突き抜ける《キーワード戦略》。 加速しろ、もう誰も追いつけはしない


1.ある日突然流入が下がったんです
─戦え新入社員─

─五月雨が街をぬらす午後、とあるオフィスの会議室─

M「こんにちは!ジャストシステムのMです。」

S社の担当A「あっ!こ、こんにちは。お電話差し上げたS社のAと申します。お忙しいところありがとうございます。こちらにどうぞ・・・」



S社の担当A「す、すみません、わざわざお越し頂いて・・・」

M「いえいえ!こちらこそありがとうございます。それで、お電話でも少しお聞きしたんですが、急にリスティングの効果が下がりはじめたということですが・・・」

S社の担当A「そ、そうなんです。弊社はダイエット食品などを主に取り扱っておりまして、主な集客はリスティング広告で行っています。私の方でもう3年ほど運用していて、軌道にも乗っていたのですが、1ヶ月ぐらい前から急に流入が落ちてしまったんです・・・。」

流入減少

M「なるほど・・・。ちなみにご出稿されているキーワードや広告文を少し拝見してもよろしいですか?」

S社の担当A「あ、は、はい。こちらになります。キーワードは800ワードほどです。」

タイトル説明文ダイエットにおすすめ
話題沸騰!大人気の○○○!
今なら無料お試しセットあります!
キーワード例ダイエット
ダイエット方法
酵素ダイエット

S社の担当A「こちらで、以前は月間23,000クリックほどあったのですが、今は12,000クリックまで下がってしまっていて。」

M「ふむふむ、じゃあちょっと他社の出稿状況など合わせてくわしく見てみましょうか。」

S社の担当A「お、お願いします。」



M「・・・!こ、これは・・・」

S社の担当A「な、何か分かったんですか?」

M「はい・・・まだ確信したわけではないですが、僕に少し心当たりがあります。ただ、事態は思った以上に深刻かもしれません・・・」

S社の担当A「え・・・」



2.しのびよる魔の手

悪の組織

─新宿、とあるオフィス─

謎の男Z「・・・計画の進み具合はどうだ・・・」

謎の男J「は・・・。すべて順調に進んでおります。リスティングでの集客がメインだったS社のサイトへの流入は激減、売上げもかなり落ちております。もはや時間の問題かと。」

謎の男Z「フフフ・・・。脆いものだ。この世の中はすべて競争だ。他者をいかに出し抜くか、それだけを考えていれば良いのだ。・・・さらに計画を進めよ。S社に思い知らせてやれ。」



M「・・・というワケなんです。」

Mの上司K「なるほど・・・。この1ヶ月で急激に流入が落ち込んだ・・・か。どうだいT、何かわかったかい?」

T「・・・もう少しで結果が出る。Mの言うとおりなら少しやっかいなことになるな。」

─Tがキーボードを叩く。彼の手の動きは肉眼では追えない─

T「・・・リサーチ完了。シグナルパターン《レッド》。間違いない。《デスゲート》が絡んでいる。」

M「《デスゲート》!」

Mの上司K「Mには少ししか話をしていなかったが、我々はとある組織のことを秘密裏に追っている。それが《デスゲート》だ。彼らはリスティング広告の代理店でもなんでもない。あらゆる手段を用いて狙った獲物の市場を奪い、その見返りとして法外な報酬を請求する組織だ。」

M「はっ!もしかしてS社はその《デスゲート》に狙われて・・・」

Mの上司K「そう考えて間違いないだろう。急いで手を打つ必要がある。T、彼らの今回の《戦略》を分析してくれ!」

T「・・・お安いご用だ。」



オペレーションルーム

─ジャストシステムの緊急オペレーションルーム。そこにはいくつもの特殊な機器が並べられている─

T「・・・《デスゲート》の戦略を分析した。彼らの常套手段だ。かれらはまず、狙ったターゲットのキーワードと広告文を奪う。独自のクローラーでリサーチし、まったく同じキーワード、同じ広告文で単価をつり上げて入札する。」

M「そ、そんなこと・・・」

T「それだけではない、さらに同じテーマでサテライトサイトを作成、そのサイトを使って同じキーワードで入札する。結果として、《デスゲート》関連のサイトが上位を占めることになり、閉め出された企業は大打撃を食らう。」

