激戦!究極の《リスティング対決》!!覚醒せよ、音速の向こう側へ


1.背水の陣

─新宿・悪の組織デスゲート─

デスゲート社長Z「ぬぅぅ。ついにデスゲート四天王が全員、リスティング オートフライトに敗れ去ってしまった。」

イーグルのJ「・・・」

デスゲート社長Z「イーグルよ。わかっておるな?」

イーグルのJ「はっ。もはや私がいくしかないかと。」

デスゲート社長Z「うむ。しかし相手はあのKだ。勝算はあるんだろうな?」

イーグルのJ「私の特殊能力を持ってすれば、リスティング オートフライトと互角以上に戦えます。」

デスゲート社長Z「もはや退くことはままならぬ。全力でたたきのめせ。」

イーグルのJ「お任せください。」



─とある国内のビーチ─

LAFチームM「うわー海だー!」

LAFエンジニアY「・・・子供みたいね。海くらいで。」

LAFチームM「いいじゃないですか!今日は社員旅行なんですから!楽しみましょう!」

LAFリーダーK「おいおい。あまりはしゃぎすぎてケガとかするなよ。さぁ、じゃあホテルにチェックインしたら早速ビーチにいこうか。」

LAFチームM「はい!」



LAFチームM「いや~。ビールがおいしい。あれ?Yさん、泳がないんですか?」

LAFエンジニアY「・・・ないの。」

LAFチームM「えっ!?何ですか?」

LAFエンジニアY「泳げないのって言っているの!ほっといて!」

LAFチームM「す、すみません・・・。(相変わらずあたりがキツいなぁ)」

─ビーッ、ビーッ、ビーッ─

LAFエンジニアT「・・・緊急アラートだ。リスティング オートフライトが何かの異常を検知した。」

LAFチームM「えっ!?」

LAFリーダーK「T、パソコンをセッティングしてくれ。嫌な予感がする。」

LAFチームM「せっかくの海なのに~・・・」



2.激闘!頂上決戦!!

イーグル

─ビーチでパソコンを広げるLAFチーム─

LAFリーダーK「状況はどうだ、T」

LAFエンジニアT「・・・シグナルパターン《レッド》。デスゲートだ。」

LAFチームM「デスゲート!こんな時に!!」

LAFエンジニアT「ちょっとまて。これは・・・。」

LAFリーダーK「どうした?」

LAFエンジニアT「シグナルの数が異常に多い。50以上発生している。つまり、50以上のウチのアカウントがデスゲートに攻撃されている。Yおまえのパソコンでもちょっと見てくれ。」

LAFエンジニアY「・・・広告文のコピー率、90%。ほとんどのキーワードで広告文がコピーされているわ。」

LAFチームM「それだけじゃありません!おびただしい数の《ダミーアカウント》が生成されています!我々のアカウントの露出が急激に下がっています!」

LAFリーダーK「まずいな・・・。これは今までと攻撃の規模が違う。よし、リスティング オートフライトを起動させよう。一旦ホテルに戻るぞ。」

 

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

 



─新宿、悪の組織デスゲート─

50台のパソコンを一人見つめるイーグルのJ。

イーグルのJ「フフフ。おまえ達の行動は既に調査済みだ。のんびり海で休みたいところだろうが、悪いがそうはさせない。そこがおまえ達の墓場だ。」

パソコンの画面が次々と変化していく。イーグルの手もとは見えない。

イーグルのJ「俺の能力は《空間移動》。手もとだけを《空間移動》させることにより、数十台のパソコンをほぼ同時に操ることができる。フフフ、フハハハハハハ。」



─海辺のホテル、Kたちの部屋─

LAFリーダーK「ひとまず、ここを緊急作戦本部にする。状況はかなり厳しい。ここまでの大規模な攻撃は今までは無かった。やつらも本気を出してきた、というところだろう。T、リスティング オートフライトのシミュレーションはどうだ。」

LAFエンジニアT「すでに全アカウントを《音速モード》に移行させた。キーワードと広告文の再生成はほぼ完了している。向こうもこれだけのアカウントを一度に再構築するのはほぼ不可能だろう。」



