《デスゲート完結編》そして検索広告の常識が変わる。まったく新しい《次元》へと。


前回までのあらすじ:
ジャストシステムのマザーコンピューターに仕掛けられた小型爆弾。それを解除するにはデスゲートのボス《隻眼のZ》を倒さなければならない。四天王を撃破し、最強の刺客《メカ・イーグル》を打ち破ったLAFチーム。そしてラストバトルの火ぶたは切って落とされた!

1.アルゴリズムバトルの幕開け

隻眼のZ「ふふふ。アルゴリズムによる高速な広告文生成を行うことができるのが、自分たちだけだと思ったか。」
LAFリーダーK「Z、おまえはまさかリスティング オートフライトのコア・エンジン《SLAT》の設計資料を・・・。」

 

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

 

隻眼のZ「さあな。ここからは俺のアルゴリズム《GHOST》とお前のアルゴリズム《SLAT》、どちらが優れているかの勝負だ。いくぞ、エンジンスタート!《超音速モード》オン!」
LAFチームM「シグナルパターン、レッド!広告文のコピー率80%、ダミーアカウント検出!リーダー、《GHOST》のアルゴリズムがわれわれのアカウントを総攻撃しています。インプレッションシェア下降!」
LAFリーダーK「くっ!こちらも応戦する!コア・エンジン《SLAT》スタート!リスティング オートフライト《超音速モード》オン!」
LAFチームM「リーダー、広告のパフォーマンスが拮抗しています。このままでは勝負がつくまえにマザーコンピューターが破壊されてしまいます!」
LAFリーダーK「いいかM、リスティング オートフライトはエンジニアリングと機械学習によりヒトのナレッジをカタチにしながら成長を続けている。そして、ヒトが引き起こしがちなミスもそれはカバーする。おそらくそれらのアルゴリズムはまだやつの《GHOST》には組み込まれていないハズだ。」

 

《広告文作成でありがちなミス》

・抽象的な表現しかない
「使いやすい」や「低価格」などの訴求はそれだけでは信憑性にかける。「顧客満足度94%」や「1,980円」など具体的な数字や実績を混ぜるのがベター。
・競合に負けた訴求を出す
値段や在庫数などはすぐに具体的な数字を盛り込むことができ、とても使い安いが、同じ出稿キーワードの競合が更に良い条件であれば強みにならない。その場合は運用実績や顧客満足度など、ユニークで他社に勝てる訴求に変えるべき。
・キーワードを入れない
出稿キーワードを広告のタイトルや説明文に入れ込むと表示が太字になったり広告の関連性が上がる効果があるため、よほどでない限りは入れるべき。
・強い訴求を広告の後ろの方に置く
「50%オフの大セール中」など、強い訴求は極力広告文の一行目に入れたほうがクリック率が良くなる傾向がある。
・ABテスト中の広告文を適当に作る
ABテスト中の広告は、適当に作ってもよほど運が良くなければなかなかCTRが改善しない。≪≫の有無や訴求の一部を変えるなど、要素ごとのテストを心がけて数字の変化の理由がはっきり分かるように作成する。

 

隻眼のZ「なにをごちゃごちゃしゃべっている!いくぞ!」

 

隻眼のZの広告文

タイトル中古車は××
説明文《とにかく安く》にお応えします
簡単見積もりで安さを今すぐ実感

 

LAFリーダーK「価格訴求か・・・!では、これでどうだ!」

 

LAFの広告文

タイトル中古車は○○
説明文最大級の在庫から簡単に見つかる!
無料見積もり後来店で粗品プレゼント

 

隻眼のZ「ぐふふふ。在庫訴求でユーザーの不安を解消するつもりか。おもしろい!ならばこれでどうだ!」

 

隻眼のZの広告文

タイトル中古車は××
説明文あなたのお目当てもっと安くできます
まずは無料簡単見積もりで割引体感!

 

LAFリーダーK「くっ!無料というキーワードでより訴求が強まっている・・・!」
LAFチームM「リーダー!」
LAFリーダーK「だ、だめだ・・・!複数アカウントでの《超音速モード》使用は想像以上に体に負担がかかる!」
隻眼のZ「ふははは。どうした、もう終わりか!」
─隻眼のZのアルゴリズムがさらにスピードをあげる─
LAFリーダーK「ぐわぁっ!」
─倒れるLAFリーダーK─
LAFチームM「リーダー!」
LAFリーダーK「ぐっ・・・!M、やつのアルゴリズムは想像以上だ・・・。後はお前に託す。お前なら必ずヤツを止められる・・・!」



2.ナレッジは受け継がれる

受け継がれるとき

隻眼のZ「どうした?マザーコンピューターの爆破まであと1時間を切ったぞ。」
LAFチームM「負けるわけにはいかない!戦って散っていった、みんなのためにも!いくぞ!」

 

LAFの広告文

タイトル中古車は○○
説明文《来店不要》比較から納車までお任せ
購入後にも修理保証や返品保証つき!

