現状打破する《キーワード戦略》。限界突破の《プレミアムテールワード》


1.怒られてばかりの彼

─新宿、とある書籍販売会社─

部長「A!今日も遅刻か!」

マーケ担当A「すみません。ちょっと寝坊しちゃいました。ハハハ。」

部長「ハハハ、じゃない!昨日おまえが出したリスティングの週次レポート、また間違っているぞ!」

マーケ担当A「え?そうなんですか?修正した方がいいですか?」

部長「当たり前だ!!すぐに修正して提出しろ!それに次のリスティング施策はいつになったら報告するつもりなんだ!」

マーケ担当A「いや~ちょっと今忙しくて・・・。」

部長「ぐむむむ・・・!バッカモン!!どうしておまえはいつもいつも仕事が遅いんだ!」

マーケ担当A「へへ、すみません・・。」

─やりとりを見てひそひそ話をする女子社員─

女子社員「ちょっと、また始まったわよ。部長のカミナリ。」

女子社員「ほんと飽きないわね、いつもいつも。」

女子社員「でもAさんもある意味すごいわよね。何を言われてもひょうひょうとして。」

女子社員「ほんとそうね。フフフ。」

部長「いいか!今日の午後、重要な経営会議がある。それまでに数字を修正して出し直せ。分かったな!」

マーケ担当A「はいはい。わかりました。」



─その日の夕方─

部長「おい!A、ちょっと来てくれ。」

マーケ担当A「はい?」

部長「マズいことになった。書籍販売のECサイトだが、このままいくとプロジェクトそのものが無くなるかもしれない。」

マーケ担当A「えっ?どういうことですか?だって確かにレポーティングや報告は遅れたりしていますが、数字はいちおう達成していますよ。」

部長「それは私も伝えた。だが、経営はもっと早い成長を期待している。つまり、今のように昨対5%程度の伸び率では今後の大きな成長が見込めない、それなら他のプロジェクトに予算を投下する、というんだ。」

堅調な推移

マーケ担当A「・・・それで、部長はどう答えたんですか。」

部長「1ヶ月猶予をくれと言った。今月中に成長の期待感が持てるようにするからそれから改めて検討してほしいと。」

マーケ担当A「・・・」

部長「いいか。私はまだこのビジネスは伸びしろはあると思っている。だが、そのためにはそれを数字で示す必要があるんだ。・・・やってくれるか?」

マーケ担当A「わかりました。少し心当たりがあります。僕に任せてください。」



2.頼れるのは友

美味しいラーメン

─翌日、書籍販売会社のオフィス─

部長「おい、Aはどこに行った!?」

女子社員「Aさんなら、朝からちょっと出かけてくるっていってそのまま戻ってきていません。」

部長「何!この大事なときに何をしとるんだ。携帯に電話してやる!」

─プルルル、プルルル─

マーケ担当A「はい。Aです。」

部長「Aか!いったいどこほっつき歩いているんだ!今から今月のリスティング施策の打合せだろう!いったい何処にいるんだ!」

マーケ担当A「今ですか?今は・・・ラーメン屋です。へへ。」

部長「!」

マーケ担当A「ここの煮干しラーメンがめちゃくちゃ旨くて。」

部長「バカヤロウ!すぐに戻ってこい!!」

─ガチャリ─



マーケ担当A「切れた。すまないな、K。ということなんだ。」

LAFリーダーK「フ。今、まさに対策を練っています、と言えば良かったんじゃないか?」

マーケ担当A「いいんだよ。いろいろ説明するのが面倒くさい。とにかく、今まではのらりくらりと数字だけはやっていたが、そうもいかなくなってきた。おまえに力を貸してほしい。」

LAFリーダーK「かつて一緒に戦った仲だ。もちろん協力させてもらうよ。ウチの腕利きのスタッフをそちらに向かわせよう。」

マーケ担当A「助かるよ。」



─その日の午後、書籍販売会社のオフィス─

部長「やっと戻ってきたか!おまえがいなけりゃ始まらん!今からでも間に合う。リスティングの施策会議を準備しろ。」

マーケ担当A「大丈夫ですよ、部長。俺を信頼してくださいって。」

部長「そんな風だから、おまえは信頼できんのだ!」

LAFチームM「お待たせしました!」

部長「!」

マーケ担当A「お、来たか。」

部長「な、何だ君たちは!」

マーケ担当A 「僕が頼んだんです。彼らはリスティング オートフライトのチームです。」

部長「リスティング オートフライト?」

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

部長「君たちが我が社のリスティングをさらに改善してくれるというのか。」

LAFチームM「はい。事情はお聞きしました。これからどうやって改善するのか、詳しくご説明します。」



3.限界突破のキーワード戦略

ハイスピード

LAFチームM「ひとまず、今のアカウントの状況を拝見させていただけますか?」

マーケ担当A「これです。自由に見てください。」

LAFチームM「なるほど。これは・・・。すごい、50,000以上のキーワードが300の広告グループに分けられて、適切な広告文がそれぞれに設定されている。キーワード選定も申し分ない。品質スコアもおしなべて高い数値だ。これはいつもどの様に運用していたんですか?」

マーケ担当A「俺が一人で、検索クエリのウォッチと、キーワードの追加、除外キーワードの設定、ビッド調整とそれらの結果をデイリーのレポートにまとめて集計しているんだ。」