─新宿、悪の組織デスゲート─

イーグルのJ「来たな。リスティング オートフライトのキーワード・広告文自動生成か。甘いな、私にかかればアカウントの再構築など造作も無い。」

50台のパソコンが一斉に動き出す。

イーグルのJ「ツールの性能の違いが、戦力の決定的差でないということを教えてやる。」



─海辺のホテル、Kたちの部屋─

LAFエンジニアT「・・・ダメだ。向こうも驚くべきスピードでアカウントを再構築している。」

LAFリーダーK「こうなったら《超音速モード》しかないか。」

LAFエンジニアY「無理よ。50ものアカウントを一斉に《超音速モード》に突入させれば、パソコンはもちろん、運用者の体にも大きな負担がかかるわ。」

LAFチームM「わかりました。僕がやります。」

LAFリーダーK「いや。Mは残っていてくれ。TとYにお願いしよう。君たち、頼む。」

LAFエンジニアY「・・・しょうがないわね。じゃあ行くわよ!《超音速モード》オン!」

─2人のパソコンがまぶしく光る!
ヴィーーーーーーーーンンンン─

LAFエンジニアY「きゃあああああ!」

LAFエンジニアT「ぐっ・・・!」

LAFチームM「Yさん!Tさん!うわぁぁぁぁ!」

─バシュッ!シュゥゥゥゥ・・・─

床に倒れる二人。

LAFチームM「Yさん、Tさん!・・・気絶している。」

LAFリーダーK「くっ・・・。さすがに50アカウントへの《超音速モード》は反動が大きい・・・。M!大丈夫か!」

LAFチームM「僕は大丈夫です。でも、YさんとTさんが・・・。」

LAFリーダーK「うむ。ひとまずそのまま寝かせておいてやれ。これでアカウントが落ち着けばいいが・・・。」

LAFチームM「リーダー!ダメです!《超音速モード》を上回るスピードでキーワード生成と広告文生成がされています!」

LAFリーダーK「バ、バカな・・・。リスティング オートフライトのスピードを上回るというのか・・・。」



3.覚醒─音速の向こう側─

覚醒モード

─新宿、悪の組織デスゲート─
妖しい光をはなつ50台のパソコン。
その前で倒れるイーグル。

イーグルのJ「はぁ、はぁ、はぁ・・・。こ、これがリスティング オートフライト。恐るべきスピードだ。しかし、どうやら私の《勝ち》のようだな。」



─海辺のホテル、Kたちの部屋─

LAFチームM「リーダー!何か方法は無いんですか!?このままではウチのクライアントに多大な迷惑をかけてしまいます!」

LAFリーダーK「・・・」

LAFチームM「リーダー!!」

LAFリーダーK「ひとつだけ、ある。」

LAFチームM「教えてください!その方法を!!」

LAFリーダーK「しかし、あまりにも危険だ。それにこの方法はリスティング オートフライトが《適合者》だと認めた人間にしか使うことができない・・・。」

LAFチームM「そ、そんな・・・。」

─Mの両手がパソコンに触れる・・・その瞬間!
パソコンが黄金色に輝いた!─

LAFリーダーK「M、君は・・・。ま、まさか君が《適合者》だと言うのか・・・。」

LAFチームM「僕が・・・《適合者》・・・。」

LAFリーダーK「いいだろう。いずれにしても、もうこれしか方法はない。やってくれるか!?」

LAFチームM「はい!」

LAFリーダーK「では、いくぞ!リスティング オートフライト《覚醒モード》!!!」

 

《覚醒モード》とは?
「リスティング オートフライトは自然言語処理技術や機械学習を基盤とした、出稿傾向の分析によりリスティング広告の《トレンド予測》を行うことができる。《主要キーワードの把握》や《時間帯、曜日、月次、年次でのパフォーマンス分析》だけでなく、《インプレッションシェア・オークション分析の監視》など、競合状況も分析し、そのうえでCPCや平均掲載順位を自動的に調整する。そして、その《トレンド予測》に合わせた《未来のキーワード》提案や《広告文の提案》を高スピードで行うのである。」
《ジャスト出版:『心の中の獣を解き放て』より》

 

LAFチームM「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

─Mの体が黄金色に輝く!
キュィィィィーン・・・─



─悪の組織デスゲート─

イーグルのJ「こ、これは、何だこの《キーワード》は!?全く予測ができない!それにこのスピードは・・・!

