わしづかみの《広告文》。君の《CTR》がもう止まらない


1.広告文が泣いている~新入社員の試練~

─その日は5月だというのに真夏の暑さを記録した─

ここはF社の会議室。

M「この度はお問い合わせいただきありがとうございます。」

F社の部長A「いやいや、こちらこそ。よろしくお願いしますよ。えーっと、こちらは現在リスティングを運営している担当のSになります。S君、Mさんにご挨拶したまえ。」

F社の担当S「よろしくお願いします。リスティングは5年ほど私が運営しています。今もそこそこの成果が出ていると自負しています。」

M「そうなんですね!リスティング オートフライトを活用すれば、さらに効率的に成果をあげることができますよ。」

F社の担当S「・・・。例えば、どこをどう改善されるんですか?」

M「例えば?そうですね、あ、それでしたら今のキーワードと広告文を少し見せていただけますか?」



F社の担当S「・・・すべてではないですが、こちらが例です。キーワードは全部で10,000程度です。」

タイトル人材コンサルティング/○○○
説明文人材コンサルティングなら○○○にお任せ
どこよりも丁寧に対応!いますぐお電話を!

M「なるほど。10,000ワードに対してこの広告文を、ほぼフラットに設定しているワケですね。あーこれは全然ダメですね。広告文のキホンができていません。」

F社の担当S「・・・!」

M「いいですか?広告文というのは・・・」

F社の担当S「ふ、ふざけるな!」

M「?」

F社の担当S「お、俺がどんな思いでリスティングを運用していると思っているんだ!毎日毎日、管理画面とにらめっこしながら、どれだけ時間をかけて育てて来たか!広告文だってそうだ!すべてのキーワードには設定できないから、しっかりと吟味しながら作っているんだ!」

M「あ・・・」

F社の担当S「帰れ!帰ってくれ!!」



2.あなたのためじゃないわ。クライアントのためよ

あなたのためじゃない

Mの上司K「で、とぼとぼ帰ってきたというわけかい?」

M「はい・・・。申し訳ありません。」

Mの上司K「ところで、Mは以前SEOコンサルタントだったそうだけど、リスティングの広告文を自分で実際に作ってみたことはあるのかい?」

M「・・・無い、です。」

Mの上司K「それは良くないね。一度しっかりと勉強し直した方がいい。広告文のことならYに聞けばいいよ。僕からも言っておくから。」



M「Yさん、僕に広告文のことを教えてください!」

Y「は?・・・アナタ、誰?」

M「あ、すみません、今度新しく入社したMと言います!実は今日、クライアントを怒らせてしまって・・・。でも、もう一度、しっかり広告文のことについて説明したいんです!そのためにはまず僕がイチから勉強しなおさないと・・・」

Y「イヤよ。めんどくさい。」

M「ええ!?」

Y「ワタシ、忙しいから。」

M「そ、そうですか・・・すみません・・・。」

─頭を下げ立ち去ろうとした瞬間、Mの胸ポケットからスマートフォンがこぼれおちた─

Y「・・・猫。」

M「は!?」

Y「待ち受け、猫なのね。アナタ、猫好きなの?」

M「は、はぁ。実家で2匹飼っています。あの・・・それが何か?」

Y「気が変わったわ。ワタシの授業は厳しいわよ。覚悟しなさい。」

M「あ、ありがとうございます。」

Y「まず、広告文に必要なのは・・・」



3.その広告文には愛がある

広告文には愛がある

─F社の会議室─

M「もう既にご存じかと思いますが、広告文にはいくつか要素があり、それぞれがクリック率などに影響をあたえます。」

タイトルクリック率、広告関連度の評価に影響しやすい
説明文クリック率、広告関連度、ランディング後の離脱率、
CVRに影響しやすい
広告表示
オプション
サイトリンクや電話番号オプションのこと。
クリック率に影響しやすい

M「そして、広告文には《キーワード》を必ずいれます。太字になるうえに、広告品質にもよい影響をあたえます。」

F社の担当S「・・・」

M「それと、出稿するキーワードでの競合他社の出稿状況を必ず確認することです。そこに並んだときにより訴求できる広告文を考えることで、クリック率がかなり変わります。」

F社の担当S「・・・」

M「最後に、これは先日の僕に足りていなかったことで、Sさんは既にもう5年も実施されていたことですが・・・商品やサービスを学び、深く理解しようとする姿勢です。僕はSさんのこれまでの努力や気持ちを理解せずに、軽はずみなことを言ってしまいました。申し訳ありません。」

F社の担当S「!」

M「それらを理解したうえで、今から実際にリスティング オートフライトがどのような回答を出すか見ていただきます。」

F社の担当S「今から?」

M「はい。これからリスティング オートフライトに御社のURLを入力します。結果が出るまで少しお待ちください。」

─Mのノートパソコンが一瞬、まぶしい光を放つ─
─シュウウウウウウ・・・─

M「お待たせしました。」

F社の担当S「もう出たのか?」

M「はい。リスティング オートフライトは《音速》なんです。そして出した結論はこうです。」

広告グループ0001研修系:スキルアップ
タイトル説明文社員スキルアップなら/○○○
グローバル化対応から能力開発まで!
問題解決型のマネジメント力を習得
キーワード[スキルアップ]
+スキルアップ 目標管理
+スキルアップ 研修
+スキルアップ +セミナー 研修

