるけど、シラトリ財閥のご令嬢とは比べものにはならないよ。それにしてもあんなお堅い家がよく結婚を快諾してくれたなあ。」
ヤマネ「まぁ、一応ウチの会社ってそこそこの規模だし、そこのマーケティング主任ってことで多少期待してくれているみたいだよ。」
アンドウ「さすができる男は違うね。あ、そうそう、さっき部長がおまえのことをさがしていたぜ。」



ヤマネ「部長、失礼します。」
部長「ああ、ヤマネくんか。いつもご苦労さん。君がリスティングの一部を運用するようになってから我が社の売上げも右肩上がりだよ。」
ヤマネ「ありがとうございます。」
部長「今年は創業30周年ということもあり、特に拡販に力を入れたいと思っている。この繁忙期は今までで最高の結果を残したいと考えているんだ。」
ヤマネ「はい。」
部長「そこで、だ。君には現在一部のリスティングだけを見てもらっているが、来週からリスティング広告の全体指揮を執ってもらいたい。できるかね?」
ヤマネ「わ、私がですか?」
部長「そうだ。もし、それを達成出来れば課長の椅子を用意しよう。」
ヤマネ「課長の椅子を・・・。」
部長「たしか君は結婚も間近らしいね。奥さんやご両親にいい報告もしたいだろう。」
ヤマネ「わかりました。ぜひやらせてください。」



アンドウ「おまえすごいじゃないか!大抜擢だよ。」
ヤマネ「ああ、これはチャンスだ。絶対にものにしてやる。とにかく広告文の訴求を徹底的に見直しだ。」



─2週間後─
ヤマネ「だめだ、広告文を変えてから却ってCVがわるくなってしまった・・・。」
部長「ヤマネくん。どういうことだね。これは。」
ヤマネ「ぶ、部長」
部長「このままだと昨年よりも悪い数字になりそうじゃないか。結果次第では責任もとってもらうよ。」
ヤマネ「せ、責任・・・。」



3.燃えろ広告文

複数の時間

─キュウウウウン。空間がゆがみ、メタリックなバイクのような乗り物が姿を現す。─
リョウ「ここが2015年か。随分街並みがちがうなぁ。ええっと、ターゲットは・・・。」

 

ターゲット:ブラックメン・ヤマネ
ブラックメン幹部のひとり。2015年にリスティング広告を任されるも運用に失敗。プロジェクトから外され地方の営業部署に左遷されてしまう。結婚の予定が間近にせまっていたが、そのせいで相手の両親の反対にあい、婚約破棄されてしまう。人生に絶望したヤマネはリスティング広告に対して憎悪を頂くようになる。

 

リョウ「なるほどね。このヤマネってヒトのプロジェクトを成功させればいいのか。ってもう2週間もすぎているじゃないか!いそがないと!」



─新宿・大手水回り対策会社─
リョウ「こんにちは!マーケティング部のヤマネさんはいらっしゃいますか?」
受付の女性「あの、失礼ですがお客様、アポイントの方は・・・」
リョウ「先日のマーケティングエキスポで名刺交換させていただいたジャストシステムのものですとお伝えください!」



リョウ「はじめまして、ジャストシステムのリュウザキと言います。」
ヤマネ「リュウザキ、さん?」
リョウ「はい。リュウザキリョウ、と言います。今日はリスティング オートフライトのご案内で訪問させていただきました。」

 

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

 

ヤマネ「そうなんですか・・・。でも、いま悪いけれどそれどころじゃないんです・・・。」
リョウ「たとえば、リスティング オートフライトは広告文の作成で陥りがちな間違いもアルゴリズムに組み込んでいるので、効率的に成果をあげることができるんです。」
ヤマネ「ありがちな間違い?た、たとえば・・・?」
リョウ「はい!たとえば・・・」

 

《広告文でやりがちなミス》

サービス名を入れたがる
よほど有名で支持を得ているサービスや社名でない限りは強みになりえない
抽象的な表現
あいまいな表現よりも、数字や実績を並べるほうが読み手はイメージが付き、クリックしやすい
訴求で負ける
価格訴求などは明確で書きやすいので手を出しがちだが、競合に負けている内容なら強みにならない。実際に検索して競合の広告文をチェックすること
文字数が少ない
検索結果画面の占有率が高い広告ほどクリック率が上がる傾向にある。不自然でない程度にはボリュームを持たせるべき
意味が通らない
キーワード挿入や使いたい文言を意識するあまり、意味不明になったり、不自然な文章になってしまわないようにする

 

リョウ「その他にも・・・」

 

