《AI=人工知能》による検索広告運用が、マーケティングのブレークスルーとなる。


今回もまた、《LAFLab》に登場頂いた方々に、リスティング オートフライトを利用し始めたきっかけや、その効果などをうかがいながら、高効率運用のヒミツについて深掘りします。

1.広告グループの最適化でCPAが大幅改善

M「皆さん、今回はお集まりいただきありがとうございます。」

M「今回は、皆さんにリスティング オートフライトでの具体的な成果についてお話しいただければと思っていますが、Hさんはその後いかがですか?」

代理店S社のH「いやぁ、その節はお世話になりました。弊社は広告代理店なのですが、運用の多くをリスティング オートフライトで行っています。おかげさまで今まで運用に掛かっていた負荷も大幅に軽減でき、その分クライアント様との綿密な打合せや戦略策定に時間を割くことができ、サービスの向上にとても役立っています。」

M「なるほど。お役に立てて良かったです。あのときは《広告グループ》に課題がありましたよね?」

代理店S社のH「そうです。お恥ずかしながら、キーワードの《グルーピング》が充分されていませんでした。」

M「その結果、広告の《関連性》が低くなり《品質スコア》が下がってしまっていたんですよね。」

代理店S社のH「その通りです。ただ、当時はスタッフも少なく数多くある案件のひとつひとつのキーワードグループを最適化する時間がなくて・・・。」

M「確かに、ひとりで複数案件担当しているとなかなか時間を割く余裕もないですもんね。」

代理店S社のH「リスティング オートフライトを利用し始めてからは、それは解消されました。自動的に、文字通りオートフライトで最適なグループ設定を行ってくれるんですから。」

M「具体的にどのくらい改善しましたか?」

代理店S社のH「そうですね。案件にもよるのですが、中にはCPAが半分以下になった案件もありました。」

M「すばらしいですね(笑)」

代理店S社のH「はい。今後もさらなる機能追加があるそうなので、非常に期待しています。」

広告グループに関する詳しい記事は
《シゴトの集中豪雨》から解放される《リスティングのコツ》。をご覧ください。

2.狙い目は《プレミアムテールワード》

ハイスピード

マーケ担当A「僕の場合は広告主側、つまり《インハウス》でリスティング運用を行っていました。でも正直運用は大変でしたね。」

M「Aさん、それはそうですよ。50,000以上のキーワードを300以上の広告グループに分けて、それぞれに対して適切な広告文の運用を行っていたんですから。」

マーケ担当A「正直、運用しながらも成長が鈍化しているという認識ではいました。日々の運用で手一杯で新しいプロダクトや施策まで考えが回らなくて・・・。」

M「その現状をリスティング オートフライトが《打破》したと・・・。」

マーケ担当A「はい。まずは《プレミアムテールワード》という概念を持っていなかったので驚きました。」

M「数ある中でもCVが一定数稼げて、CPAがかなり安い、パフォーマンスのいいキーワードのことですね。」

マーケ担当A「そうですね。概念とその効果が分かっても実際それを見つけようとすると検索クエリをほじくったり、流入キーワードを分析したり、実際運用するにはとても手間がかかるんですよね。」

M「その点、リスティング オートフライトではそのような《プレミアムテールワード》も《自動で》提案可能ですからね。」

マーケ担当A「例えば、弊社は書籍関連のサービスを運用しているのですが、《小説》というキーワードは主軸キーワードでCV数も多いのですが、CPAが2,500円以上になっています。一方、《本 帯》というキーワードはCV数こそ主軸キーワードの5分の1程度ですが、CPAは200円と10分の1以下です。」