LAFチームM「すごい・・・。50,000ものキーワードをそれだけきめ細かく一人で運用するなんて。」

マーケ担当A「手が足りていたかというと足りていないさ。だからレポーティングが遅れたり、ミスったりすることもしょっちゅう。朝まで管理画面をいじっているから遅刻もしょっちゅう。それでも今まで目標値だけは達成していたんだ。」

部長「・・・そうだったのか。A、どうして言ってくれなかったんだ。」

マーケ担当A「今、ウチに人的リソースが無いのは分かっています。人がいないからできません、なんて言い訳してられませんから。で、Mくんどうだい。なんとかできそうかい?」

LAFチームM「大丈夫です。まだこのアカウントには伸びしろがあります。ここから僕が《限界突破》させて見せます。今回はまず《キーワード》から手を入れていきます。」

キーワードの《質》を意識する

ここでいう《質》とは《CPA》を指します。
つまり、質の良いキーワードとは《CPAの安い》キーワードといえます。

《CPA》の安いキーワードとはどのようなキーワードか?

1. CTRが高い
CTRが高いと言うことは商材とキーワードの関連性が高いと予想できます。
そのためCVRも高めに出ることが多いと想定されます。
2. 競合が少ない
競合が少ないと低CPCで入稿できる可能性が高くなります。
3. プレミアムポジションに掲載される
一定以上の品質があると、上位表示される可能性が高くなります。
上位表示されるとクリック率向上が見込め、表示項目が増えるので
訴求強化も望めます。

では、《CPA》の安いキーワードをどのように探すのか?

・現在入稿されているキーワードから発生した検索クエリを精査する
Impがまとまって稼げていたり、CTRが高いクエリは個別でキーワード登録していきます。
・主軸のキーワードの検索結果や、結果に表示されたサイト内のキーワードを拾っていく
・GAなどのアクセス解析ツールで実際に流入が発生したキーワードを拾っていく

 

例えば、

KW:「小説」

タイトル小説の購入ならコチラ
説明文新刊充実!100万冊の品揃え
人気作品も即日発送、配送料無料!

 

クリック数57,129
CPC62
コスト¥3,541,998
CVR2.40%
CV1,371
CPA¥2,583

が主軸キーワードとしてある一方、下記のような《CPAの安いキーワード》も考えられます。

KW:「本 帯」

タイトルあの本の帯、あります
説明文書店でみた本の帯、中身はここで確認
人気作品も即日発送、配送料無料!

 

クリック数385
CPC11
コスト¥4,235
CVR5.81%
CV22
CPA¥189

ビッグワードの「小説」に比べてボリュームはそれほどではないが、格安のCPAで入稿できる「本 帯」のいようなプレミアムテールワードをいくつも入稿することで、CPAを下げながらより成果を上げることが可能になります。

マーケ担当A「なるほど。《プレミアムテールワード》によって成果を改善するわけか。しかし、それなりに手間が掛かりそうだ。それに時間もない。いったいどうすればいい?」

LAFチームM「大丈夫です。そのためにリスティング オートフライトがあります。ジャストシステムが誇る自然言語処理技術を駆使して、最適なキーワードを自動的に、しかも《大量》に生成します。いきますよ!」

─パソコンがまぶしく光る!バシュゥゥッ─

LAFチームM「お待たせしました。これが新しいプレミアムテールワードの一覧です。」

マーケ担当A「こ、これは、全く新規のキーワードが500個も・・・。」

LAFチームM「こんなのは序の口です。リスティング オートフライトは無限にある検索クエリの中から御社に最適なキーワードを毎日抽出し続けます。」

部長「す、すごいな・・・。」

マーケ担当A「ありがとう。早速試してみるよ。」

4.エピローグ

新宿のオフィス街

─新宿、書籍販売会社のオフィス─

マーケ担当A「おかげさまで、昨対20%以上の成果を残すことができた。君たちのおかげだよ。」

LAFチームM「ありがとうございます。その後プロジェクトの状況はいかがですか?」

マーケ担当A「今、部長が経営会議で報告しているよ。あ、帰ってきた。」

部長「A、よくやった。経営の承認が得られたよ。プロジェクトは存続だ。」

マーケ担当A「良かった!」

部長「ああ、それから、君にひとりアシスタントをつけることにしたよ。いろいろと忙しいと思うが協力してやってくれたまえ。」

マーケ担当A「えっ・・・」

部長「WEBマーケティングの運用実務がどれだけ大変か、というのを私は理解していなかった。私も少し勉強することにするよ。」

マーケ担当A「部長・・・。ありがとうございます!」

5.どんなキーワードが生成されてどれだけCVが増えるのか?

LAFチームM「キーワードにもいろいろあるんですね。」

LAFリーダーK「そうだね。流入母数が多い主軸ワード以外にも、テールワードがあり、テールワードの中でもさらにCPAが格安な《プレミアムテールワード》があるんだ。」

LAFチームM「リスティング オートフライトではそういった《プレミアムテールワード》も自動で探し出してくれるんですか?」

LAFリーダーK「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、新たなキーワードが常に追加され、CPAは改善し、流入は《増え続ける》」

LAFチームM「なるほど!でもいったいどんなキーワードが生成されて、どれくらい流入が増加するんですか?」

LAFリーダーK「いい質問だね。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用したキーワード生成と流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今の流入からどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?