 

隻眼のZ「ぬぅ・・・!アフターサービスで安心訴求をさらに高めたか!しかし、まだだ!」

 

隻眼のZの広告文

タイトル中古車は××
説明文50万円以下で買えるほりだしもの多数
無料見積もりで納得価格を即提示

 

─隻眼のZのマシン出力がさらに上がる!─
LAFチームM「くそ!具体的な金額を提示し、しかもスピード訴求も加えている!だめだ、時間がない。こうなったら最後の手段だ!リスティング オートフライト《覚醒モード》オン!」

 

《覚醒モード》とは?
「リスティング オートフライトは自然言語処理技術や機械学習を基盤とした、出稿傾向の分析によりリスティング広告の《トレンド予測》を行うことができる。《主要キーワードの把握》や《時間帯、曜日、月次、年次でのパフォーマンス分析》だけでなく、《インプレッションシェア・オークション分析の監視》など、競合状況も分析し、そのうえでCPCや平均掲載順位を自動的に調整する。そして、その《トレンド予測》に合わせた《未来のキーワード》提案や《広告文の提案》を高スピードで行うのである。」
《ジャスト出版:『心の中の獣を解き放て』より》

 

─Mのマシンが黄金色に輝きはじめ、アルゴリズムが加速する!─
LAFチームM「うぉぉぉぉぉぉ!いくぞぉ!」

 

LAFの広告文

タイトル中古車は○○
説明文50万台から見つけるお気に入りの1台
お手頃価格でもアフターサポート充実

 

隻眼のZ「ぐわっ・・・!なるほど、これが《覚醒モード》か。具体的な数字で訴求しつつ、検索意図や競合を分析し、より納得感のある広告文を生成した、というところか。しかし、アルゴリズムが成長しているのはキサマらだけではない!行くぞ!《GHOST》第二形態!」
─半身が機械で覆われたZの体から、数十本のケーブルが伸び、室内のコンピューターに接続される─
LAFチームM「こ、これは・・・!」
隻眼のZ「ふふふ。これこそが機械とヒトの融合だ。俺はもはやヒトを超えた。俺こそが次世代の《ニュータイプ》だ!」

 

隻眼のZの広告文

タイトル満足価格で中古車購入
説明文50万円以下でも高品質中古車大集合!
予算に応じた納得の一台が見つかる

 

LAFチームM「くそ!説明文だけでなく、タイトルでも価格訴求を際だたせてきた!しかも安心感も訴求している・・・!それなら、こうだ!」

 

LAFの広告文

タイトル失敗しない中古車選び
説明文総在庫50万台の中からワガママ検索
値段から内装まで今すぐ一目で分かる

 

隻眼のZ「ふふふ。安心訴求をタイトルに入れたか。認めてやろう。キサマたちのアルゴリズムは確かに優れている。」
LAFチームM「Z!おまえもかつては優れたリスティングプレイヤーだったはずだ!インハウスでも、代理店でもそれぞれがどんな思いで、何を背負って広告を運用しているかは理解しているはずだ!」
隻眼のZ「だからどうしたと言うんだ。そんなものはムダだ。どれだけ成果を上げても切りが無い。無茶な要求が増えるだけだ。そして待っているのは絶望感と挫折だ。俺がアカウントをつぶすことで未来の絶望から救ってやっているんだ。」
LAFチームM「違う!おまえがやっていることは未来の可能性を奪うことだ!」
隻眼のZ「未来に可能性などない!ならばキサマは未来を切り開けるのか!これでとどめだ!」

 

隻眼のZの広告文

タイトル中古車の限界価格に挑戦
説明文《完売注意》あの名車が488,000円!
あなたの一台が驚き価格で待っている

 

LAFチームM「うわぁぁぁぁっ!」



3.未来からの使者

タイムトラベル

─倒れる、M─
隻眼のZ「茶番は終わりだ。あと5分でマザーコンピューターは破壊される。きさまたちの努力は無に帰す。分かったか。《未来》など無いのだ。」
LAFチームM「くそっ!こんなところで・・・。ダメだ、コンピューターが・・・。」
ナゾの声「これを使え!」
─とつぜん、空間が開き、その中からひとりの青年が現れた。─
ナゾの青年「このメモリスティックを使うんだ。」
隻眼のZ「だ、誰だキサマは!」
LAFチームM「き、君はいったい・・・?」
ナゾの青年「説明している時間はないよ!それは《SLATΩ(オメガ)》。未来のリスティング オートフライトだ!」
LAFチームM「・・・未来のリスティング オートフライト。」
ナゾの青年「早く!パソコンに差し込むんだ!」
─パソコンにメモリスティックを差し込むM。その瞬間、Mのパソコンが虹色に輝き出した!─
隻眼のZ「な、なんだこの輝きは・・・?そしてこの振動は・・・!?」
LAFチームM「うぉぉぉぉっ!いくぞ!《SLATΩ(オメガ)》─!!」

 

SLATΩの広告文

タイトルワガママが叶う中古車選び
説明文50万台の在庫から3分でスピード比較!
《30日まで》最大50%引きの大セール中

 