《サーチとディスプレイでの広告文の違い》

サーチとディスプレイのユーザーはおおまかに以下のような違いがある
※ここでは便宜上、性質の違いが顕著な3つのプロダクトだけをとりあげる。

ユーザー傾向求める情報の傾向
サーチ顕在層サービス情報やコンテンツなど
インタレスト潜在層バナー、広告文と関連した情報
リマーケ見込みの高い顕在層検討情報、購買アクション

このように見込み客に比較的近いサーチと別のことをしている中でアプローチされてやってくるディスプレイでは求めている情報や状況がまったく違うため、同一の広告文で訴求するのは適切ではない。

 

ヤマネ「な、なるほど・・・。」
リョウ「現在、もしかして広告文に関するお悩みをお持ちですか?」
ヤマネ「えっ?は、はい。」
リョウ「一度見せてもらえませんか?」
ヤマネ「はい・・・。こちらになります。」

 

《現在の広告文》

タイトル水漏れは○○○○○
説明文安心実績の○○○○○
5,000円の安心価格でご対応

 

リョウ「なるほど。確かに御社は大手ですが必ずしもユーザーのみなさんが社名をご存じかどうかはわからないですよね。」
ヤマネ「た、確かに・・・。」
リョウ「今、5分ほどいいですか?試しにリスティング オートフライトで広告文を再構築してみますので。」
ヤマネ「えっ?いいんですか?」
リョウ「はい。これは未来の・・・いや、じゃぁいきますよ!リスティング オートフライトオン!」
─キュウウウウン、リョウのパソコンがまぶしく光る!─
ヤマネ「こ、これは!?」
リョウ「これが広告文の一例です。」

 

《新しい広告文》

タイトル○○市の水漏れはお任せください
説明文24時間対応、最速30分でお伺いします!
地域最安値をモットーにお客様満足度94%

 

ヤマネ「た、たしかに。より具体的で魅力的だ・・・。これなら・・・!ありがとうございます!早速使ってみます!」



4.しあわせのカタチ

二人の絆

─1ヶ月後─
アンドウ「後半随分巻き返したな。」
ヤマネ「ああ。キャンペーンの後半ではCVが2倍、CPAも30%削減できた。でも結局全体では未達に終わってしまった。部長はカンカンだよ。」
アンドウ「プロジェクトからはずされるのか?」
ヤマネ「昨日、正式に辞令が出たよ。東北の営業所に異動だ。この週末で引っ越せとさ。」
アンドウ「この週末に?また急だな。嫁さんには言ったのか?」
ヤマネ「・・・結婚も白紙だよ。ご両親からの反対にあってさ。」
アンドウ「えっ?まぁ確かに彼女は総務だから本社を離れられないしな・・・。それにしても・・・。」
ヤマネ「まぁ、しょうがないよ。やれることはやった。悔いはないさ。」
アンドウ「週末、見送りにいくよ。」



─週末、東京駅。─
アンドウ「いよいよだな。まぁあっちでもがんばれよ。」
ヤマネ「ああ。またゼロからやり直しだ。」
女性の声「ヤマネさん!」
ヤマネ「マ、マユミさん!」
マユミ「ヤマネさん・・・。」
ヤマネ「マユミさん、どうして・・・?その荷物はいったい・・・。」
マユミ「どうして一緒に来いっていってくれないの!?」
ヤマネ「えっ!し、しかし君のご両親が・・・。」
マユミ「私はもう大人よ!人生の決断は自分でするわ!」
ヤマネ「マユミさん・・・。」
マユミ「部長に無理難題を言われても、最後まであきらめないでやり通したヤマネさんの姿、素敵だった。お願い・・・。言って。」
ヤマネ「・・・一緒に来てくれるかい?」
マユミ「・・・はい。」
ヤマネ「今までとはちがう暮らしになるけど、かまわないかい?」
マユミ「あなたがいれてくれればそれでいいわ。」
ヤマネ「マユミ・・・。」
─駅のホームの片隅で3人を見つめるリョウ。─
リョウ「おっ・・・。《ブラックメン》のシグナルがひとつ消えた。未来が変わったってことか。まぁ、結果オーライってとこかな?さぁて、次の時間座標を目指しますか。」



5.どんな広告文が生成されてどれだけCVが増えるのか?

リョウ「広告文も、しっかりとポイントを押さえないといけないんだね。」
イーグル「そうだな。リスティング広告の成否を分けると言ってもいいかもしれない。」
リョウ「この、リスティング オートフライトはそのあたりも加味したアルゴリズムで、訴求力のある広告文を生成してくれるんだよね?」
イーグル「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、訴求力のある広告文が人手を介すことなく生成され効率良く運用を行うことが可能なんだ。」
リョウ「なるほど!でもいったいどんな広告文が生成されて、どれくらいCVが増加するんだい?」
イーグル「いい質問だな。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した広告文生成と流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今のCVからどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?