《CV》を《根こそぎ刈り取る》重要ポイント。リスティング成果が劇的改善。


この記事のポイント:
リスティングの成果に大きな影響を与える《品質スコア》について、前回の記事に引き続き物語を通してわかりやすく紹介します。

─主な登場人物─

Mこの物語の主人公、元SEOコンサルタント。

Mの上司KMのチームリーダー。かつて伝説の12人と呼ばれたマーケッターの1人。

YMの同僚、広告文の魔術師という異名を持つ女性。ツンデレ。

I社の社員NI社のリスティング運用担当。実質、一人で切り盛りしている。

ピーコックのV悪の組織デスゲート四天王の1人。強力な催眠術の使い手。

─前回までのあらすじ─
悪の組織・デスゲート四天王《ピーコックのV》の催眠術により、大きなダメージを受けたI社だったが、Mの活躍により難を逃れる。
新宿にまた平和が戻ったと思ったのもつかの間、次はM自身がピーコックのVの餌食になってしまうのだった・・・!

前回の記事は「《CPA》についた《ぜい肉をカット》!必読の《品質スコア》攻略法」でご確認頂いただけます。

1.暗雲~品質スコアの急降下─

─新宿、ジャストシステム─

Mの同僚「M、おはよう!」

M「・・・」

Mの同僚「おい、M?どうした?」

M「はっ!お、おはよう。」

Mの同僚「なんだ?おかしなヤツだなぁ。今日も一日がんばろうぜ!」

M「お、おう・・・。」

M(おかしいな。昨日会社を出てからの記憶がほとんどない。確か、おかしな占い師に出会って・・・)

─「あなたは、自由だ」・・・頭の中に女の声が響く─

M「う・・・。」

─パソコンに向かうM。リスティング オートフライトの管理画面にログインする。
そして、普段はほとんど使わない《マニュアルフライト》のボタンを押した─



─3日後─

Mの上司K「はい、はい・・・。申し訳ございません。至急確認いたします。」

Mの上司K「M!ちょっと来てくれ。」

M「はい!」

Mの上司K「今、F社とそれからS社から連絡があった。いずれもおまえの担当案件だ。ちょうど3日前ぐらいから、突然CPAが悪化しだしたらしい。
F社はCPAが3,000円から5,000円、S社は8,000円から12,000円程度まで悪化している。
いずれも《リスティング オートフライト》で安定運用していた案件だ。ちょっと調べてみてくれ。」

S社とF社のCPA悪化

M「わかりました!至急調査します」



─いっぽう、新宿、I社のオフィス─

I社の部長「こ、これはどうしたことだ・・・。N!Nはいるか!」

I社の社員N「は、はい・・・」

I社の部長「CPAがまたかなり悪化している、それも急にだ。前回3,000円台まで戻ったのに、また5,000円台まで悪化してしまった。ど、どういうことだね!」

I社のCPA悪化

I社の社員N「う・・・」

I社の部長「何とか言ったらどうなんだ!このままでは売上げががた落ちだ!おい!N!!」

I社の社員N「うわああああああ!」



2.品質スコアを極めよ!

