面倒なキーワードの《グルーピング》をボタン1つで。俺たちの広告が猛スピードで走り出す。


1.ファイナルバトルの幕開け

─新宿、デスゲート本社─

ひとり虚空を見つめるデスゲート社長、《隻眼のZ》。
彼が誇るデスゲート四天王は全員、Kのチームによって倒された。
そして今、彼はまさに最後の戦いを仕掛けようとしていた・・・。

隻眼のZ「ぬぅ・・・。K、貴様には、貴様にだけは絶対に負けん。俺は必ず貴様に勝ってみせる!」

─ゴゴゴゴゴ・・・・─

隻眼のZ「よみがえれ!四天王達よ!我が技術の粋ををその身に宿し、総力を挙げてKのチームをたたきつぶせ!!」

─目の前の4つのカプセルからそれぞれ、機械のボディを持った、かつての四天王達が現れる・・・─

メカ・バラキート「シュシュシュシュ。必ずや。」

メカ・ピーコック「ウフフ。次こそは仕留めてみせるわ。」

メカ・レイヴン「フッ。もう負けはしない。」

メカ・アルバトロス「ケッケッケッ。お任シェくだシャい。」

隻眼のZ「我がデスゲートの技術の粋を集めて、再生したサイボーグ戦士たち。個々の特殊能力に加え、最強のリスティングアルゴリズム、《デス・アルゴリズム》を搭載している。クックックッ。さぁ!ショーの幕開けだ!!」



─同じく新宿、ジャストシステム─

LAFリーダーK「デスゲートの幹部だったイーグルも、もはやいない。ついに追い詰めた。」

LAFチームM「後は、Zを残すのみですね。やつは何か仕掛けてくるでしょうか?」

LAFリーダーK「ああ。このまま引き下がるようなやつじゃない。油断はできないな。」

LAFチームT「シグナルキャッチ!リーダー、デスゲートからメッセージが!!」

LAFリーダーK「なんだと!」

 

《親愛なるKへ》
四天王撃破、おめでとう。私を追い詰めたと思っているだろうが、追い詰められたのは君たちの方だ。君たちの心臓、《マザーコンピューター》に爆弾をしかけた。タイムリミットは24時間。君たちのこれまでの努力は無に帰す。解除方法はただひとつ。タイムリミットまでに私が持つコアエンジンを停止させることだ。君たちの最後にふさわしい舞台を用意した。この挑戦を受けるかどうかは君たち次第だ。健闘を祈る。

 

LAFチームM「な、何だって・・・!?」

LAFリーダーK「何てことだ・・・。技術班!至急爆弾の解除方法を解明してくれ!みんな、今すぐデスゲートに乗り込むぞ!もちろんMもだ!!急げ!!」

LAFチームM「はい!」



2.アカウントを制するもの

不気味なメカ

─新宿、デスゲート本社に到着したLAFチームのメンバー達─

LAFリーダーK「・・・いよいよラストバトルだ。みんな、用意はいいか?」

LAFチームT「・・・フッ。聞くまでもない。」

LAFチームY「・・・OKよ。」

LAFチームN「任せてくだサーイ!」

LAFチームR「さぁ、ひと仕事だぁ」

LAFチームM「行きます!!」



─デスゲート本社1階。
暗闇の中、髪の毛をオレンジに染めた男が一人。─

メカ・バラキート「シュシュシュ!よくここまで来たなぁ。貴様ら。」

LAFリーダーK「貴様は・・・!バラキート。既に始末されたと聞いていたが・・・。」

メカ・バラキート「シュシュシュ。Z様の技術力によって我々四天王は再び生を得た。ここを通りたくば、リスティングで俺に勝ってからにしな。」

LAFリーダーK「くっ・・・!」

メカ・バラキート「いくぞ!シュシュシュー!!」

─メカ・バラキートのボディからパソコンが現れた!─

LAFチームT「シグナル確認、パターン《レッド》!デスゲートのアカウントが我が社のアカウントを攻撃しはじめた!広告文のコピー率90%、キーワードのコピー率77%!次々と広告グループのパフォーマンスが落ちている!」

