《CPA》についた《ぜい肉をカット》!必読の《品質スコア》攻略法


この記事のポイント:
リスティング広告の運用で重要な要素である《品質スコア》の基礎について、物語をとおしてわかりやすく解説します。

1.泣きっ面にハチ

─新宿、とあるメーカーI社─

I社の社員N「はあ・・・。辛いなあ。昨日2~3時間しか寝れなかったからなあ。ひとりでリスティングの運用をするのも楽じゃないよな。」

I社の部長「N、リスティングの週次レポートだが、今日の会議に間に合いそうか?」

I社の社員N「あ、はい。大丈夫です。」

I社の部長「自社通販サイトの売上げを担っているんだ。しっかり頼むよ。」

I社の社員N「はい。・・・さて、と、まずはレポートを出力して、それから今日は広告文の調整をしなくちゃ。」



─キーン・コーン・カーン・コーン、昼休みを告げるベルがなる─

I社の社員N「もう昼か。またいつもの喫茶店で昼寝でもするかな・・・。」

Nの同僚「ようN、今日もいつものところか?たまには昼飯つきあえよ!」

I社の社員N「悪い、疲れてるんだ。一人にさせてくれ。」

Nの同僚「ちぇっ!まぁあまり無理すんなよ。」

─立ち去る同僚─

I社の社員N「よく言うよ。俺がどんなに苦労しているか知りもしないで・・・。」



I社の部長「N!ちょっと来い!」

I社の社員N「は、はい!?」

I社の部長「このレポートを見てみろ!日付は今日の日付だが、中身は先週と全く同じじゃないか!」

I社の社員N「えっ!・・・はっ、しまった!上書き保存するのを忘れて保存前のものを送ってしまっていました!も、申し訳ありません。」

I社の部長「おかげで大恥をかいたよ。忙しいのは分かるがもっとしっかりしてくれないと、任せられたもんじゃないよ。」

I社の社員N「申し訳ありません!」



─その日の帰り道、新宿の駅─

I社の社員N「ああ・・・。俺はもう終わりだ。あんなくだらない失敗で・・・。」

謎の女「もし・・・。」

I社の社員N「はい?何かご用ですか?」

謎の女「あなたは今非常に悩んでおられますね。」

I社の社員N「な、何ですかいきなり・・・」

謎の女「あなたはいつも一人だ。一人で大変な仕事をしている。そして、誰もそのつらさをわかろうとはしてくれない。」

I社の社員N「う・・・」

謎の女「あなたの存在価値を分からせてやればいい。あなたは自由だ。」

I社の社員N「俺は、自由だ・・・」



─翌朝、I社に出社するN、いつもと様子は変わらない─

I社の社員N「さて、と。今日もリスティングの広告文の調整をするかな。」

I社の部長「あーN。昨日はすまなかったな。私もちょっといいすぎた。今は大事な時期だからしっかりとリスティングの運用の方も頼むよ。」

I社の社員N「俺は、自由だ・・・」

I社の部長「N?大丈夫か?」

I社の社員N「はっ!あ、すみません、ちょっと考え事してました。大丈夫です。必ず成果を上げてみませます!」



─1週間後─

I社の部長「N、どうだ先週の成果は?」

I社の社員N「そ、それが・・・。」

I社の部長「うん?どうした、あまり良くなかったのか?」

I社の社員N「実は・・・。」

I社の部長「何だ、見せてみろ!な、何だこの結果は!先々週の3分の1以下じゃないか!いったいなぜこんなことになるんだ!」

低下するCV

I社の社員N「わ、私にも身に覚えが無いんです。ただ、よく見てみたら、広告文の設定がめちゃくちゃになっていました。このアカウントIDを持っているのは私だけなのに・・・。」

I社の部長「なら、話は早い。君が調整を間違えたんじゃないのかね!」

I社の社員N「ち、違います!」

─「あなたは、自由だ」頭の中に女の声が響く─

I社の社員N「うわああああああ!」



2.運命を左右する品質スコア

新宿の街並み

─新宿、ジャストシステム─

Mの上司K「今回のクライアントは新宿にあるメーカーI社だ。1週間ほど前にアカウント調整に失敗し、リスティングのCVが3分の1に減ったそうだ。」

M「I社といえば大手ですね。自社のECサイトも持っている。」

Mの上司K「ただ、少しおかしいことがある。リスティングアカウントを持っているのは運用担当のみだが、その運用担当が全く身に覚えがないと言っている。自分はこんなめちゃくちゃな運営はしていないと。M、行って確かめてくれ。」