広告グループ0002研修系:中堅社員研修
タイトル説明文中堅社員研修なら/○○○
驚異のリピート率90%以上!
マネジメント力UPが問題解決に活きる
キーワード[研修系:中堅社員研修]
+中堅社員研修 会社
+中堅社員研修 資料

広告グループ0003人材コンサル系
タイトル説明文人材コンサルティングなら
達成意識が向上!効く成果主義を実現
実績1000社以上の評価制度がカギ
キーワード[人事コンサル]
[人材コンサル]
[人材コンサルティング]
[コンサルタント会社]



広告グループ0225人材育成
タイトル説明文人材育成/○○○
企業カルチャー明確化が最大のキモ!
生産性・売上・競争力を大幅UP
キーワード[人材育成]
+人材育成 +支援
+人材育成 +助成金
+人材育成 +コンサルティング

F社の担当S「!・・・なるほど・・・」

M「今回、広告文をご提案させていただくにあたって、まずは、僕自身が御社のサービスについて理解することからはじめました。御社のサイトはもちろん、Sさんには秘密にしていましたが、御社の営業担当の方からも実際にヒアリングをさせていただきました。」

F社の担当S「えっ!・・・まさか、部長!」

F社の部長A「フ・・・M君の熱意にほだされてね。」

M「リスティング オートフライトは非常に高度な自然言語処理技術を搭載しています。御社のWEBサイトのコンテンツをすみずみまでクロールし、サービスへの理解を深めます。それだけでなく、競合の出稿状況の傾向をも分析し、キーワードと広告文を自動生成します。」

F社の担当S「その回答がこの広告文ということですか。」

M「はい。リスティング オートフライトの結果と僕が得た御社に対する知見を重ね合わせたときに、これなら間違いなくいける、と確信しました。」

F社の担当S「確かに、前より具体的で訴求力も高い・・・」

M「10,000もある御社のキーワードひとつひとつ対して、これらの作業を人手ですることは、ほぼ不可能といっても過言ではありません。ただ、リスティング オートフライトなら、その作業を自動的に行い、キーワードに対してより関連度が高く、品質の高い広告文をわずか数分で作成することが可能です。」

F社の担当S「・・・わかりました。僕も大人げなかったです。」

M「!」

F社の担当S「Mさんの熱意、しっかりと受け取りました。ぜひ、リスティング オートフライトで運用したいと思います。」

M「ありがとうございます!」



4.エピローグ

感謝の瞬間

─数日後─

F社の担当S「Mさんのおかげで早速効果が出ました。CTRがこれまでおよそ0.6%~0.7%ぐらいだったんですが、リスティング オートフライトに変えてから1.8%~2.99%に劇的にアップしました。ほんとうにありがとうございます。」

M「こちらこそありがとうございます。成果がでて何よりです。引き続きよろしくお願いします!」

─受話器を置くM─

M「Yさん、Yさんのおかげです!ありがとうございます!!」

Y「・・・べ、別に。あなたのためにやったんじゃないわ。クライアントのためよ。」

M「いいんだ!とにかくありがとう!」

Y「ま、まぁ、そんなに感謝されると悪い気はしないわね。これからもがんばりなさい。お、応援しているから・・・」

M「えっ!?何かいいました?」

Y「・・・!!なっ何でもないわよ!」



エピローグ

─新宿、とあるホテルのBAR─

F社の部長A「・・・なかなか見込みのある男じゃないか。」

Mの上司K「ありがとうございます。まだまだ荒削りですが。」

F社の部長A「君はまだ、あの時のことを忘れていないのかね?」

Mの上司K「・・・」

F社の部長A「自分の復讐に部下を巻き込むことは、やめておいたほうがいい。」

Mの上司K「・・・心にとどめておきますよ。」

─つづく─

5.広告文やキーワードが改善されれば、どれくらい流入数を増やせるのか?

M「広告文が改善されるだけでずいぶん流入が変わるんですね。」

Mの上司K「そうだね。CTRがあがるだけでなく、コストも下げられるから、結果的に同じ予算でも得られる流入数が増える可能性が高いんだ。」

M「リスティング オートフライトでは、実際に運用している「独自アルゴリズム:SLAT」を用いてシミュレーションを実施後、「キーワード候補」や、「流入数」がどれくらい伸びるかを無料で提案しているんですよね。」

Mの上司K「その通り。下記のボタンから簡単にシミュレーションの申し込みが可能なので、お気軽にお申し込みください。」

M「それでは次回もお楽しみに!」


insideLAF

Kiritsubot for Slack

Kiritsubot for Slack

人工知能桐壺のチャットボットが広告文作成。
まずはSlackで試してみましょう!

Slackに追加してみる《無料》

Kiritsubotとは? | Slackとは?