極める努力

─新宿、ジャストシステム─

Mの上司K「どうだ、M、何か分かったか?」

M「・・・は、はい」

Mの上司K「どうした?顔色が悪いぞ?で、どうだった。」

M「そ、それが、リスティング オートフライトがマニュアル運用になっていて、広告文の設定がめちゃくちゃになっていました・・・。」

Mの上司K「何!いったいどうしたんだ!?」

M「う・・・う・・・」

Mの上司K「M、まさかおまえ・・・」

Y「・・・ちょっといいかしら。」

Mの上司K「Y・・・。」

Y「どうも今朝からMの様子がおかしいとおもってたのよね。ちょっと診てみるわね。」

Mの上司K「うむ。おそらく《デスゲート四天王》の仕業だろう。」

Y「M、私の目を見て。いい?ワン、トゥ、スリー。」

─Yの目が一瞬、光る。Mの体がけいれんを起こしその場に倒れる─

Mの上司K「M!」

M「う・・・、こ、ここは?」

Mの上司K「正気に戻ったのか?」

Y「大丈夫よ。どうやら相手は強力な催眠術の使い手みたいね。まぁ私に解けない催眠術はないのだけれど・・・。」

M「あ、ありがとうございます!Yさん。」

Y「べ、別にあなたのためにやったわけじゃないわよ!」

M「リーダー、申し訳ありません。はっ・・・I社が、I社があぶないです。」

Mの上司K「うむ。Yと一緒にI社に急行してくれ!」

M「わかりました!」



─新宿、I社のオフィス─

I社の社員N「うわああああああ!」

I社の部長「落ち着け!落ち着くんだN!いったいどうしたというんだ!」

─オフィスの中で暴れ回るN、取り押さえようとするがなかなか取り押さえられない─

M「ちょっと待ったぁ!」

I社の部長「き、君はいつかの!ええい!だ、誰でもいい、やつをなんとかしてくれ!」

M「Nさん、失礼します!」

─Nの体にしがみつくM─

M「Yさん、今です!」

Y「・・・しょうがないわね。いくわよ!」

─Yの目が光る・・・Nがけいれんをおこし、その場に倒れ込む─

I社の部長「はぁ、はぁ。いったい、何だというんだ!」

I社の社員N「う・・・。お、俺はいったい?」

M「Nさん、もう大丈夫です。Nさんは悪い夢を見ていたんです。もう夢は覚めました。さあ、あとはリスティングの改善をするだけです。」

I社の社員N「リスティングの改善・・・。そ、そうだ、リスティングを何とかしなくては!」

M「落ち着いてください!いいですか。よく聞いてください。先日紹介した《品質スコア》ですが、主な改善方法はこうなります。」

広告の関連性を改善する場合
・広告文の表現改善
・広告グループの細分化(訴求の一致)
・除外キーワードの追加

推定クリック率を改善する場合
・ABテストを繰り返し、よりクリックされる広告を模索する

リンク先ページの利便性を改善する場合
・リンク先を適切なものに設定する
・ページ自体の質をあげる

I社の社員N「な、なるほど・・・。具体的にはどのように改善していけばいいのかな?」

M「はい。具体的にはこの様な方法で改善していきます。」

広告文にキーワードを含める
広告のABテストは極力止めずに回し続ける
広告文の訴求がまとまるようなグルーピングを心がける
クエリを確認し、除外キーワードを設定する
キーワードのカバー率を高める(頻繁に検索されるクエリは極力キーワードとして追加しておくことで、広告とキーワードの訴求や意図のずれを防ぐ)

M「広告文にキーワードを入れることで《関連性》が高まります。また、ABテストを継続して行うことで《クリック率》が高まります。そしてパフォーマンスが悪いキーワードを除外することで、
さらに《クリック率》を高めることに繋がります。そうすることで《品質スコア》が上がり《CPA》も最適化できるんです。そして、《CV》が増加します。」

I社の社員N「な、なるほど。」

M「ただ、御社のように数千~数万規模のキーワードで運用しておられる場合は、個別に設定・運用するのも難しいと思います。」

I社の社員N「確かに。正直、検索クエリをみるのは手が回っていなくて・・・。」

M「安心してください。リスティング オートフライト《超音速モード》の使用許可は取ってあります。いきますよ!」

─Mのノートパソコンがまぶしく光る!
ヴィーーーーーーーーンンンン─

M「ぐっ・・・!」

I社の社員N「うわ!」

─バシュッ!シュゥゥゥゥ・・・─

M「これでもう安心です。リスティング オートフライトですべてのアカウントの構築をしなおしました。これから安定運用に入っていきますので、1週間もすれば最適化されてくるでしょう。」

I社の部長「本当に大丈夫なのかね・・・」

Y「大丈夫よ。彼にはすでに催眠耐性がついているわ。でも、仕事のしすぎには注意が必要ね。誰でも疲れていればミスをするから・・・。」

I社の社員N「!」

I社の部長「・・・そうだな。ちょっと考え直すとしよう。ありがとう。」



─新宿、悪の組織・デスゲート本社─

イーグルのJ「おまえの催眠術は解けないんじゃなかったのか?」

ピーコックのV「ま、まさか向こうに催眠術使いがいるとは・・・。それも相当な使い手。そんな人間がいるとしたらアイツしか思い浮かばない・・・。」

イーグルのJ「言い訳は無用だ。デスゲートでは失敗は許されない。」

ピーコックのV「ま、待って!話を聞いて・・・ぎゃああああああ!」



3.エピローグ

新宿の街並み

─新宿、I社の屋上─

I社の社員N「はぁ・・・。何とかリスティングは立て直すことができたけど。俺、この仕事にやっぱり向いてないのかな。」

─落ち込むN。その手には辞表が。─

Nの同僚「おっ!いたいた。やっぱりここか。おまえは落ち込むといつもここだなあ。」

I社の社員N「・・・。俺がどこで何をしようとおまえには関係ないだろ。ほっといてくれないか。」

Nの同僚「まぁまぁ。聞いたぜ。今回大変だったらしいなあ。」

I社の社員N「ふん、キズに塩を塗りにきたのか?」

Nの同僚「俺からも、ちょっと部長に提案してみたんだ。ウチの規模のリスティングを1人で担当するのは無理だから、俺にも手伝わせてくれって。」

I社の社員N「!」

Nの同僚「部長は快諾してくれたよ。」

I社の社員N「お、おまえ・・・」

Nの同僚「以外とさ、まわりはおまえのこと心配してるんだよ。口にはださないけど。だからまぁ頑張ろうや。」

I社の社員N「ありがとう・・・。」

─肩を組み歩きはじめるふたり。
くしゃくしゃにまるめられた辞表は、
屋上の片隅に捨てられていた。─

4.品質スコア改善でどれだけCPAが改善されるのか

M「《品質スコア》っていろいろな要素が絡んでいるんですね。」

Mの上司K「そうだね。その中でも《クリック率》は特に大きな影響を持っているんだ。そして、《クリック率》を高めるにはやはりキーワードや広告文の最適化が必要不可欠なんだ。」

M「リスティング オートフライトではキーワードや広告文の最適化を自動的に行ってくれるんですか?」

Mの上司K「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。」

M「なるほど!」

Mの上司K「リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した流入シミュレーションを無料で受け付けている。
最適化を行うことで今の流入からどれくらい有効なCV増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」


insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?