《希望》に満ちた《ABテスト》。4つの工夫で《クリック率》急上昇。


この記事のポイント:
リスティング広告で成果をあげるにあたってはABテストは必要不可欠です。ただ、手間がかかるのも事実。ここではABテストの基本を押さえながら、手間を掛けないABテストの方法を、物語を通してわかりやすく紹介します。

─主な登場人物─

Mこの物語の主人公、元SEOコンサルタント。

Mの上司KMのチームリーダー。かつて伝説の12人と呼ばれたマーケッターの1人。

YMの同僚、広告文の魔術師という異名を持つ女性。ツンデレ。

H社の部長広告代理店H社の熱血部長。

H社の担当S広告代理店H社の担当。部長とは対照的に何事にもクール。

レイヴンのW悪の組織デスゲート四天王の1人。広告文を高速生成できる。

1.昭和と平成

─新宿、とある広告代理店H社─

H社の部長「よーし!今週もまたバリバリ働くぞ!なぁS君。」

H社の担当S「僕はそこそこ頑張ります。プライベートも大事なんで。」

H社の部長「ま、まあそうだな。プライベートも大事だな、うん。」

H社の担当S「残業なんかするのは仕事のできないヤツのすることです。部長もそう思いませんか?」

H社の部長「それは違うぞ!S君。いいか、本来ならリスティング広告の仕事に終わりなんかないんだ。どこまでだって出来る。残業とはだな・・・」

H社の担当S「その話、長いですか?そろそろ週次のレポート出さないといけないんですけど。」

H社の部長「あ、そうだな。レポートだな。よし!じゃあレポートを頼む。」

H社の担当S「了解でーす。」

H社の部長「えーっと、何々?希望に満ちたABテスト?ABテストが劇的に《ラク》になります?おっ!ちょっと見てみるか。」



H社の担当S「あれ・・・?」

H社の部長「どうした?S君。」

H社の担当S「部長・・・。僕の担当しているA社のCVが急激に落ちています。」

CVの低下

H社の部長「何だって!?そりゃいかん!すぐに何とかしないと・・・。」

H社の担当S「あ、でもあと5分で社内会議始まりますよ。それが終わってからでも・・・。」

H社の部長「バッカモン!」

H社の担当S「!」

H社の部長「CVが落ちているってことは、クライアントに迷惑を掛けているってことだ!今日という日はもう取り戻せないんだぞ!社内会議なんか放っておけ!」

H社の担当S「で、でも・・・。」

H社の部長「ええい!もういい!私がやる!君は会議でも何でも好きにしなさい」

H社の担当S「はい・・・。」

H社の部長「・・・いったいどうしたことだ。先週までは順調だったのに。」



─新宿、悪の組織・デスゲート本社─

イーグルのJ「首尾はどうだ。レイヴン。」

レイヴンのW「フッ。俺の仕事に間違いは無い。A社の広告文をすべて把握し、似た文脈で訴求力を上げた広告文を高速で生成する。あとはそれを複数のドメインで展開すれば、もはやA社になすすべはない。」

イーグルのJ「さすがデスゲート四天王のひとり、レイヴンのWだ。」

レイヴンのW「あと1ヶ月もすればA社も終わるだろう。」

イーグルのJ「フフフフ。」

レイヴンのW「フハハハハハハ。」



2.ひろがる暗雲

大雨の新宿

─新宿、広告代理店H社─

H社の部長「・・・こ、これは!広告文がマネされている。そのおかげでクリック率が大幅に下がってしまっている。」

H社の担当S「部長、会議終わりました。何かわかりましたか?」

H社の部長「・・・こうなったら広告文のABテストを徹底的に回して、クリック率を改善するしかない!アカウント構造も再度見直しだ!」

H社の担当S(うわ・・・なんだか面倒くさいことになってきたなぁ。ABテストってすごい手間なんだよな~。)



─2週間後─

H社の部長「よし、ABテストの結果が出た。今回は全体的にAパターンの方で優位性が見られた。ここからさらにAパターンのバリエーションでABテストだ。急いで広告文を作成しないと・・・。」

H社の担当S(この人、自分の案件も抱えているのに、よくやれるなぁ。一応カタチだけでも手伝うフリをするか。)

H社の担当S「部長、僕に何か出来ることはありませんか?」

H社の部長「S君、大丈夫だ。君は今の自分の案件に集中したまえ。」

H社の担当S「はい!ありがとうございます!」



─さらに1週間後─

H社の部長「はぁはぁ・・。ダメだ!いくらABテストを回しても、すぐに広告文を真似られてしまう。しかも向こうの方が訴求力がある。いったいどんなスピードで広告文を作成しているんだ!」

H社の担当S「部長、大丈夫すか?最近、ほとんど寝てないんじゃ・・・。」

H社の部長「私のことは大丈夫だ。それよりも気が気じゃ無いのはクライアントの方だ。まだ若い担当だが、かなり参っているらしい。私たちにできることは少しでも早く事態を改善させることだ。」

