ねぇ、広告文の工夫でCTRが《3倍》になるってほんとうなの?


1.お父さんなんて大嫌い

─ある男の回想シーン─

男性「気分は大丈夫かい?」

女性「大丈夫よ。とてもいい気分。」

男性「そうか、今日は天気もいい。少し街まで散歩するか。」

女性「あなた。お願いがあるの。」

男性「なんだい?」

女性「生まれてくるこの子のために、保険に入っておきたいの。」



─新宿、とある生命保険会社─

保険会社役員A「ですから、もっとネット事業に注力すべきなんです!」

保険会社社長「すべての人がネットを有効活用できる訳では無いだろう。インターネットはあくまで他を補完するためのものだよ。」

保険会社役員A「父さんはぜんぜん分かっていない!そんなことじゃ今の若い世代は取り込めないわ!」

保険会社社長「会社では社長と呼びなさい。だが、ここ半年の売上げはほぼ横ばいじゃないか。」

横ばいの成果

保険会社役員A「そ、それは・・・。」

保険会社社長「もっと他にもやるべきことがあるはずだ。もう一度よく考えてみるんだ。」

保険会社役員A「違うわ。やり方に課題があるだけ。必ず実績を伸ばしてみせるわ。父さんのやり方は古い。」

保険会社社長「だが、従業員は皆、私を支持している。」

保険会社役員A「どうかしら?3ヶ月後の役員会議で私は父さんの社長解任を要求するつもりよ。」

保険会社社長「考え直すんだ。もっと話し合おう。」

保険会社役員A「もう充分話し合ったわ。」



2.コンバージョンは2倍でお願いよ。

目標は二倍

─新宿、ジャストシステムのオフィス─

LAFリーダーK「わざわざお越しいただきありがとうございます。」

保険会社役員A「いえ。社内だと却って気まずくて。」

LAFリーダーK「ご用件はリスティング広告の成果向上でしたね?」

保険会社役員A「はい。この3ヶ月でどうしても成果を2倍にする必要があるんです。」

LAFリーダーK「わかりました。今、担当を呼びます。おい、M!ちょっと来てくれ!」

LAFチームM「はい!」

LAFリーダーK「こちらAさんだ。現状のリスティング広告のパフォーマンス改善をご要望だ。」

保険会社役員A「あら、ずいぶん若いのね。大丈夫かしら。」

LAFリーダーK「彼のことなら心配有りません。私が保証します。」

保険会社役員A「わかったわ。手短に言うと、3ヶ月後に控えた役員会議で、私はインターネット事業部の業績貢献を武器に予算削減を打ち出している現職の社長の解任要求を出すつもり。そこで重要になるのがリスティング広告というわけ。」

LAFチームM「なるほど。3ヶ月間でなんとしても成果を出す必要があるんですね。」

保険会社役員A「そのとおりよ。でも今のところ成果は横ばい。運用自体はしっかりやっているつもりなんだけど。」

LAFチームM「リスティング オートフライトなら大丈夫です。」

 

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

 

保険会社役員A「確かに凄そうね。でも具体的にどうすればいいのかしら?」

LAFチームM「一度広告のアカウントを拝見してもよろしいですか?」

保険会社役員A「そう思ってパソコンを持ってきたの。自由に見てちょうだい。」



LAFチームM「これは・・・広告文を改善する必要がありますね。」

保険会社役員A「何ですって?私はこれでも取締役になる前はマーケティングセクションでリスティングの運用をやっていたのよ。今の広告文も重要なキーワードは私自ら運用しているわ。もちろんABテストも。それがダメだっていうの?」

LAFチームM「はい。広告文が精査できていないために、クリック率が低くなっていると思われます。」

 

現在の広告文

タイトル生命保険は△△
説明文月々3,180円の保険料で充実保障
インターネット申込で簡単に契約できる

 

保険会社役員A「納得できないわ。どうして今の広告文がダメなのか、私にもわかるように説明してちょうだい。」

LAFチームM「・・・わかりました。ただ、1日お時間をいただいてよろしいですか?少し準備をしたいので。」

保険会社役員A「いいわ。事と次第によっては容赦しないわよ。」



3.心を動かすのは心

ハートフル

─翌日、ジャストシステムのオフィス─

LAFチームM「おまたせしました。」

保険会社役員A「じゃあ、早速はじめてちょうだい。」

LAFチームM「かしこまりました。」

 

広告のABテストを行っても、クリック率が思うようにのびなかったり、もう広告文に最適化の余地が見られなくなったときは、《競合調査》が抜けていたりします。

スタート時だけでなく、広告運用では競合の動きを把握することがとても重要になります。

例えばキーワード《生命保険》の検索結果を見ると、

 

検索結果画面

 

これだけの広告で溢れています。
この中で《クリックされる》のは並大抵のことではありません。
では、《クリックされる》にはどのようにしたらよいのか?

