《WEB流入》が《ロケット噴射》するスイッチ。《クリック率》音速アップの必読セオリー。


1.はじまりはいつも雨

─新宿、雨の夜。悪の組織・デスゲート─

デスゲート社長Z「ぬぅぅぅ・・・。キズがうずく・・・。」

イーグルのJ「ボス。次の作戦の準備が整いました。」

デスゲート社長Z「ぐぬぬ・・・。Kのチームに四天王が3人もやられてしまった。次は大丈夫なんだろうな。」

イーグルのJ「はっ。次はアルバトロスを向かわせます。おい!アルバトロス!」

アルバトロスのX「ケッケッケッ。ここにおりまシュ。」

デスゲート社長Z「四天王最強のアルバトロスか。いいか、次のターゲットはある通信会社だ。失敗は許されんぞ。」

アルバトロスのX「はっ。お任シェくだシャい。」



─新宿、とある通信会社─

通信会社担当W「よし、今週のレポートも一通り終わった!」

Wの同僚S「どうだい?相棒。リスティング広告の調子の方は?」

通信会社担当W「相変わらず順調だよ、S。クリック率もコンバージョンも右肩上がりだ。」

Wの同僚S「まぁ、おまえに掛かれば改善できないアカウントはないってことだな。」

通信会社担当W「おいおい、《俺たち》だろ?」

─談笑する二人。彼らをドアのスキマからじっと見つめる目─



─1週間後─

通信会社担当W「ど、どうしたことだ!ほぼ全広告グループでクリック率が悪化している・・・」

パフォーマンス悪化

Wの同僚S「どうシた?何かあったのか?」

通信会社担当W「どうもこうもない!軒並みパフォーマンスが悪化しているんだ!」

Wの同僚S「何だって!ショれはまジュい!!」

通信会社担当W「これは・・・。他社のアカウントに広告文がコピーされている!これも、これも!!おそらく200以上ある広告グループのすべてがコピーされているんだ!!いったい誰が・・・。これは・・・デスゲート?どこの会社だこれは?」

Wの同僚S「何とかシュなければ!」

通信会社担当W「ようし、こうなったら全広告文の作り直しだ!S、手伝ってくれ!!」

Wの同僚S「・・・シュまない。実はどうしてもやらなければいけない仕事があって、今日は手伝えないんだ・・・。」

通信会社担当W「そうか、わかった。時間が空いたら頼む。さすがに200個は一人じゃキツイ。」



2.七つの顔を持つおとこ

いくつもの顔

─1週間後、悪の組織・デスゲート─

イーグルのJ「首尾はどうだ。アルバトロス。」

アルバトロスのX「ケッケッケッ。もう後2週間といったところでシュ。」

イーグルのJ「だが、毎回必ずここで《リスティング オートフライト》という邪魔が入る。抜かりは無いな。」

アルバトロスのX「ケッケッケッ。邪魔が入らなければいいんでショう?お任シェくだシャい。」



─新宿、通信会社のオフィス─

通信会社部長「W、どうだね状況は。」

通信会社担当W「は、はい・・・。それが、広告文をいくら変えても次々にコピーされて・・・。はぁ、はぁ。」

通信会社部長「おい、大丈夫かね。」

M「お待たせしました!」

通信会社担当W「!」

T「・・・待たせたな。」

通信会社担当W「だ、誰だ君たちは?」

通信会社部長「彼らは味方だ。私が呼んだんだ。」

M「はじめまして、私たちはジャストシステムが誇るリスティングの高効率自動最適化サービス、《リスティング オートフライト》のチームメンバーです。」

通信会社担当W「《リスティング オートフライト》?」

通信会社部長「うむ。独自の自然言語処理技術と統計処理を組み合わせて、訴求力のある広告文などを自動生成、自動運用してくれるサービスだ。」

リスティング オートフライトとは?
「ジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術《NLP》と統計処理技術により、キーワードの自動生成、広告文の自動生成、入札やターゲティングの自動最適化を可能にした、リスティング広告の高効率運用サービスである。詳しい情報はトップページを見てほしい。もちろんトップページから広告文やキーワードのシミュレーションを申し込めることは言うまでも無い。」
《ジャスト出版:『検索広告のPDCAはAI=人工知能に』より》

 