M「そのような費用対効果のよいキーワードを多数運用することで全体のCPAを下げることができる、という訳ですね。」

マーケ担当A「はい。おかげで、一旦成長が横ばいになった事業も今は右肩上がりに成長しています。」

プレミアムテールワードに関する詳しい記事は
現状打破する《キーワード戦略》。限界突破の《プレミアムテールワード》をご覧ください。

3.ヒトのナレッジをカタチにするということ

都会のビル群

M「Wさんはその後いかがですか?」

通信会社担当W「私はチームでリスティング広告を運用しているのですが、実は一番手間に感じていたのは《広告文》なんです。」

M「確かに。キーワードが多くなればなるほど、負荷は高まりますよね。」

通信会社担当W「しかも、成果に直結します。」

M「かなり重要なポイントになりますが、どのように運用されていたんですか?」

通信会社担当W「完全にアナログな運用です。チームでグループを分担して、それぞれが独自に《広告文》を作成していました。特にガイドラインもなくバラバラの運用です。」

M「担当者の方によって、訴求内容なども異なっていたんですね。」

通信会社担当W「はい。フタを開けてみれば、押さえるべき《セオリー》がしっかりと押さえられていない《広告文》がアカウントの中に多数混在する状況でした。」

M「《セオリー》というのは例えば?」

通信会社担当W「いろいろありますが、キーワードを入れる、とか具体的な数字を入れる、アクションを入れる、などですね。」

M「そのあたりの課題解決にリスティング オートフライトが上手く機能したというワケですね?」

通信会社担当W「はい。まず、《ヒトのナレッジをカタチにする》という考え方にピンときました。」

M「エンジニアリングと機械学習によりAI=人工知能にリスティングのナレッジ=セオリーが組み込まれているということですね。」

通信会社担当W「実際にわずか数分で出来上がった多数の《広告文》を見て驚きました。押さえるべきポイントを見事に押さえていたからです。」

 

タイトル【△△ひかり】公式サイト
説明文大人気キャンペーンで初期費用30%オフ!
≪31日まで≫工事費無料キャンペーン中

 

M「高い自然言語処理技術を持つジャストシステムならではですね。」

広告文のセオリーに関する詳しい記事は
《WEB流入》が《ロケット噴射》するスイッチ。《クリック率》音速アップの必読セオリー。をご覧ください。

4.広告文の改善でCTRが《3倍》に

ハートフル

保険会社役員A「私も広告文の生成については、舌を巻いたわ。」

M「Aさん、お久しぶりです。その節はお世話になりました。Aさんの業種はかなり競争も激しいですよね。」

保険会社役員A「その通りよ。各社時間とコストをかけてしのぎを削っているわ。」

M「当然、御社も例外ではないと。」

保険会社役員A「ええ。専門チームを作って広告文の精査は慎重に行っていたつもりだったの。」

M「それだけの体制で運用しても、成果が伸び悩んでいたというワケですね。」

保険会社役員A「そうね。理由はいくつかあって、ひとつは《競合調査》が不十分だった点と、《検索意図》を考えるという点ね。」

M「リスティング オートフライトは単に掛け合わせなどで広告文を生成するのではなく、《競合の出稿傾向》や《検索クエリのインサイト》を加味した上で、最適な訴求文言を提案できますからね。」

保険会社役員A「それだけじゃなく、自社のランディングページを解析し、その内容に沿ったオリジナルの広告文を生成できるという点も魅力的だったわ。自社の強みをしっかりと打ち出し、CTRも《3倍》にすることができたのよ。」

M「しかも、それらを24時間365日、文字通り《オートフライト》で改善し続ける、と。」

保険会社役員A「今のマーケティングチームはそれまでの《作業》から開放されて、さらにクリエイティブな戦略策定に多くの時間を割くことができるようになったわ。」

広告文によるCTR向上に関する詳しい記事は
ねぇ、広告文の工夫でCTRが《3倍》になるってほんとうなの?をご覧ください。

M「皆さん、ありがとうございました。インハウスで運用されていたり、代理店として運用していたり、さまざまな立場の方から貴重なご意見をいただけました。共通して言えるのは《運用》における課題が多くあったということですね。」

代理店S社のH「確かに。人的、リソース的な問題であったり。」

マーケ担当A「作業工数の問題であったり。」

通信会社担当W「担当が変わったり、ナレッジを共有できない問題もあるね。」

保険会社役員A「確かに。でも今では《運用》や《体制》もボトルネックでは無くなったわね。」

M「その通りですね。運用をAI=人工知能に任せることで、成果を上げるための戦略策定に集中できる、ということですね。皆さん、今日は本当にありがとうございました。引き続き、リスティング オートフライトをよろしくお願いいたします。」

5.リスティング オートフライトでどれくらい成果が出るか?

M「今回、数名の方から話をお聞きして、リスティング オートフライトの強みを再認識しました。」

Mの上司K「Mはまだ入社して5ヶ月だからね。」

M「はい。まず、ATOKを初めとした優れた《自然言語処理技術》を持つジャストシステムが提供しているということ。それとその技術を基盤とした《キーワード自動生成》、《広告文自動生成》、《入札自動調整》といったサービス。」

Mの上司K「それらをすべてAI=人工知能が行う。《ヒトのナレッジ》をカタチに、ということだね。」

M「まさにオートフライト、なサービスですね。」

Mの上司K「そのとおり。自動的に行うことで単に《負荷軽減》できるだけでなく、グループ単位、キーワード単位など《きめ細かい運用》が可能なんだ。それも24時間365時間《改善し続ける》。結果として、成果が《最大化》できるんだ。」

M「でも、いったいどれくらい今よりも改善が見込めるんでしょうか?」

Mの上司K「いい質問だね。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今の流入からどれくらい有効なCV増加や流入増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?