隻眼のZ「ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
─倒れるZ─
ナゾの青年「その男の左腕にあるのが爆弾の停止スイッチだ!」
─Zに駆けより、左手の停止スイッチを押すM─
コンピューター 「テイシスイッチ・カクニン。バクダンヲカイジョシマス。」
─室内に設置されたコンピューターが一斉に停止する。─
LAFリーダーK「くっ!」
LAFチームM「リーダー!大丈夫ですか!?」
LAFリーダーK「お、終わったのか・・・?」
隻眼のZ「ぐっ、ぐふっ」
LAFリーダーK「Z!」
隻眼のZ「はぁっ、はぁっ・・・。ふ、ふはは。結局キサマには勝てなかったということか、K。」
LAFリーダーK「Z、きっとまだやり直せる。俺と一緒に来い。一緒に未来を創ろう。」
隻眼のZ「くくく・・・。相変わらずキサマは甘いな。・・・行け!爆弾の停止スイッチが押されると同時にこのビルは崩壊する仕掛けになっている。奥の通路から脱出しろ!」
LAFリーダーK「Z!」
隻眼のZ「俺のカラダはここのメインコンピューターに接続されている。補助電源からの電力供給がなければいずれにしても俺はもたない。K。俺はあのときに終わっていたんだ。《GHOST》は俺自身なんだよ。」



4.終章

すさまじい爆発

─ゴゴゴゴゴ。ドカーン。室内のコンピュータが火を噴き、天井が崩れ始める─
LAFチームM「リーダー、急がないと!」
LAFリーダーK「くっ!」
ナゾの青年「急いで!こっちだよ!」
─玉座の後ろの脱出通路に飛び込む3人。ゴゴゴゴゴ。通路が崩れ始める!─
LAFチームM「ダメだ!このままでは崩壊に巻き込まれてしまう!」
LAFリーダーK「くそっ!カラダが言うことを聞かない・・・!《能力》が使えれば・・・」
LAFチームM「うわぁぁぁぁ!」



女性の声「・・・り、しっかりして!」
LAFチームM「はっ・・・!ここは!?」
LAFチームY「ここはジャストシステムのオペレーションルームよ。」
LAFチームM「Yさん!四天王と戦いで爆破に巻き込まれたはずじゃあ・・・?」
LAFチームY「・・・イーグルが助けてくれたのよ。」
イーグルのJ「俺の空間移動能力でな。」
LAFチームM「Jさん!も、もしかしてほかのみんなも!?」
LAFチームN「ハーイ!ワタシも無事デース!」
LAFチームR「俺もなんとか生きてらぁ。」
LAFチームT「・・・ふっ。皆、無事だ。」
LAFチームM「はっ・・・、リーダーは?リーダーは無事なんですか?」
LAFリーダーK「無事だよ。M。」
LAFチームM「良かった・・・。終わったんですね・・・。」
LAFリーダーK「そうだ。戦いは終わった。悪の組織デスゲートは壊滅した。」
LAFチームM「そういえば、あのナゾの青年は・・・?」
イーグルのJ「ナゾの青年?俺が駆けつけたときにはそんな人間はいなかったぜ?」
LAFチームM「あ、メモリスティック!・・・無くなっている・・・。」
LAFリーダーK「・・・皆、聞いてくれ。デスゲートは崩壊した。しかし、我々のミッションはまだ終わっていない。これからが本番だ。これから先もいろんな困難が待ち受けているかも知れない。だが、我々ならきっと乗り越えられるはずだ。」
LAFチームM「はい・・・。そういえば・・・、Zが話していた《プロジェクト・カーツワイル》って何なんですか?」
LAFリーダーK「そうだな。Mにはまだ話していなかったな。《プロジェクト・カーツワイル》とは・・・」



─20XX年・ニュー新宿─
老人「で、父親には会えたのか?」
ナゾの青年「まあね。ほとんど話せなかったけど。でも、これできっと未来は変わるはずだ。」
男性「リョウ!やつらがまた攻めてきた!ここはもう危険だ!」
リョウと呼ばれた青年「くそっ!感づかれたか!」
老人「リョウ、次の時間座標は2015-09だ。我々のことは心配するな。おまえはもう一度過去に飛べ。」
リョウ「しょうがないな!」
─青年が大きなバイクのようなマシンにまたがると、その前に真っ黒な空間が口を開けた─
リョウ「さっき戻ったばかりだってのに!じゃあひとっ走り行ってくるよ!」



─LAFLab・デスゲート編《完》、第3部へと続く─

5.どんな広告文が生成されてどれだけCVが増えるのか?

LAFチームM「《広告文》には押さえるべきポイントや、訴求方法がたくさんあるんですね。」
LAFリーダーK「そうだね。それらは長い間かけて磨かれたナレッジなんだ。」
LAFチームM「リスティング オートフライトでは独自の自然言語処理技術とエンジニアリング、機械学習でそれらのナレッジを反映した広告文を自動で作成してくれるんですね。」
LAFリーダーK「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、訴求力のある広告文が人手を介すことなく生成され、入札も効率良く運用を行うことが可能なんだ。」
LAFチームM「なるほど!でもいったいどんな広告文が生成されて、どれくらいCVが増加するんですか?」
LAFリーダーK「いい質問だね。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した広告文生成と流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今のCVからどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?