LAFリーダーK「まずい!まだ《リスティング オートフライト》を導入していないサービスだ!対決するには急いでアカウントを構築しなければ・・・!」

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

 

LAFチームR「どうやら、ここは俺っちの出番のようだなぁ」

LAFリーダーK「R!確かに、アカウント構築スペシャリストのおまえなら・・・!」

メカ・バラキート「シュシュシュ。《千里眼のR》。知ってるぜ。オマエのことは。」

LAFチームR「みんなは先にいけぇ。ここは俺っちが食い止める。《リスティング オートフライト》パワーオン!《音速モード》突入!」

LAFリーダーK「任せたぞ!R!」

─階段を先に上り始めるK達─

千里眼のR「さぁて。リスティングで重要なのは《グルーピング》だ。」

 

◆グルーピングの役割

グルーピングには「訴求点をまとめる」という役割がある。
たとえば1万のキーワードを一つの広告グループで運用すると
すべてのキーワードに同一の訴求で出稿されてしまう。
これではそのキーワード本来のパフォーマンスが得られない。
これを人的リソースが許す限りの範囲で細かくグルーピングしていくと
各キーワードに適切な訴求をあてることができるようになる。

 

◆グルーピングのポイント

・できるだけ細かく
理想は「1広告グループ1キーワード」
細かくすればするほど広告の訴求力が深まる。

 

・細かくしすぎない
理想は「1広告グループ1キーワード」
細かくすればするほど広告の訴求力が深まる。
広告グループが増えれば増えるほど、
扱う広告の数が増えていき、管理が難しくなる。
あくまで管理しきれる範囲でグルーピングすること。

 

・柔軟に再グルーピングする
運用しているうちに新たなキーワードや、
当初のグルーピングの問題点が現れるのは当たり前。
その都度キーワードの移動や追加、新しい広告グループの
作成を行い、常にそのときに最もふさわしいと思える分類を追求すること。

 

◆グルーピングの手順

カメラメーカーの出稿キーワード例
カメラ
カメラ 撮影方法
カメラ 購入
カメラ 買い換え
スマホ カメラ
カメラ 撮影場所
デジカメ 比較
カメラ 比較
デジカメ 安売り

 

上記のキーワード例をよく見ると、
それぞれ訴求対象や効果的なセールスポイントが違うことが分かる。

たとえば、「カメラ」というキーワードは包括的で、多数の検索数が得られるが、
一眼レフのことなのかスマホのカメラのことなのか、
購入したいのかカメラそのものの歴史を知りたいのか、
検索の意図をこの時点では殆ど読むことが出来ない。

一方、「デジカメ 比較」というキーワードでは、
デジカメを買うことを決めた、もしくは検討している人が、
自分の条件にあった購入対象をこれから決めたいという意図が読み取れる。

このようにこれら二つのキーワードでは検索意図が大きくことなるので、
同じ広告文を出稿するのは得策ではない。

 

グルーピングの例

グルーピング例1グルーピング例2
カメラカメラ_単体カメラ_単体
カメラ 撮影カメラ_複合カメラ_撮影
カメラ 撮影方法カメラ_複合カメラ_撮影
カメラ 購入カメラ_複合カメラ_購入
カメラ 買い換えカメラ_複合カメラ_買い換え
スマホ カメラスマホ_複合スマホ_カメラ
カメラ 撮影場所カメラ_複合カメラ_撮影
デジカメ 比較デジカメ_複合デジカメ_比較
カメラ 比較カメラ_複合カメラ_比較
デジカメ 安売りデジカメ_複合デジカメ_安売り

 

グルーピング例1では

カメラ、スマホ、デジカメといった
情報を求める対象物で分けている。
訴求のポイントは分散していて荒いが、
管理の負担は小さい。

グルーピング例2では

各キーワードの訴求を分類し、
カメラのようなビッグワードは個別に分類することで
キーワードと訴求が極力ずれず、
重要なキーワードは注意して追える構造になっている。
管理の負担は大きい。