M「!」

Mの上司K「ビンゴ。予想通りだな。」

M「ど、どうすればいいんですか!このままじゃS社は・・・!」

Mの上司K「相手の手の内が分かれば恐れることはない。YとそれからNのやつを呼んでくれ!」



3.《広告文の魔術師》と《炎のゴッドハンド》

仲間

─S社の会議室─

M「・・・というのが今の御社の現状です。」

S社の担当A「デ、デスゲート・・・わ、私どうしたら・・・」

M「ご安心ください。そのために今日は強力なメンバーを連れてきました!」

N「ハーイ!ワタシはNと申しマース!Aさん、ご安心くだサーイ。それではまずは《キーワード》から見直していきまSHOW!」

M「リスティングのキーワード選定はなかなか大変です。代表的なキーワード選定方法としては・・・」

  1. 思いつく限りのキーワードを人力で洗い出す
  2. 抽出したメインキーワードからさらに関連キーワードを抽出
    (キーワードプランナーの他、Ferret+など複数のツールを使うのもOK)
  3. 抽出したすべてのキーワードから有効なものを取捨選択する

M「とくに、最初のキーワードの抽出はなかなか大変です。リスティング オートフライトは優れた自然言語処理技術を持っており、膨大な言語データベースと出稿の傾向から人力では見落とされがちなキーワード、つまり《ブルーオーシャンワード》ももれなく拾うことができます。Nさん、お願いします。」

N「任せなサーイ!」

─Nの手が赤い炎に包まれたようにまぶしく輝く!ゴオオオオオオオオ─

S社の担当A「あ、熱い、熱いわ!」

N「ふう・・・。終わりまシタ!」

─新しく出力されたキーワード例─

ボディライン12,100
成功者4,400
本気ダイエット3,600
美ボディ2,900
健康美人2,900


お腹周り1,300

S社の担当A「すごい・・・まだまだこんなにキーワードがあったなんて」

N「これはほんの一部デース!リスティング オートフライトは運用を進めていくことでさらなるキーワードの発見を24時間365日続けていきます!」

M「次は広告文です!Yさん、お願いします!」

Y「・・・しょうがないわね・・・。いくわよ。」

─Yの姿が一瞬、ゆらぐ。人間の目にはまるで残像のように幾重にも重なって見える─

Y「できたわ。これが新しい広告文よ・・・。」

タイトル話題の酵素ダイエット
説明文あなたを-12.9キロの美ボディに
お試しセット残りわずか!お急ぎください
タイトル1日1000本売れるダイエット飲料
説明文楽天総合ランキング掲載14回の実力!
まずは2週間だけお試しください

S社の担当A「わ、わかりやすくて訴求力があるわ・・・。」

M「広告文もキーワード同様、24時間365日改善し続けます。つまり、キーワードをマネされようが、広告文をマネされようが、それを上回る広告文とキーワードを高速に回し続けることが可能です。僕たちのスピードに《デスゲート》は決して追いつくことはできません!いや、させません!」



4.エピローグ

会議室からの眺め

─S社の会議室─

S社の担当A「Mさん、ありがとうございます!あれから1ヶ月、流入も劇的に回復して、今まで私たちの会社の広告文をマネしていたアカウントも出稿をやめたみたいです!特に、新たに追加いただいたキーワードがすごく貢献してくれています!」

追加キーワードの貢献

M「お役に立ててうれしいです!これからもよろしくお願いします!」



─新宿・デスゲート本社─

デスゲート社長Z「ぬううう・・・。なぜだ!なぜ、打ち手のスピードが驚異的に上がった・・・?」

デスゲート幹部J「申し訳ありません。調査したところ、どうやらまたKのチームが絡んでいるようです。」

デスゲート社長Z「何ぃ!・・・そうか。Kのチームか・・・。良かろう。今日のところは引き下がっておいてやろう。だがいずれ近いうちに・・・。フフ・・・フハハハハハハハ・・・」

5.ブルーオーシャンワードでどれくらい有効な流入増加が見込めるのか?

M「《ブルーオーシャンワード》ってほんとうに流入増加に貢献するんですね!」

Mの上司K「そうだね。とは言ってもやはり人力で常に新しいキーワードを探すことには限界があるんだ。Googleも《1日に使用される検索キーワードの20%は、過去90日間で1度も使われたことがないキーワード》と発表しているように、日々生まれる膨大な検索クエリの中からニーズを拾うのは人の手ではまず不可能なんだ。」

M「リスティング オートフライトではそれが可能なんですか?」

Mの上司K「もちろん、すべてを拾うのは難しいかもしれない。ただ、人の手でやるよりももっとずっと簡単に、確実に、効率良くニーズのあるキーワードを抽出することは可能だ。」

M「なるほど~」

Mの上司K「リスティング オートフライトでは実際に使用しているコアエンジン:SLATを使用した流入シミュレーションを無料で受け付けている。今の流入からどれくらい有効な流入増加が見込めるのか、以下のボタンからぜひ試してみてほしい。」


insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?