大好きになる広告文。恋の花咲くリスティング オートフライト


1.出会いは突然に─ときめきの新入社員─

─朝8時、新宿駅は今日も人であふれている─

M「ふあぁ。ふう。眠い・・・。夕べ飲みすぎちゃったなぁ。」

Mの同僚「よう!どうした大きな欠伸しちゃって!コーヒーでも飲んでシャキっとしようぜ!」

M「あ、おはよう。OK。じゃあいつものところで・・・うん?何だこれ」

─駅のホームの片隅に、キラリと光るもの─

M「ゆ・・・びわ?」

Mの同僚「おいおい、結構高そうだぜ?それ。届けた方がいいんじゃないか?」

M「そ、そうだな、まだ時間もあるし、駅員室まで届けにいくか。」



女性「あの、とても大切な指輪なんです!」

駅員「わかりました、まぁ見つかればこちらから連絡しますから・・・」

M「・・・あの~・・・。これ、拾ったんですけど・・・。」

女性「・・・!!それです!わたしが落とした指輪!」

M「あ、そ、そうなんですか?」

駅員「良かったですねぇ~。あの人混みの中で見つけられるなんてキセキですよ。」

女性「ありがとうございます!とても助かりました!」

M「い、いえ・・・」

Mの同僚「お、おいM、めちゃくちゃ綺麗なひとじゃないか!連絡先ぐらい聞いておけよ!」

M「シッ・・・!うるさい!」

女性「それじゃあ、失礼します!」

M「ど、どうも・・・。」



─それはまさに《運命》と思える出会いだった─

2.君のためなら僕は何だってできる

再会

─新宿、ジャストシステムのオフィス─

Mの上司K「みんな、聞いてくれ。新しい依頼だ。クライアントはJ社。オフィスは新宿。すぐ近くだ。業種はファッション通販。新しいブランドを立ち上げたばかりで、コンバージョンの最大化がミッションだ。今日の午後に早速アポイントが入っている。M、君が行ってくれ。」

M「了解しました!」



─新宿、J社のオフィス─

M「失礼します!はじめまして、ジャストシステムのMと申します。この度はお問い合わせいただいて・・・」

女性「はじめまして・・・あ!」

M「!」

女性「今朝の・・・、あ、今朝はありがとうございました。改めまして、J社のAと申します。本日は、お忙しい中ご来社いただきありがとうございます。」

M「い、いえ、こちらこそ。よろしくお願いします。な、なんかすごい偶然ですね・・・。」

J社のA「ふふっ。ほんとうですね。びっくりしました。でもちょうど良かった。朝はバタバタしていてちゃんとお礼がいえなかったから。ほんとうにありがとうございました。」

M「あ、全然気になさらないでください。僕もまたお会いできてうれしいです・・・。あ、いや!そ、そうだ!依頼内容について、具体的にお聞かせ頂けますか?」

J社のA「あ、はい。弊社は20代~30代の女性に洋服を提案していまして、自社で通販サイトも運営しています。この春、新しいブランドを立ち上げたばかりで、私はそちらのリスティング運用を担当しています。」

M「よければ、アカウントを少し拝見させてもらってもよろしいですか?」

J社のA「はい。今は月間のコンバージョンが400件程度でCPAが約900円です。ただ、目標は500件以上なんですが、なかなかそこまでいかなくて・・・。きっと私のやり方が悪いのね・・・。」

《現状》ファッション通販の○○

タイトル流行ファッションアイテムを通販でお届け
説明文ネットだからはいビジュアル・低価格実現

M「えーっと・・・今は《モバイル》には配信されていらっしゃらないんですね?」

J社のA「あ、はい。実は以前に出稿した際にぜんぜんコンバージョンが伸びなくて、それ以降《モバイル》への出稿はやらないようにと言われていまして・・・。」

M「わかりました。僕に任せてください。必ず目標を達成させてみせます!」

J社のA「ほんとうですか!?ありがとうございます!よろしくお願いします!」



3.愛の試練

縮まる距離撃

─1ヶ月後─

J社のA「Mさん、ほんとうにありがとうございます。あれからコンバージョンも500件を超えて、目標を達成することができました。これもMさんのおかげです。」

M「いやぁ。功労者はリスティング オートフライトです。高度な自然言語処理技術を基盤に、過去の運用状況や競合の出稿傾向を分析し、最適なキーワードや広告文を提案して、パフォーマンスを最適化させるんですから。」

《改善後》ファッション通販の○○

タイトル大好評!人気アイテム5点が大売り出し中
説明文数量限定ワンピースが今だけ50%オフ

改善された流入

J社のA「確かに、驚きました。キーワードも広告文も文字通りオートフライトで改善されていって。・・・ほんと、助けてもらってばかり。Mさんには一度しっかりお礼しないといけないですね。」

M「ほ、ほんとに気になさらないでください!当然のことをしたまでですから・・・。」

J社のA「・・・。Mさん、今日の夜は空いてますか?良かったら食事にでも行きません?私おごりますよ。」

M「ええっ!いや、で、でも・・・。あ、じゃあお言葉に甘えて・・・。」



─新宿、とあるBAR。少し酔った男女が1組。客はほかにいない。─

J社のA「私ってほんとうに自分に自信が無いんです。仕事も失敗することが多くて。プライベートだってそうなんです。過去の失敗が忘れられなくて・・・。」

M「そんなことはないですよ!Aさんはとても素敵です。もっと自信をもつべきです!」

J社のA「ほんとう・・・?」

M「・・・僕を信じてください。」



─翌朝、ジャストシステムのオフィス─

Mの上司K「M、J社は今月目標達成だな、ほんとうによくやった。」

M「ありがとうございます。」

Mの上司K「ただ、さっきJ社の社長から連絡があった。当初の目標は達成したが、それだけでは競合ブランドにはまだ勝てないらしい。さらなる上乗せが必要だとのことだ。」

M「ええっ!そ、そうなんですか?」

Mの上司K「次月の目標は今月の2倍だそうだ。プロジェクトそのものの存亡も掛かっているらしい。入札はもうかなり高めに設定していて、予算を増やしたとしてもどこまでコンバージョンを伸ばせるか、今の段階ではわからない。・・・やれるか?」

M「プロジェクトの存亡・・・。」

─Mの脳裏にAの悲しげな表情が浮かぶ─

M「やります!やらせてください!」



─突如突きつけられた新たな目標、限られた条件の中、
2倍のコンバージョンを生み出すことができるのか!?─つづく─

4.キーワードと広告文の改善でどれくらい流入が伸びるのか?

M「リスティング オートフライトを運用することで、かなり成果は変わるんですか?」

Mの上司K「もちろん。まずリスティング オートフライトではジャストシステムが誇る高度な自然言語処理技術が活かされている。」

M「自然言語処理技術?」

Mの上司K「《NLP(natural language processing)》とも言うんだけど、その技術のおかげでキーワードや広告文の自動最適化が可能になっているんだ。」

M「なるほど!」

Mの上司K「リスティング オートフライトでは自然言語処理術を応用し、独自に開発したコアエンジン:SLATを使用した流入シミュレーションを無料で受け付けている。最適化を行うことで今の流入からどれくらい有効な流入増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」


insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?