 

このように、運用の負担を考慮しつつ最適なグルーピングを行うことが重要だ。
そして、もちろん《リスティング オートフライト》ならそのグルーピングも《オート》だ。

 

千里眼のR「さらに行くぜぇ!キーワード自動生成、広告文自動生成!《音速モード》フルアクセル!!」

─シュゥゥゥ、ボンッ。メカ・バラキートのパソコンがショートする。─

メカ・バラキート「ぐはっ!ば、ばかな・・・。デス・アルゴリズムを上回るとは・・・。」

千里眼のR「・・・どうやら、勝負はついたようだねぇ。」

メカ・バラキート「ガガ・・・。ピー・・・。」

千里眼のR「おやおや、アルゴリズムが暴走しはじめたようだねぇ。」

メカ・バラキート「ガ・・ガガ。バク・ハツします。」

千里眼のR「おっと、これはまずいね。俺もK達を追いかけるか。」

─ガシッ。Rの両腕を掴んで話さないメカ・バラキート─

千里眼のR「!」

メカ・バラキート「オマエモミチヅレダ。」

─ドカーン!!!!─

LAFチームM「!、リーダー1階から爆発音が!!Rさんが心配です。一旦戻りましょう!!」

LAFリーダーK「時間が無い!M、大丈夫だ。Rのことなら心配ない。彼はこんなところでやられるやつじゃない。」

LAFチームM「くっ・・・!わ、わかりました・・・。」

LAFチームY「先を急ぐわよ。」



3.襲い来る刺客

らせん階段

LAFリーダーK「はぁ、はぁ、はぁ・・・。なんて長い階段だ。」

LAFチームM「かれこれ1時間は階段を登っています。もう足が持ちません・・・。」

LAFリーダーK「おかしい。いくらなんでも階段が長すぎる。外からみたときはそんなに高い建物じゃなかったはずだ。」

LAFチームY「・・・どうやら、敵の術中にはまったみたいね。」

LAFリーダーK「Y!」

LAFチームY「みんなちょっと待って。私の目を見て。いい、いくわよ!」

─Yの目が青く光る。
次の瞬間、目の前の階段は消え去っていた。─

LAFチームM「ここは・・・。2階の入口?」

メカ・ピーコック「おとなしく催眠術に掛かっていればいいものを。」

LAFチームY「あなたは・・・!?」

メカ・ピーコック「やはり前回のバトルで私の催眠術を解いたのはあなただったのね。《広告文の魔術師Y》。」

広告文の魔術師Y「久しぶりね。ピーコック。マスターのもとを離れて以来かしら。まさか、デスゲートにいたとは・・・!」

メカ・ピーコック「ここは通さないわよ。」

広告文の魔術師Y「みんな、ここは私に任せて。先に進んでちょうだい。」

メカ・ピーコック「通すものか!もう一度催眠術にかかるといい!!」

─メカ・ピーコックの両目が妖しく光る!
その瞬間、Yの全身から青白い炎が燃え上がった!─

メカ・ピーコック「うっ・・・!きさま、邪魔するな!!」

広告文の魔術師Y「あなたの相手は私、と言ったはずよ・・・!」



─ラストバトルの火ぶたは切って落とされた!
次なる刺客は《メカ・ピーコック》。広告文の対決の行方は!?

4.グルーピング最適化によってどんな広告文が生成されてどれだけ流入が増えるのか?

LAFチームM「《グルーピング》って重要なんですね。」

LAFリーダーK「そうだね。どのような訴求をするのか、ということはつまり《広告文》などのクリエイティブにも大きな影響を及ぼすんだ。」

LAFチームM「リスティング オートフライトでは《グルーピング》もしてくれるんですか?」

LAFリーダーK「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、《適切なグルーピング》がされ、最適な《広告文》が自動的に生成される。」

LAFチームM「なるほど!でも《グルーピング最適化》でいったいどんな《広告文》が生成されて、どれくらい流入が増加するんですか?」

LAFリーダーK「いい質問だね。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した広告文生成と流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今の流入からどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?