通信会社担当W「部長、まさか、そんな得たいの知れないサービスに、我が社のリスティング広告を任せるおつもりですか!?だいたい自動運用なんて信用できない!」

通信会社部長「し、しかし、君はもうボロボロじゃないか・・・。」

Wの同僚S「部長!ショんな奴らは信用してはいけまシェん!」

通信会社担当W「S!」

Wの同僚S「私がいまシュ!私とWが力を合わシェれば、問題は解決できまシュ!」

T「・・・どうやら、我々の出る幕はないようだな。」

M「Tさん・・・。」

T「M、いくぞ。」



─その日の夜、通信会社のオフィスに二人きりで残るWとS─

通信会社担当W「おまえが力になってくれるとほんとうに心強いよS。」

Wの同僚S「おまえも、ジュいぶん疲れただろう?シュこし休んだらどうだ?」

通信会社担当W「いや、もう少し頑張るよ。」

Wの同僚S「・・・ショろショろ、休んでもらわないと困る。」

通信会社担当W「えっ・・・!う・・・か、体が、しびれて・・・。」

Wの同僚S「ケッケッケッ。悪いね。ちょっとクシュリを盛らシェてもらったよ。」

通信会社担当W「お、おまえは・・・Sじゃないな!だ、誰だおまえは!!」

Wの同僚S「ケッケッケッ。おまえの知ったことではない。あとはこのアカウント自体をめちゃくちゃにシュれば任務完了だ。ケッケッケッ。」



3.激突!!

真剣勝負

Wの同僚S「シャぁて・・・。アカウント構造そのものをめちゃくちゃにしてやるか・・・。」

T「そこまでだ。」

Wの同僚S「きシャまは!引き上げたのでは無かったのか!?」

T「悪いが一芝居打たせてもらった。」

通信会社担当W「ぐっ・・・。た、頼む、アカウントを、俺たちのアカウントを守ってくれ!」

T「正体を現せ!」

Wの同僚S「・・・ケッケッケッ!バレてしまってはショうがない。」

─ベリベリベリッ・・・。巧妙に作られたマスクの下から

ギョロリとした目が妖しい光をはなつ─

アルバトロスのX「ショうか・・・。思い出した。きシャま、《音速の貴公子》Tだな。」

T「・・・ほんもののSは何処だ。」

アルバトロスのX「シャあな。ショんなこと言えるか。おっと動くなよ。人質の居場所は俺たちしかしらないんだからな。」

─ピリリリリ。Tのスマートフォンが鳴る─

T「・・・俺だ。そうか、救出したか。こっちは大丈夫だ。どうということはない。」

アルバトロスのX「な、なんだ!何の話だ!」

T「港の倉庫に監禁しているSは、俺たちのスタッフが解放した。」

アルバトロスのX「な、何だと!!」

T「悪いな。特殊技能をもつ人間はおまえ達だけじゃないんだ。警察に通報した。もう貴様らは終わりだ。」

アルバトロスのX「ぐっ・・・!」

─そのとき、一瞬空間がゆらいだ─

イーグルのJ「ここまでのようだな。」

T「!」

アルバトロスのX「J!」

T「きさま、いつの間に!」

イーグルのJ「いくぞ。」

T「ま、待て!」

─突如目の前の空間がゆがみ、その中に消えてゆくデスゲートの二人─



T「気がついたか。」

通信会社担当W「お、俺は・・・!?」

M「少しの間気を失っていただけですよ。」

Wの同僚S「すまん、W」

通信会社担当W「S、無事だったか!」

Wの同僚S「ああ。この人たちが俺を必死になって探してくれたんだ・・・。」

通信会社担当W「君たちが・・・。ありがとう。」

M「気にしないでください!無事で何よりです。」

通信会社担当W「ついでに、と言っては失礼だが、私たちのリスティングアカウントも診てくれないだろうか。」

M「えっ!?いいんですか?」

通信会社担当W「君たちは信頼できる。それに正直限界も感じていた。」

M「分かりました!では早速・・・なるほど、広告文の見直しをされていたんですね。さすがです。基本はしっかり押さえてあります。広告文作成のポイントは・・・

  • 重要なのは《広告文のABテスト》を常時行うこと
  • 《ABテスト》の際にある程度の《セオリー》を押さえておくと効率的
  • 検索結果画面での占有率を上げる(サイトリンクなどのオプション)