M「わかりました!」



─新宿、悪の組織・デスゲート本社─

イーグルのJ「まんまと成功したようだな。デスゲート四天王、ピーコックのVよ。」

ピーコックのV「ウフフ。私の催眠術に掛かればどんな人間でも思いのまま。このまま内部からI社を崩壊させて見せるわ。」

イーグルのJ「だが、新宿にはKのチームがいる。以前にも痛い目を見ている。バラキートのヤツは油断して失敗した。」

ピーコックのV「相手にも催眠術師がいれば別ね。でも、残念ながら私と同じレベルの催眠術師は少なくともこの日本にはいないわ。」

イーグルのJ「フッ。恐ろしいヤツだ。敵にはまわしたくないものだな。」



─新宿、I社のオフィス─

M「こ、これは・・・」

I社の部長「何かわかりましたか?」

M「広告文の設定がめちゃくちゃになっている。おかげでクリック率が悪化し、《品質スコア》が低下しています。そのおかげで結果的にCVが下がっています。」

《品質スコアとは?》
・広告がどれだけ優れているかを数値化(1~10)したもの
・この数字が高いほどCPCが安くなる傾向にある
《品質スコア》が高ければ安いCPCで上位表示が可能になり、当然、流入数、CPAも改善する。

I社の部長「《品質スコア》・・・」

M「《品質スコア》は一般的に下記の要因で決まるとされています。」

《品質スコアに影響する要因》

・キーワードの過去のクリック率
・広告グループ内のキーワードと広告の関連性
・広告の過去のクリック率
・リンク先ページの品質
・その他の関連性に関する要因

M「この中でクリック率、は影響の度合いが高いとされています。公式では無いですが、クリック率が決定要素の60%以上を担っているとも言われています。」

I社の部長「ど、どうすればその《品質スコア》をあげられるのかね。」

M「まずは、めちゃくちゃになった広告文の設定を元に戻すことです。それと、ABテストによるクリック率の最適化を行うことです。今回、特別に《超音速モード》の使用許可も得ていますので、おそらく問題無いかと思います。」

I社の部長「ちょ、《超音速モード》・・・?」

M「いきますよ!しっかりつかまっていてくださいね!リスティング オートフライト、《超音速モード》突入!」

─Mのノートパソコンがまぶしく光る!
ヴィーーーーーーーーンンンン─

M「ぐっ・・・!」

I社の部長「うわあああああ!」

─バシュッ!シュゥゥゥゥ・・・─

M「終わりました。広告文の設定は最適化されています。あとはこのまま1週間程度運用すれば徐々にクリック率が改善されてくるはずです。」

I社の部長「ありがとうございます。これでひと安心だ。N、良かったな。君も毎日仕事をしすぎだ。少しゆっくりするといい。」

I社の社員N「はい・・・。ありがとうございます。」



3.トロイの木馬

木馬のシルエット

─1 週間後、ジャストシステム─

Mの上司K「ええ、はい、そうですか!それは何よりです。ええ、それでは引き続きよろしくお願いします。」

─ガチャリ。受話器を置く音─

Mの上司K「M、I社の部長からだ。あれから1週間で《品質スコア》が劇的に改善されて、CVも以前よりもよくなったらしい。よくやった。」

品質スコアクリック単価クリック率平均掲載順位
3¥5310.53%4.4
6¥2990.86%2.8

改善したCV

M「ありがとうございます!それにしても不思議なこともあるもんですね。I社の担当の方は全く身に覚えがない、こんな風にアカウントをいじったのは自分じゃ無いと言い張っていました。」

Mの上司K「うむ。それについては俺もちょっと気になることがある。」

M「気になること?」

Mの上司K「気のせいだといいんだが・・・」



─その日の帰り道、新宿駅─

M「いや~今日も疲れたなぁ」

占い師「もし・・・」

M「はい?あ、占いですか?俺今ツイてると思いますよ。見てくださいよ。」

占い師「あなたにの心には深い闇がある・・・」

M「えっ・・・?」

占い師「過去にあなたはとても苦しい思いをしている。」

M「う・・・」

占い師「過去の呪縛から解放されよ。あなたは、自由だ。」

M「俺は、自由だ・・・。」



─新宿、悪の組織・デスゲート本社─

デスゲート社長Z「ピーコックのVが動いているそうだな」

イーグルのJ「はっ。予想通りKのチームも動き出しました。」

デスゲート社長Z「そうか。で、潜り込めそうなのか。」

イーグルのJ「ご安心を。ピーコックのVは別名《トロイの木馬》という異名を持っています。Kのチームは内部から崩壊していくことになるでしょう。」

─リスティング オートフライトによりデスゲートの魔の手を
振り払ったかに見えたM。しかし、次なる標的はM自身であった!
内部からの組織崩壊をもくろむデスゲートに、果たして打ち勝つことが出来るのか!?
次回はいよいよ《品質スコア》の核心に迫る!!
つづく─

4.品質スコア改善でどれだけCPAが改善されるのか

M「《品質スコア》っていろいろな要素が絡んでいるんですね。」

Mの上司K「そうだね。その中でも《クリック率》は特に大きな影響を持っているんだ。そして、《クリック率》を高めるにはやはりキーワードや広告文の最適化が必要不可欠なんだ。」

M「リスティング オートフライトではキーワードや広告文の最適化を自動的に行ってくれるんですか?」

Mの上司K「そのとおり。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。」

M「なるほど!」

Mの上司K「リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今の流入からどれくらいCPA改善が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」


insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?