《シゴトの集中豪雨》から解放される《リスティングのコツ》。~ある広告代理店の苦悩~


1.やまないシゴトの集中豪雨

─広告代理店は多忙だ。
次々と増える案件、日々のレポーティング。彼らは日夜戦っている─

S社の社員H「じゃあ、行ってくるよ。」

Hの妻「いってらしゃい。今夜も遅くなるの・・・?」

S社の社員H「ああ。すまない。」

Hの妻「・・・。広告代理店って忙しいのね。」

S社の社員H「仕方がないよ。まぁ早く終われば、なるべく帰るようにするよ。」

Hの妻「早く終われば・・・ね。もうすぐリョウの1歳の誕生日だから、せめてその日ぐらいは帰れるようにしてね。」

S社の社員H「ああ。努力するよ。」



─新宿・広告代理店S社─

Hの上司「H!案件の状況はどうなっているんだ。報告が遅い!11時から報告会なんだ。おまえの資料だけまだ来てないぞ!」

H「申し訳ありません!すぐに提出します。」

Hの上司「まったく・・・。あーそれから、新しく契約になったT社だが、あれ、おまえが担当しろ。まだあと何件か案件持てるだろう」

H「えっ・・・。もうこれで10件目ですが・・・。」

Hの上司「うるさい!つべこべいうな!」

H「は、はい・・・。ふう、しょうがない。とりあえず日次レポートを作成するか。」

Hの上司「おーい。報告はまだか-。」

H「少々お待ち・・・。うん!?な、何だこれは?ここも、こっちも・・・。俺が抱えている案件が軒並みCVが悪化している!それも一昨日の2分の1以下だ・・・。」

CVの悪化



2.広告グループを改善せよ

デスゲートの社屋

─新宿、デスゲート本社─

デスゲート社長Z「どうだ状況は。」

デスゲート幹部J「はっ。S社の一部のアカウントで甚大な被害が出ています。新宿にはあのKのチームがありますから、念のため《デスゲート・四天王》を付けましたが、その必要もなかった様です。おい!《バラキート》!」

─髪の毛をオレンジ色に染めた、やせ形の男が闇の中から顔を出す─

バラキートのL「シュシュシュシュ。お呼びで。」

デスゲート幹部J「バラキート。S社はあとどれくらい持ちそうだ。」

バラキートのL「シュシュシュ。あと3週間で壊滅状態にしてみせますよ。」

デスゲート社長Z「ふふふ。ようし。我らの力を見せてやれ!」



─新宿、とあるカフェ─

S社の社員H「なぁM、やばいよ俺・・・。」

M「でも、そんなに短期間でCVが下がるか?絶対おかしいよ。」

S社の社員H「俺もそう思うんだ。見てみたら、ウチと同じ広告文のアカウントがあちこちで出てて・・・。ちくしょう。いったい誰がこんなこと。」

M「広告文のコピー?おい、もしかしたら・・・。」

S社の社員H「うん?どうした、何か知ってるのか?」

M「ちょっと詳しく見せてくれ!俺に心当たりがある!・・・やっぱり。」

S社の社員H「やっぱり?」

M「やつらだ。デスゲートに間違いない。H、こいつらは俺たちの敵でもある。協力させてくれ。」

S社の社員H「助けてくれるのか?」

M「ああ。まずは現在のアカウントの状況を見させてくれ。」



M「・・・なるほど。わかった。いろいろと改善箇所はあるが、やつらに対抗するためには取り急ぎ、《広告グループ戦略》を見直そう。まぁ釈迦に説法だが・・・」

広告グループの考え方
広告グループは広告とキーワードの関連性を考慮する。この分け方(グルーピング)が甘いと、品質スコアが上がりにくくなるなど、大きなマイナス要素が発生する可能性がある。たとえば以下のような分類を比べると

アカウントA:

広告G広告キーワード関連性
カレンダー①カレンダー購入するならこちらカレンダー 購入
カレンダー 注文
カレンダー 比較

アカウントB:

広告G広告キーワード関連性
カレンダー購入カレンダー購入するならこちらカレンダー 購入
カレンダー注文カレンダー注文するならこちらカレンダー 注文
カレンダー比較カレンダー比較するならこちらカレンダー 比較