大きくはこの3つです。では、《セオリー》とは具体的にどのようなものかというと・・・

《キーワードを入れる》
広告文にキーワードを入れると太字になり、クリック率があがる
また、広告品質の指標のひとつである広告の関連性もあがる
《サービス名、社名の利用は慎重に》
よっぽどの有名サービスでない限りプラスの効果にならないが、
サービス名だけで検索数が稼げるレベルのキーワードであれば十分訴求になる
《値段訴求に頼らない》
値段は競合の出稿に負けない内容でなければ使わない
《具体的な数字を入れる》
「10キロ痩せられる!」など、事実の範囲で具体的な数字を入れる
《疑問系にする》
「○○に困っていませんか?」など、問いかけられる形にする
《アクションを記載する》
「今すぐお電話を」や「無料資料請求」など
次のアクションを想起できるようにする
《期限を切る》
「31日まで限定500食」など限定感を出す
《!といった記号を入れる》
可能な限りで記号を入れると注意を引きやすくなるが、
効果的なテキストに適うほどの効果はないので
伝えたい訴求を削ってまで入れる必要はない

と言ったようなものが代表的な例です。
例えば、御社の場合ですと、

現在の広告文

タイトルひかり回線なら○○
説明文月額3,980円で使い放題
高速1Gでストレスなしのインターネット

これは競争力がないにも関わらず価格訴求を打ち出してしまっています。

そこで・・・

広告文の改善例

タイトル【△△ひかり】公式サイト
説明文大人気キャンペーンで初期費用30%オフ!
≪31日まで≫工事費無料キャンペーン中

通信会社担当W「なるほど、私も分かった気でいたが、十分ではなかったみたいだ。しかし、これらを200以上ある広告グループに適用するのはちょっと現実的では無いな。」

M「そこで《リスティング オートフライト》の登場という訳です。リスティング オートフライトはこのような《セオリー》を加味した最適な広告文を自動的に生成してくれます。いきますよ!《音速モード》スイッチオン!」

─パソコンがまぶしく光る!バシュゥゥッ─

通信会社担当W「こ、これは!?」

M「今、《リスティング オートフライト》を御社のアカウントに適用しました。広告文はすべてグループ毎に最適化された状態で出力されています。」

通信会社担当W「ま、まさか・・・。ほんとうだ。」

広告文の改善例

タイトル△△ひかり/公式サイト
説明文ネット回線選びに困っていませんか?
3分間で疑問解決!今すぐお電話ください

T「我々も、マーケティング活動のすべてをマシンが担えるとは思っていない。ただ、PDCAの《作業》の大部分は自動最適化できると考えている。そして、我々《ヒト》はよりクリエイティブな領域でマーケティング活動をコントロールしていけばいい。」

通信会社担当W「ありがとう。使いこなしてみせるよ。」



4.エピローグ

新宿の街並み

─新宿、通信会社のオフィス─

通信会社担当W「おかげさまで、クリック率も前以上に上がっているよ。」

パフォーマンス改善

M「良かったです!」

Wの同僚S「とても気の利いた広告文を作成してくれるから重宝しているんだ。」

M「ありがとうございます。それにしてもどうして僕たちに任せようと思ってくれたんですか?」

通信会社担当W「・・・そうだな。しいて言えば、《熱意》かな。もっと冷たいヒトたちなのかな、と思っていたのだけれど、プロダクトとそしてリスティングへの《情熱》を感じたよ。」



─悪の組織・デスゲート─

アルバトロスのX「た、助かったジョ、J」

イーグルのJ「助けた覚えはない。あのままだと我々に被害が及ぶと考えたからだ。我々に失敗は許されない。そしておまえも例外ではない。」

アルバトロスのX「クェッ!ま、まシャか!グワァァァァァっ!」

イーグルのJ「もはや、俺がいくしかないか・・・。」



5.どんな広告文がLPから生成されて、どれくらい流入が増えるのか?

M「リスティング広告において《広告文》は重要なんですね。」

Mの上司K「そうだね。ABテストを繰り返し行うのもそうだが、ある程度の《セオリー》を試すのも重要だ。」

M「リスティング オートフライトではそういった訴求力向上のための《広告文最適化》も自動で行ってくれるんですか?」

Mの上司K「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、《クリック率》は改善し、流入も劇的に増加する。」

M「なるほど!でもいったいどんな広告文が生成されて、どれくらい流入が増加するんですか?」

Mの上司K「いい質問だね。リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した広告文生成と流入《シュ》ミレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今の流入からどれくらい増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」

資料請求・試用申込
insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?