 

・定点調査をする
こちらが広告文を何度も作り直すように、競合も広告文や順位を簡単に変更しています。アカウントの中で最も影響が大きいキーワード、1~3個くらいは毎日時間を決めて記録しておくのがいいでしょう。

 

・検索してみる
意外とないがしろになりますが、広告を作成するときは、できるだけ実際に検索してみるのがいいです。ビッグワードでは出てこない競合が現れたり、他のキーワードとは違った各社の訴求が見えたりします。

 

その上で具体的な訴求内容を考えます。
たとえば先ほどの《生命保険》だと下記のような訴求でそれぞれ出稿されています。

 

順位訴求内容
1ブランド訴求
2一括比較訴求
3金額訴求
4実績訴求
5保障訴求
6一括比較訴求
7コスパ訴求
8品揃え訴求
9資料請求訴求
10金額訴求
11問い合わせ訴求

 

この中で訴求内容を下記3つを軸に考えます。

1. 訴求をかぶせる
たとえば、現在ブランド訴求で出稿しているのは1社だけですが、この1社にブランドネームで勝てているという自負があるなら、
ブランド訴求の広告文を作った上、上位表示するのも手です。すでにある広告よりも弱い強みであるならば、訴求は被せないのが妥当です。

 

2. 訴求をかぶせない
まだ出ていない訴求で出稿します。たとえば多少の持ち出しができるなら、キャンペーン訴求を作ってみるなども有効です。

 

3. 他社が使っていない表現を使ってみる
≪≫などの記号、問いかけ、強意など

 

保険会社役員A「・・・なるほど。確かに論理的でわかりやすいわ。それで、どんな広告文ならいいと言うの?」

LAFチームM「はい。こちらになります。」

 

改善後の広告文

タイトル生命保険は△△
説明文こどものための生命保険なら《○○生命》
創立40年の実績であなたの保険をご提案

 

LAFチームM「他社にはない《創立40年》という特徴を記載し、《安心》を訴求しました。」

保険会社役員A「こ、これは・・・。」

LAFチームM「お気づきかもしれませんが、説明文上部の《こどものための》という箇所は御社のWEBサイトに記載されていました。保険会社をはじめられたころのお父様のことばです。」

保険会社役員A「・・・なるほど。それを調べるためにわざわざ1日の猶予を取ったのね・・・。」

LAFチームM「いえ、実はこの《回答》自体はリスティング オートフライトが10分ほどで出していました。僕がしたかったのはAさんのお父さんのお話を、直接聞くことです。」

保険会社役員A「な・・・!?」

保険会社社長「A子・・・」

保険会社役員A「と、父さん・・・。」

LAFチームM「先ほど、御社の広告文には《競合調査》という観点が抜けていることをお話ししました。でも、もうひとつとても大事なことがあります。それは《相手のことを考える》ということです。」

保険会社役員A「相手のこと・・・」

LAFチームM「この業界にいると、ついつい掛け合わせや数値でキーワードを判断しがちです。それももちろん重要ですが、そこに隠された《人の心》こそがとても重要だと僕たちは思っています。」

保険会社役員A「人の心・・・。」

LAFチームM「僕たちのアルゴリズムも究極的には《検索の向こう側》にある、人の心に答えるために進化し続けているんです。」

保険会社社長「A子、私が伝えたかったのは・・・」

保険会社役員A「言わないで!・・・分かったわ。私もまだまだってことみたいね。・・・父さん、悪いけど、少し疲れちゃったみたい。家まで送ってくれないかしら。昔みたいに。」

保険会社社長「もちろんだ。一緒に帰ろう。」

保険会社役員A「Mさん、って言ったかしら。明日から、リスティング オートフライトでリスティング広告を運用できるよう、手配してくれるかしら。頼りにしているわよ。」

LAFチームM「ありがとうございます!」



4.エピローグ

夕焼けの新宿

─新宿、生命保険会社会議室─

保険会社役員A「それでは以上を持って取締役会議を終了します。」



保険会社社長「どうやら私は命拾いしたようだな。」

保険会社役員A「よしてよ。もう分かっていたでしょう。」

保険会社社長「でも君の頑張りのおかげでインターネット事業部の売上げは2倍になった。」

保険会社役員A「そうね。リスティング広告のクリック率がそれまでの0.68%から2.10%まで、3倍に跳ね上がったものね。でも、それを言うなら私じゃないわ。リスティング オートフライトのおかげよ。」

保険会社社長「WEBサイトをもっと顧客目線にする必要があるといって、リニューアルの陣頭指揮を執ったのは君だ。」

保険会社役員A「そうだったわね。でも、お客様の接点はインターネットだけじゃないわ。もっともっと改善する必要がある。父さんにも協力してもらわないといけないわね。」

保険会社社長「よろこんで協力するよ。」



5.どんな広告文が生成されてどれだけ流入が増えるのか?

LAFチームM「広告文の《競合調査》って重要なんですね。」

LAFリーダーK「そうだね。意外と忘れがちなんだけど、リスティング広告そのものが《競争原理》の広告だからね。」

LAFチームM「リスティング オートフライトでは《競合》も意識した広告文を作成してくれるんですか?」

LAFリーダーK「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、広告文は改善され《クリック率》は大幅に改善される。」

LAFチームM「なるほど!でもいったいどんな広告文が生成されて、どれくらい流入が増加するんですか?」

LAFリーダーK「いい質問だね。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した広告文生成と流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今の流入からどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?