アカウントAはすべてのキーワードを一つの広告グループにまとめてしまっている。そのため、登録してある広告「カレンダー購入するなら○○へ」の内容に合致しているのは「カレンダー 購入」のキーワードだけとなる。

一方、アカウントBはそれぞれのキーワードごとに広告グループをわけ、検索キーワードが含まれる広告文を作成している。アカウントAはアカウントBに比べて、「カレンダー 注文」と「カレンダー 比較」のキーワードで関連性をロスしていることになる。これにより品質スコアへの悪影響があるし、太字効果も共通部分の「カレンダー」までしかかからない。

そして何より、「購入」と打ち込んだユーザーと「比較」と打ち込んだユーザーでは有効な訴求が違う。「注文」と「購入」はある程度似ているが、それでもワードが違えばユーザーも変わるので、それぞれにあった広告文を設定したほうが効果が高い。

S社の社員H「なるほどな。だが、それらを10個の案件全部に対応させるのはなかなか骨が折れるぜ。」

M「そこでリスティング オートフライトの出番だ。見ていろ。」

─Mのノートパソコンがまぶしい光を放つ。
シュウウウウウウウ─

M「これでOKだ。あとは数字がどれだけ回復するか見てみよう。」



3.迫り来る魔の手

不吉な予感

─新宿・広告代理店S社─

H「部長、全案件ともCV、CPAともにもとの水準にまで戻りました」

Hの上司「ふう。何とか乗り切ったか。一時はどうなることかと思ったよ。」

CV数改善

H「これで一安心です。」



─次の日─

Hの同僚A「うわっ!何だこれ・・・。」

H「どうしたんだ?」

Hの同僚A「俺が担当している案件と同じ広告文のコピーがあちこちに・・・!しかも案件のCVが、がた落ちだ・・・。」

H「何だって!?」

Hの同僚B「ああ!私のところも同じだわ・・・」

Hの上司「な、何てことだ・・・。これじゃ我が社は・・・。」

H「ど、どうしたら・・・。」

Hの上司「H!何をぼさっとしている!こうなったのもおまえの責任だ!何とかしろ!」

H「何とかって・・・。」

─ブルルル、Hの携帯に着信─

Hの妻「あなた・・・今、大丈夫?」

H「いや、まぁ・・・どうした、こんな時間に?」

Hの妻「リョウタが気管支炎になっちゃったみたいで、これから病院に行くところなの。私、今日はそのまま病院に泊まるから。もし早く終わりそうだったら荷物とか持ってきてもらえればと思って・・・。」

H「うーん・・・。そうしたいのはやまやまなんだけど。」

Hの妻「・・・そう。しょうがないわね。忙しいものね。ごめんね、忙しいときに。じゃあ、行くね。」

H「お、おい!」

─プツ、ツー・ツー─



─新宿、とあるカフェ─

M「何だって!?デスゲートが?」

H「そうなんだ。俺のアカウントだけじゃない。ウチのアカウント全体が標的になっている。やつら完全にウチをつぶすきだ。」

M「わかった。俺に任せろ。最強の助っ人を連れて行くから待っててくれ!」

─デスゲートの猛攻、尽きぬ不安。妻の寂しそうな声が頭をよぎる。
果たしてデスゲートの攻撃をかいくぐり、見事危機を乗り切ることができるのか!?

4.広告グループの最適化でどれくらいCVが増えるのか

M「広告グループの最適化って重要なんですね。」

Mの上司K「そうだね。重要であり、手間もかかる部分なんだ。ただ、アカウント構造を最適化することで、ずいぶん成果に差が出てくるんだ。」

M「リスティング オートフライトでは広告グループの最適化も自動で行ってくれるんですか?」

Mの上司K「そのとおり。しかもそれだけじゃなく、それらを加味した上で、最適なキーワードの提案や広告文の提案もしてくれる。まさに、《オートフライト》なサービスなんだ。」

M「なるほど!」

Mの上司K「リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今の流入からどれくらい有効なCV増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」


insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?