ぐわぁぁぁぁぁぁぁl!」

─ボンッ、ボンッ、次々とショートするパソコン。─

イーグルのJ「こ、この私が・・・。くっ・・・。このままでは終わらせんぞ!!」



4.侵入、そして再会

マザーコンピューター

─新宿、ジャストシステム社、セントラルルーム。─
ここにはリスティング オートフライトのコアエンジン《SLAT》をはじめとする
すべてのテクノロジーをコントロールする《マザー・コンピューター》が置かれている。

突如、空間にゆがみが発生し、男が現れた・・・。

イーグルのJ「はぁ・・・。はぁ・・・。さすがにジャストシステムが誇るセキュリティシステムだ。エネルギーフィールドが無数に張り巡らされている。しかし、私に通り抜けられない空間はない。」

─マザー・コンピューターに近づく、イーグル。─

イーグルのJ「くっ・・・。こうなったら最後にこのマザー・コンピューターを破壊してやる!」

─その時、再び空間にゆがみが発生し、別の男が現れた。─

LAFリーダーK「そこまでだ。」

イーグルのJ「バ、バカな!きさまは今、ホテルの一室のはず・・・!?」

LAFリーダーK「空間移動能力を持っているのはおまえだけではない。」

イーグルのJ「くそ!こうなったら貴様もろとも!」

─ビシッ!Kの手刀がうなる!─

LAFリーダーK「いい加減目を覚ませ!J!!」

イーグルのJ「ぐっ・・・」

─その場に倒れ込むイーグル─

LAFリーダーK「そろそろいいだろう。Y、来てくれ。君の能力でJの洗脳を解いてくれ。」

LAFエンジニアY「・・・わかったわ。イーグル、私の目を見て。」

イーグルのJ「う・・・うぅ。」

LAFエンジニアY「戻りなさい。本来の自分に・・・。」

J「はっ・・・。ここは、俺はいったい!?」

LAFリーダーK「やっと目が覚めたか。J。」

J「に、兄さん・・・!?」

LAFリーダーK「おまえは、ずっとデスゲートのZに操られていたんだ。」

J「俺が、操られて・・・。思い出した・・・。あの日、俺はヤツに呼び出されて・・・。」

LAFリーダーK「J。おそらくやつは最後の勝負に出てくるだろう。お前のその力を貸してほしい。」

J「兄さん・・・」



5.エピローグ

夕焼けの新宿

─翌日、新宿・ジャストシステム─

LAFチームM「リーダー、ダミーアカウントの削除を確認しました。我々のアカウントのパフォーマンスも回復しています。」

LAFリーダーK「そうか。なんとかしのいだな。Y、それにT、体の調子はどうだ。」

LAFエンジニアT「・・・さすがに50アカウント分の《超音速モード》は体に負担がかかる。正直ぐったりだな。だが、問題が解決して良かった。」

LAFチームM「せっかくの海をエンジョイできなかったのは残念だったけど、でも改めてリスティング オートフライトのすごさを実感できました!さぁ今日もバリバリ頑張りましょう!」



LAFリーダーK「・・・行くのか。」

さすらいのJ「悪い、兄さん。俺はみんなにさんざん迷惑を掛けてきた。一緒には戦えない。」

LAFリーダーK「どこに行くんだ。」

さすらいのJ「さぁね。北へ。もう一度自分を鍛え直すよ。」

LAFリーダーK「わかった。止めはしない。元気でな。」

さすらいのJ「兄さんこそ。じゃあな。」



─残すはデスゲート社長、《隻眼のZ》のみ。
いよいよ最後の決戦の火ぶたが切って落とされる!!─

6.どんな広告文が生成されてどれだけ流入が増えるのか?

LAFチームM「《トレンド予測》って重要なんですね。」

LAFリーダーK「そうだね。ビジネスには繁忙期と閑散期があることが多く、業態によってはそれによってビット調整やキーワード、広告文の調整をきめ細かくしていく必要があるんだ。」

LAFチームM「リスティング オートフライトでは《トレンド予測》もしてくれるんですか?」

LAFリーダーK「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、《トレンド》に最適化され、リスティングのパフォーマンスが大きく改善する。」

LAFチームM「なるほど!でもいったいどんな広告文が生成されて、どれくらい流入が増加するんですか?」

LAFリーダーK「いい質問だね。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した広告文生成と流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今の流入からどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?