H社の担当S「部長・・・。」

H社の社員「部長、ダメです!他のすべての案件でも同様に広告文のコピーが見られました!」

H社の部長「何ぃ!全案件か!」

H社の社員「はい!我が社の50アカウントすべてが標的になっている様です!」

H社の部長「ぐ、ぐむむむ・・・」

H社の担当S「部長!しっかりしてください部長!」

─その場に倒れ込むH社の部長─



3.ABテストを攻略せよ

システマチックな機構

─新宿、ジャストシステム─

M「やはりそうです。シグナルパターン・レッド!デスゲートです!」

Mの上司K「うむ。数週間前からおかしなアカウントが散見されていたが、やはりデスゲートか。」

M「かなり多くのキーワードで展開されています」

Mの上司K「よし、MとYは被害が拡大する前に急いで現場に急行してくれ!」

M「はい!」

Y「・・・分かったわ。」



─新宿、広告代理店H、倒れたまま動かないH社の部長─

H社の担当S「早く、救急車を!」

H社の担当S「も、もうだめだ・・・」

M「お待たせしました!」

H社の担当S「き、君たちは?」

Y「こまかい説明をしているヒマはないわ。ただ、ひとつ言えるのは味方だ、ということよ。」

M「すみません、急に。実は数週間前に部長さんから調査依頼を受けていました。」

H社の担当S「部長が・・・。」

M「ちょっとアカウントを拝見させていただいていいですか?」

H社の担当S「は、はい。」

M「なるほど。ABテストを運用されていたんですね。」

H社の担当S「そうなんです。クリック率を改善するためにはABテストだと・・・。」

Y「正しい判断ね。じゃあちょっとABテストのポイントについておさらいよ。」

1. ABテストは極力やめない(必ず2種類以上の広告文をまわす)
ABテストは正しく行うことが出来れば、確実に費用対効果が上がっていく。つまり、ABテストの停止=機会損失となる。
2. 適切なテスト期間を設定する
判断のもとになる数字に一定の母数(この場合ではimpやクリック数)がなければ有意な結果が得られない。検索数が多いものは短期間で回せるが、少ないものはどうしても長い目で見る必要がある。
3. 広告の表示方法を確認する
広告のローテーションを適切なものにする。特別な理由がなければ、効果の高い広告の表示を増やしてくれる「クリック重視で最適化」をおすすめする。目視で数字の変化や広告の優劣を判断したいなど、特別な理由がある場合は「無期限にローテーション」を選択する。
4. 要素を絞り込む・訴求を入れ込みすぎない
検証する要素を絞り、一つの広告に対し、訴求を入れすぎない。受け手に伝わらなかったり、一つの訴求が薄まる可能性が高い。具体的には、タイトル、広告文上段、広告文下段、単語、単語の前後配置など広告の要素ごとで数字の変化を確認していく。

Y「ただ、これらABテストの基本を押さえながら複数の案件に一度に適用させるのはなかなか大変ね。」

H社の担当S「部長もきっとそれが原因で倒れてしまったんです。ABテストってめちゃくちゃ大変なんです!でも何とかしないとクライアントに迷惑を掛けてしまいます!」

M「任せてください。リスティング オートフライト《超音速モード》の使用許可は得ています。」

H社の担当S「リスティング オートフライト?」

Y「部長さんが使おうとしていた、私たちが誇る《リスティングの高効率運用サービス》よ。」

M「いきますよ!」

─Mのノートパソコンがまぶしく光る!
ヴィーーーーーーーーンンンン─

M「ぐっ・・・!」

H社の担当S「うっ!」

─バシュッ!シュゥゥゥゥ・・・─

H社の担当S「こ、これは・・・?」

M「もう大丈夫です。全案件のアカウント構造を再構築し、広告文のABテストを走らせました。あとはリスティング オートフライトが最適化してくれます。ABテストの負荷の高さに悩むことはありませんよ。」

H社の担当S「ほ、ほんとうに大丈夫なんですか?」

Y「すべて終わったわけじゃ無いわ。クライアントへの説明責任が残っているわ。」

H社の担当S「・・・それは、僕が責任を持ってやります。」



─新宿、悪の組織デスゲート本社─

イーグルのJ「くっ!またしてもKのチームにやられたか。」

レイヴンのW「ちっ・・・想定外だ。」

イーグルのJ「デスゲートでは失敗は許されない。レイヴン、おまえも同様だ。」

レイヴンのW「待て、もう一度チャンスを!ぐっ、ぐわあああ!」



4.エピローグ

快晴の新宿

─新宿、広告代理店H社─

H社の担当S「部長!僕、今週もバリバリ働きますよ!」

H社の部長「S君!そうか、じゃあ私も負けてられないな!」

H社の担当S「まぁまぁ。部長はゆっくり座っててくださいよ!病み上がりなんだから!」

H社の部長「いや、しかしそういう訳には・・・」

H社の担当S「クライアントに迷惑を掛けるわけにはいかない・・・。ですよね!大丈夫ですよ!部長の案件は僕も手伝いますから!さぁ頑張りましょう!」

─今日もまた、どこかでクライアントのために汗を流す人たちがいる。
そしてリスティング オートフライトもまた、飛び続ける─

5.ABテストの最適化でどれくらいCVが増えるのか

M「リスティング広告をするなら《ABテスト》は避けて通れないんですね。」

Mの上司K「そうだね。特に《広告文のABテスト》は必須だね。」

M「リスティング オートフライトでは《ABテスト》に必要なキーワードや広告文の最適化を自動的に行ってくれるんですか?」

Mの上司K「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。リスティング オートフライトによって、《ABテスト》の効率は劇的に改善する。」

M「なるほど!」

Mの上司K「リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今の流入からどれくらい有効なCV増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」


insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?